エラー値 #DIV/0! を修正する方法

Microsoft Excel では、数値がゼロ (0) で除算されたときに #DIV/0! エラーが表示されます。 この状況は、次の図に示すように、=5/0 のような単純な数式を入力したとき、または 0 や空白のセルを数式で参照したときに発生します。

#DIV/0! エラーの原因になる数式の例。

エラーを解決するには、次のいずれかの操作を行います。

  • 関数または数式の除数がゼロまたは空白のセルでないことを確認します。

  • 数式のセル参照を、ゼロ (0) または空白値でない別のセルに変更します。

  • 数式で除数として参照されているセルに #N/A と入力します。これにより、数式の結果が #N/A に変更され、除数値に使用できないことが示されます。

数式がユーザーからの入力を待機しているために、#DIV/0! エラーを避けられないことがよくあります。 そのような場合、エラー メッセージがまったく表示されないようにするには、入力待機中にエラーを抑制する方法がいくつかあります。

分母で 0 または値なしを評価する

#DIV/0! エラーが表示されないようにする最も簡単な方法は、IF 関数を使用して分母の存在を評価することです。 0 または値なしの場合は数式の結果として #DIV/0! の代わりに 0 または "値なし" を表示し、それ以外の場合は数式を計算します。

たとえば、エラーを返す数式が =A2/A3 の場合、0 を返すには =IF(A3,A2/A3,0) を使い、空の文字列を返すには =IF(A3,A2/A3,””) を使います。 =IF(A3,A2/A3,"入力が必要です") のようにして、独自のメッセージを表示することもできます。 最初の例の QUOTIENT 関数を使うと、=IF(A3,QUOTIENT(A2,A3),0) のようになります。 この式は、IF(A3 が存在する場合は数式の結果を返し、存在しない場合はその結果を無視する) のように Excel に指示します。

#DIV/0! エラーの原因になる数式の例。

IFERROR を使って #DIV/0! エラーを抑制する

IFERROR 関数内に除算操作を入れ子にすることで、この エラーを抑制できます。 再び A2/A3 を使うと、=IFERROR(A2/A3,0) のようになります。 この式は Excel に対し、数式がエラーと評価される場合は 0 を返し、それ以外の場合は数式の結果を返すように指示します。

Excel 2007 より前のバージョンの Excel では、IF(ISERROR()) メソッドを =IF(ISERROR(A2/A3),0,A2/A3) のように使用できます (「IS 関数」を参照)。

注: IFERROR メソッドと IF(ISERROR()) メソッドはどちらも一括エラー ハンドラーであり、#DIV/0! エラー処理を適用する前に、数式が正しく動作する必要があります。そうしないと、数式が期待した通りに動作しない場合があります。

ヒント: Excel でエラー チェックがオンになっている場合は、エラーを表示するセルの横の ボタンの画像 をクリックできます。 これが使用可能でない場合は、[計算の過程を表示] をクリックし、データに対して機能する解決方法を選びます。

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

関連項目

IF 関数

IFERROR 関数

IS 関数

Excel の数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

数式のエラーを検出する

Excel 関数 (アルファベット順)

Excel 関数 (機能別)

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×