アラームを設定または削除する

アラームを設定または削除する

予定されているイベントが間もなく開始されることを通知するメールまたは予定表の上に、Outlook のアラームが表示されます。

Outlook メールメッセージの上部に表示される [アラーム] ダイアログボックス

他のプログラムまたはアプリの上にアラームを表示する

自分が作業している他のプログラムの上に、アラームウィンドウが表示されるように Outlook を設定することができます。

  1. [ ファイル > オプション > 詳細設定] を選択します。

  2. [ アラーム ] セクションで、[他の ウィンドウの上部にアラームを表示する] チェックボックスをオンにします。
    他のウィンドウの上にアラームを表示することができます。

  3. [OK] をクリックします。

: この機能は、outlook 2013 または outlook 2016 では使用できません。 Microsoft 365 サブスクライバーの場合は、バージョン 1804 (ビルド 9226.2114) 以降を使用している場合に、このバージョンを利用できます。

会議のアラームを追加または削除する

これは、予定表の既存のすべての予定と会議に適用されます。 今後の予定と会議に使用するために、この設定を保存します。

  1. [ファイル]、[オプション]、[予定表] の順にクリックします。

  2. [ 予定表オプション] で、 既定のアラームをオンまたはオフにします。

  3. 新しい予定表アイテムの前にアラームを受信する時間の既定値 (15 分、30分など) を設定します。

    アラームの既定値を設定する

これは、予定表の選択されている会議にのみ適用されます。  

  1. 画面の一番下にある [予定表] をクリックします。

    Outlook 2016 予定表のナビゲーション

  2. 会議を開きます。 [定期的なアイテムを開く] ダイアログ ボックスが表示された場合は、次のいずれかの操作を行います。

    • 定期的な予定または会議に 1 回のみアラームを設定するには、[この回のみ] を選択します。

    • 定期的な予定または会議のすべてにアラームを設定するには、[定期的な予定全体] を選択します。

  3. 定期的な会議の場合は [会議] タブで、[アラーム] ドロップダウンをクリックし、予定または会議のどれくらい前にアラームを受け取るかを選びます。 アラームを解除するには、[なし] をクリックします。

    アラーム オプション

過去のイベントのアラームを自動的に消去する

過去にイベントのアラームを表示したくない場合は、過去のイベントのアラームを自動的に無視するように Outlook を設定することができます。 たとえば、3日間 office を使用していない場合は、外出中に会議のアラームが表示されないようにすることができます。

  1. [ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順に選択します。

  2. [ アラーム ] セクションで、[ 過去のイベントのアラームを自動的に無視する] を選択します。

メール メッセージにアラームを設定する

  1. 画面の一番下にある [メール] をクリックします。

    Outlook 2016 ナビゲーション メール

  2. メール メッセージを選びます。

  3. [ホーム]、[フラグの設定]、[アラームの追加] の順にクリックします。

    代替テキスト

  4. [ユーザー設定] ダイアログで、[アラーム] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

タスクにアラームを設定する

  1. 画面の一番下にある [タスク] をクリックします。

    Outlook 2016 ナビゲーション タスク

  2. タスクを表示するには、[ホーム]、[To Do リスト] の順にクリックします。

    [To Do リスト] をクリックする

  3. リストのタスクをクリックします。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • タスクリストにタスクのアラームを追加するには、タスクを選択し、[ フォローアップ ] グループで、期限に合わせて期間を選択します。

    • タスクリストまたは To Do リストからタスクのアラームを削除するには、[タスクの管理] グループで [リストから削除] をクリックします。

Office 2010 のサポートは 2020 年 10 月 13 日に終了しました

Microsoft 365 にアップグレードすると、あらゆるデバイスでどこでも作業を行うことができ、サポートを引き続き受けることができます。

今すぐアップグレード

注: Outlook をアクティブにして作業していない場合、アラーム ボックスは使用しているプログラムの背後に表示されるため、作業への集中を削がれることはありません。 代わりに、タスク バーで Outlook アイコンが点滅していないか注意し、アラーム音が鳴らないか耳を傾ける必要があります。 大きな音がする場所で作業するときは、スピーカーの音量を上げるか、アラーム音を変更して何か特徴のある音にすることができます。

予定表の予定と会議

すべての予定または会議のアラームを設定または解除する

  1. [ファイル]、[オプション]、[予定表] の順にクリックします。

  2. 新しい予定または会議のアラームが既定で設定または解除されるようにするには、[予定表オプション] の [アラームの既定値] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

  3. このチェック ボックスをオンにした場合は、予定または会議のどれくらい前にアラームを表示するかを指定します。

既存の予定または会議のアラームを設定または解除する

  1. 予定または会議を開きます。

    注: [定期的なアイテムを開く] ダイアログ ボックスが表示された場合は、[このアイテムのみを開く] または [定期的なアイテムとして開く] をクリックし、[OK] をクリックします。

  2. [予定] タブの [オプション] で、予定または会議のどれくらい前にアラームを表示するかを [アラーム] ボックスで指定します。 アラームを解除するには、[なし] をクリックします。

注: 終日のイベントの場合、既定のアラーム時刻は開始時刻の 18 時間前です。 作成したすべての終日イベントの既定を一度に変更することはできませんが、各予定のアラーム時刻を変更することはできます。

ページの先頭へ

電子メール メッセージ、連絡先、および仕事

  1. [ホーム] タブの [タグ] で [フラグの設定] をクリックし、[アラームの追加] をクリックします。

    リボンの [アラームの追加] コマンド

    ヒント: アラームを使用することによって、簡単に電子メール メッセージに To Do アイテムとしてのフラグを設定できます。 メッセージの一覧の [フラグ] 列を右クリックします。 または、メッセージを開いている場合は、[メッセージ] タブの [オプション] で、[フラグの設定] をクリックし、[アラームの追加] をクリックします。

  2. [ユーザー設定] ダイアログ ボックスで、[アラーム] チェック ボックスをオンまたはオフにします。 このチェック ボックスをオンにした場合は、アラームを表示する日時を入力します。

  3. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

予定表の予定と会議

すべての予定または会議のアラームを設定または解除する

  1. Outlook メイン画面の上部にあるメニューバーの [ ツール ] メニューで、すべてのメールが表示されているので、[ オプション] をクリックします。 メールメッセージを表示している場合は、[ ツール ] メニューは表示されません。

  2. 新しい予定または会議のアラームを自動的に有効または無効にするには、[ 環境設定 ] タブの [ 予定表 ] グループで、[ アラームの既定値 ] チェックボックスをオンまたはオフにします。

  3. このチェックボックスをオンにした場合は、予定または会議のどれくらい前にアラームを表示するかを入力します。

既存の予定または会議のアラームを設定または解除する

  1. 予定または会議を開きます。

    注: [ 定期的なアイテムを開く ] ダイアログボックスが表示された場合は、開いているアイテムまたは定期的なアイテム全体のアラームを変更するかどうかを決める必要があります。 [ この回を開く ] または [ 定期的なアイテムを開く] のいずれかをクリックして、[ OK]をクリックします。

  2. [ 予定 ] タブの [ オプション ] グループの [ アラーム ] ボックスの一覧で、予定または会議のどれくらい前にアラームを表示するかを選びます。 アラームをオフにするには、[ なし] を選択します。

    注: 終日のイベントの場合、既定のアラーム時刻は開始時刻の 18 時間前です。 作成した終日のイベントすべてについて既定の設定を変更することはできませんが、アラームの時刻は、予定ごとに個別に変更することができます。

ページの先頭へ

電子メール メッセージ、連絡先、および仕事

  1. アラームを設定または削除するには、メールメッセージ、連絡先、またはタスクを選択します。

  2. [ 標準 ] ツールバーの [ ボタンの画像 フォローアップ] をクリックし、[ アラームの追加] をクリックします。

    ヒント: アラームを使用することによって、簡単に電子メール メッセージに To Do アイテムとしてのフラグを設定できます。 メッセージの一覧の [フラグ] 列を右クリックします。 または、メッセージを開いている場合は、[ メッセージ ] タブの ボタンの画像 [変更 履歴 ] グループで [ フラグの設定] をクリックし、[アラームの 追加] をクリックします。

  3. [ユーザー設定] ダイアログ ボックスで、[アラーム] チェック ボックスをオンまたはオフにします。 このチェック ボックスをオンにした場合は、アラームを表示する日時を入力します。

    [特定の日付] ダイアログ ボックスのフラグ

  4. ヒント: Outlook が閉じている場合は、アラームは画面に表示されません。 タスクバーには、Outlook を開いたり最小化したりする必要があります。

    [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

ヘルプを表示

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×