ある数値より大きい、または小さい数値の個数を求める

レポートを作成するときに、特定の値より大きい、または小さい売上請求書の数をカウントするとします。 数値より大きい、または小さい数値の個数を数えるには、 COUNTIF関数を使用します。

COUNTIF の例

A11 と A12 には、2万より小さい請求書の数と、B2: B7 の範囲に含まれている2万以上の数を確認するための数式が含まれています。 COUNTIF は、2万未満の4つの値を検索し、2万以上の2つの値を検索します。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×