オンライン ビデオをサポートする PowerPoint のバージョン

オンライン ビデオの挿入と再生に必要な最小バージョンPowerPoint 次の表を参照してください。 これは詳細なリストです。慎重にスキャンしてください。 

PowerPoint のバージョン

YouTube

Vimeo

Microsoft Stream

PowerPoint for Microsoft 365バージョン 1907 以降

PowerPoint for Microsoft 365 for Macバージョン 16.27 以降

PowerPoint 2019 のボリューム以外のライセンス、バージョン 1907 以降

PowerPoint 2016 のボリューム以外のライセンス、バージョン 1907 以降

挿入と再生

挿入と再生

挿入と再生*

PowerPoint for Microsoft 365バージョン 1808 以降 

PowerPoint for Microsoft 365 for Macバージョン 16.15 以降 

PowerPoint 2019 ボリューム ライセンス 

PowerPoint 2019 for Mac

挿入と再生

挿入と再生

サポート対象外

PowerPoint for Microsoft 365古いバージョン

挿入と再生

サポート対象外

サポート対象外

PowerPoint 2016 ボリューム ライセンス

挿入と再生

挿入と再生 

KB4018368 が必要

サポート対象外

PowerPoint 2013

挿入と再生 

KB2837627 が必要

再生 

KB4018374 が必要

サポート対象外

PowerPoint 2016 for Mac 

PowerPoint for Mac 2011 

PowerPoint 2010 

PowerPoint 2007

サポート対象外

サポート対象外

サポート対象外

Web 用 PowerPoint

挿入と再生

挿入と再生

挿入と再生*

PowerPoint for Android

再生

サポート対象外

サポート対象外

PowerPoint for iOS 

Windows 用 PowerPoint Mobile

サポート対象外

サポート対象外

サポート対象外

Windows および Mac 用 Microsoft Teams の PowerPoint

挿入と再生

再生

サポート対象外

* サブスクリプションとMicrosoft 365 アカウント 必要です。 (Hotmail、outlook.com、msn.com、または live.com アカウントにサインインしている場合、Microsoft Stream ビデオ サービスは使用できません。これは、 Microsoft 365 組織のアカウントではなく個人用アカウントのためです)。 

お使PowerPoint に必要なアップグレードがありますか?

プレゼンテーションにオンライン ビデオを挿入または埋め込む前に、以下のチェック ボックスをオンにし、使用しているバージョンのプレゼンテーション用にすべてがインストールされていることを PowerPoint。

プレゼンテーションにオンライン ビデオを挿入または埋め込む前に、以下を確認して、使用している PowerPoint のバージョンにオンライン ビデオの使用に関する制限事項や必要な更新プログラムが適用されているかどうかを確認してください。

使用しているアプリのバージョン Office 確認するには、「使用しているアプリの Officeを確認してください。

PowerPoint 2013

YouTube の動画へのリンクを挿入または埋め込むには、次の更新プログラムをインストールし、指定されたバージョンを使用する必要があります。

次のいずれかのブラウザーをコンピューターにインストールします。

次の 埋め込み コードとビデオ ファイル形式がサポートされています。

対象

内容

サポートされている埋め込みコード

  • 新しい "iFrame" 埋め込みコード

    (以前の "object" 埋め込みコードは以前はサポートされましたが、(2017 年 9 月) は、YouTube でサポートされなくなった Shockwave Flash Player が必要なので、サポートされなくなりました)。

サポートされている動画形式

  • HTML5

PowerPoint 2010

PowerPoint 2010 上の YouTube ビデオは動作しなくなりました。    2017 年 9 月、YouTube は Adobe Flash Player のサポートを中止しました。 PowerPoint 2010 では、スライドに埋め込まれた YouTube ビデオの再生に裏切りで使用されます。

この変更の結果、ビデオをビデオで再生 PowerPoint 2010。 代わりに、次のようなエラーが表示されます。 

Flash 埋め込みビデオはもうサポートされていません

この YouTube のエラー メッセージは、Flash が埋め込まれているビデオがサポートされなくなったことを示します

この問題を回避するには以下の 2 つの方法があります。以下のセクション見出しをクリックして開き、詳細を表示してください。

アップグレードできる場合は、アップグレードして、修正できないこの問題に対処することをお勧めします。

  • Office 2010から 新しいバージョンのにアップグレードすることができます。新バージョンは、YouTube ビデオの再生を Adobe Flash Player に依存していないため、現在、PowerPoint 2010で発生している問題は発生しません。

    アップグレードを有益なものにするには、選択した Office のバージョンをサポートする Windows のバージョンを使用している必要があります。 Office 2013 には、Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、または Windows 7 が必要です。 Office 2016 には、Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、または Windows 7 Service Pack 1 が必要です。

    常に最新バージョンのサブスクリプションを使用する場合は、 OfficeサブスクリプションをMicrosoft 365 できます。 クリックして試すか購入し、サブスクリプションとパッケージ版を比較してください。

現時点で PowerPoint 2010 を新しいバージョンにアップグレードできない場合は、LiveWeb という名前のアドインをインストールすることをお勧めします。これは、前述の問題を回避するのに役立ちます。 詳しい手順については、次の記事を参照してください。

LiveWeb アドインを使い、オンライン ビデオを挿入して再生する

このタスクはすべてのユーザーに適しているわけではありません。自分でソフトウェアをインストールして設定することに慣れている方向けです。

Web 用 PowerPoint

注: Microsoft 365 アプリやサービスは Internet Explorer 11 2021 年 8 月 17 日からサポート対象外となります。 詳細情報。 Internet Explorer 11 は、サポートされているブラウザーのままになりますので、ご注意ください。 Internet Explorer 11 は Windows オペレーティング システムのコンポーネントであり、インストールされている製品のライフサイクルポリシー に従います。 

プレゼンテーション内のプレゼンテーションにオンライン ビデオを Web 用 PowerPoint。

ビデオを正しく再生するには、現在のバージョンのビデオを使用している Web 用 PowerPoint。 (Web ブラウザーで PowerPoint を使用しているユーザーの中には、 PowerPoint Web App。 ブラウザーの SharePoint Server 2010 または 2013 には、SharePoint Server 2010 と 2013 が付属しています。オンライン ビデオの挿入はサポートされていません)。

ビデオを正しく再生するには、次のブラウザーも使用する必要があります。

  • Microsoft Edge

  • Internet Explorer 9 (MS12-037 を参照)

  • Internet Explorer 10 以降 (推奨)

  • Mozilla Firefox 12 以降

  • Apple Safari 5 以降

  • Google Chrome 18 以降

スライドにビデオを挿入する手順については、「YouTube でビデオを挿入またはリンクする」 を参照してください

次の 埋め込み コードとビデオ ファイル形式がサポートされています。 さらに、使用されている埋め込みコードによっては 、Adobe Shockwave Player アドインが必要な場合があります。 このプレーヤーには、一部の埋め込みコードで必要な Flash Player が含まれています。

対象

内容

サポートされている埋め込みコード

  • 新しい "iFrame" 埋め込みコード

(以前の "object" 埋め込みコードは以前はサポートされましたが、(2017 年 9 月) は、YouTube でサポートされなくなった Shockwave Flash Player が必要なので、サポートされなくなりました)。

サポートされている動画形式

  • HTML5

PowerPoint 2013 RT

YouTube ビデオへのリンクを挿入または埋め込むには、次の更新プログラムをインストールする必要があります。

また、Internet Explorer 10 以降のブラウザーを使用する必要もあります。

次の 埋め込み コードとビデオ ファイル形式がサポートされています。

対象

内容

サポートされている埋め込みコード

  • 新しい "iFrame" 埋め込みコード

サポートされている動画形式

  • HTML5

問題が解決しない場合は、「ビデオまたはオーディオの再生に問題がありますか ?」を参照してください。

使用条件とプライバシー ポリシー

YouTube:

Vimeo:

Microsoft Stream:

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×