次の表に、Exchange の詳細設定を入力するための情報とヒントを示します。 設定には、ポート番号の変更、SSL の使用、メッセージ ヘッダーのダウンロード、サーバー アドレスの設定を行うオプションが含まれます。 これらの設定にアクセスするには、[アカウント] Outlook>環境設定>]をクリックし、アカウントをExchangeし、[詳細設定] をクリックします

Exchange アカウント サーバー設定

オプション

説明

Microsoft Exchange Server

Outlook が Exchange Server を自動的に検出できない場合は、ここにアドレスを入力できます。

指定のポートを使用する

サーバー アドレスに続くポート番号を編集できるようにする場合は、このチェック ボックスをオンにします。

SSL を使用して接続する (推奨)

Secure Sockets Layer (SSL) は、アカウントのセキュリティを強化する暗号化テクノロジーです。

ヘッダーのみダウンロード

低速なネットワーク接続の場合は、このオプションを使用して、パフォーマンスを改善できます。 メッセージのヘッダーのみがコンピューターへ自動的にダウンロードされます。 そのため、サイズの大きいメッセージ (と添付ファイル) は、メッセージ リストから選んだ場合のみ、ダウンロードされます。 ただし、オフラインでは、メッセージの本文や添付ファイルを閲覧できません。

ディレクトリ サービス サーバー

LDAP サーバーとも呼ばれます。 システム管理者から提供されたサーバーの名前を入力します。 多くの場合、このサーバー アドレスは、Microsoft Exchange Server のアドレスと同じですが、例外もあります。

指定のポートを使用する

サーバー アドレスに続くポート番号を編集できるようにする場合は、このチェック ボックスをオンにします。

SSL を使用して接続する (推奨)

Secure Sockets Layer (SSL) は、アカウントのセキュリティを強化する暗号化テクノロジーです。

自分の Exchange アカウントの資格情報でログイン

ディレクトリ サービスが Exchange Server と同じログオン資格情報を要求する場合に、このチェック ボックスをオンにします。

返す結果の最大値

このボックスを使用して、検索結果に返される名前の数を制限できます。

検索ベース

このボックスを使用して、LDAP 検索を開始するディレクトリ内の位置を定義します。

関連トピック

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×