ドキュメント検査では、ブックに保存されているキャッシュを持つ 1 つ以上の BI 機能が検出されました。この機能には、表示されないデータが含まれている可能性があります。

ドキュメント検査で確認されるキャッシュされたデータの種類を次に示します。

  • PivotCache このキャッシュは、ピボットテーブルとピボットグラフ用に保存されます。

  • SlicerCache このキャッシュは、スライサー (ピボットテーブルの場合とない場合) とタイムラインに保存されます。

  • キューブ数式キャッシュ このキャッシュはキューブ式用に保存されます。

問題

ドキュメント検査では、キャッシュされたデータを削除できません。このため、ブックが正しく動作しなくなります。

推奨される解決策

ブックにピボットテーブル、ピボットグラフ、スライサー、タイムライン (Office 2013 以降)、またはキューブ式のキャッシュ されたデータが含まれるのを確認する唯一の方法は、これらのアイテムを削除することです。

  • ピボットテーブル

    1. ピボットテーブルを削除してデータを保持するには、ピボットテーブル全体を選択し、Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

    2. ピボットテーブルの外側にあるワークシート のセルを選択し、Ctrl キーと Alt キーを押しながら V キーを押し、[値] を 選択します

      [形式を選択して貼り付け] ダイアログ ボックスの [値] オプション

      注: 貼り付け中のデータがピボットテーブルと重ならないようにします。

    3. ピボットテーブル全体を選択し、Delete キーを押します。

    ヒント: ブック内のピボットテーブルごとにこれらの手順を繰り返します。

  • ピボットグラフ

    1. 画像を削除ピボットグラフ図として保持するには、画像の領域ピボットグラフ Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

    2. ワークシートの外側にあるワークシートのセルをピボットグラフ、Ctrl キーと Alt キーを押しながら V キーを押し、[図] の形式を選ぶ。

      [形式を選択して貼り付け] ダイアログ ボックスの [画像] オプション

    3. 選択したファイルをピボットグラフ Delete キーを押します。

    ヒント: ブック内の各ページに対してピボットグラフ手順を繰り返します。

  • スライサーとタイムライン

    • スライサーまたはタイムラインを選択し、Delete キーを押します。

    ヒント: ブック内のスライサーまたはタイムラインごとにこれを行います。

  • キューブ式

    1. キューブ数式を削除するが、その結果の値を保持するには、キューブ数式を選択し、Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

      注: キューブ数式の場所が分からない場合は、最初に数式を含むセルを検索して検索してみてください。

    2. キューブ数式が選択されているセルを保持し、Ctrl キーと Alt キーを押しながら V キーを押し、[値] を選択 します

      [形式を選択して貼り付け] ダイアログ ボックスの [値] オプション

      ヒント: ブック内のキューブ数式ごとにこれを行います。

ピボットテーブルまたはピボットグラフのキャッシュされたデータをクリアする

ブック内のピボットテーブルまたはピボットグラフを保持するには、ブック内のキャッシュされたデータを減らすかクリアする手順があります。

注: キャッシュされたデータをクリアした後、ドキュメント検査は、キャッシュされたデータを正常にクリアしたかどうかを判断できないので、これらの項目に関するレポートを続行します。

  1. ドキュメント検査を閉じます。

  2. ピボットテーブルまたはピボットテーブルのフィールドを選択ピボットグラフ、[分析] をクリック>します

  3. [データ] タブ[フィールドごとに保持するアイテムの数] ボックスで、[なし] を選び、[OK]をクリックします。

  4. [分析] を>更新] をクリックします

ドキュメント検査を再度実行すると、ピボットテーブルとピボットグラフがデータをキャッシュしたかどうかに関わるものも検索されます。 ピボットテーブルとピボットグラフを削除した場合にのみ、キャッシュされたデータが削除されたと確信できます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×