Microsoft Edge の閲覧履歴による、広告とエクスペリエンスのパーソナライズ

注: この記事は、新しい Microsoft Edge を対象としています。 旧バージョンの Microsoft Edgeのヘルプを表示します。

Microsoft Edge の閲覧履歴の使用による、広告とエクスペリエンスのパーソナライズ

お客様の許可を得た場合は、新しい Microsoft Edge  内から閲覧履歴を収集して使用し、Bing、Microsoft News、その他の Microsoft サービスの広告とエクスペリエンスをカスタマイズできます。 つまり閲覧履歴は、広告、検索結果、表示されるニュース記事などを含め、ユーザーにとって関連性が高く有益な Web エクスペリエンスを提供するために使用されます。

たとえば、広告のパーソナライズでは、ユーザーが特定のショップでの買い物を好んでいると閲覧履歴から推測された場合に、そのショップの製品が表示されるようにカスタマイズした広告が表示されます。 同様に、ニュースのパーソナライズでは、ユーザーが旅行に関するブログや記事を頻繁に見ている場合に、より関連性の高い、旅行に関するニュース コンテンツが Microsoft ニュース フィードとして表示されます。

Microsoft Edge の閲覧履歴とは?

閲覧履歴は、ユーザーが Microsoft Edge を使用してアクセスした Web サイトに関する情報です。これには、ユーザーがアクセスしたサイトの一覧や、サイトの URL、サイト名、アクセス日時などの関連データが含まれます。

このデータはユーザーが制御します

閲覧履歴が収集され、このようなパーソナライズに使用されるのは、ユーザーが Microsoft アカウントでサインインし、広告やエクスペリエンスのパーソナライズを目的とするデータの収集と使用を許可した場合だけです。 このデータを提供するかどうかはユーザーが決定でき、この機能はいつでも無効または有効にできます。

広告やエクスペリエンスのパーソナライズを目的とする閲覧履歴の収集と使用を管理するには:

  1. Microsoft Edge を開きます。

  2. [設定など、[設定] の順に選択します。

  3. [プライバシー]、[検索]、[サービス] を選び ます。

  4. [Web エクスペリエンスのカスタマイズ] で、[このアカウントでの閲覧履歴の使用 (広告、検索、ニュース、他の Microsoft サービスのパーソナル設定を目的とした使用) を Microsoft に許可することにより、Web エクスペリエンスを向上させます] の設定をオンまたはオフにします。

このデータの共有を停止すると、Microsoft はそれ以降、広告やエクスペリエンスのパーソナライズを目的とした閲覧履歴の収集および使用を行いません。

ユーザーが Microsoft アカウントで Microsoft Edge にサインインしていない場合も、広告やパーソナライズを目的とした閲覧履歴の収集および使用は行われません。 ユーザーが Microsoft アカウントにサインインすると、閲覧履歴の収集と使用が開始されます。

閲覧履歴はいつでも表示および削除できます

Microsoft のプライバシーダッシュボードにアクセスすると、共有している閲覧履歴を表示したり、削除したりすることができます。

デバイスに保存されているローカルの閲覧履歴は、アドレス バーに「Edge://history」と入力して表示および削除することもできます。

デバイスに保存されている閲覧履歴は自動的に削除されないため、Microsoft プライバシー ダッシュボードから閲覧履歴を削除しても、ローカル コピーは保持できます。

関心や広告設定の管理

Microsoft では、ユーザーの広告設定に従い、閲覧履歴に加えてユーザーから共有された他のデータに基づいて、表示される広告をパーソナライズします。 その結果、関心、お気に入り、位置情報、人口統計情報、Microsoft 製品の使用状況、Bing 検索、その他のコンテンツに基づいた広告が表示されます。 Microsoft の広告のプラクティスの詳細については、Microsoft のプライバシーに関する 声明の「広告」セクションを参照してください。

Microsoft のプライバシーダッシュボードから関心を変更したり、広告設定を制御したりできます。 また、Microsoft の広告をすべてのデバイスで Microsoft アカウントに合わせてパーソナライズするかどうかを選択することもできます。

Microsoft プライバシー ダッシュボードの [ユーザーが関心のある広告を表示する] 設定が [オフ] であれば、Microsoft Edge で広告とエクスペリエンスのパーソナライズ設定がオンになっているかオフになっているかに関係なく、閲覧履歴を含むユーザー データは広告のパーソナライズに使用されません。 

Microsoft プライバシー ダッシュボードで [ユーザーが関心のある広告を表示する] 設定をオフにしても、検索結果、ニュース フィードの内容、その他の Microsoft Web エクスペリエンスのパーソナライズを目的とした、閲覧履歴の収集と使用は無効になりません。 Microsoft Edge の閲覧履歴の収集と使用を無効にするには:

  1. Microsoft Edge を開きます。

  2. [設定] および [その他 の > の設定] を選択し ます。

  3. [プライバシー]、[検索]、[サービス] を選び ます。

  4. [Microsoft Edge データ] で、[このアカウントでの閲覧履歴の使用 (広告、検索、ニュース、他の Microsoft サービスのパーソナル設定を目的とした使用) を Microsoft に許可することにより、Web エクスペリエンスを向上させます] をオフにします。

Microsoft のプライバシー方針に関する追加情報

Microsoft が個人データをどのように処理するかの詳細については、 microsoft のプライバシーに関する声明を参照してください。  探している情報が見つからない場合、またはプライバシーに関する質問や問題がある場合は、skype のプライバシーチームにお問い合わせください

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×