キーボードでリボンを操作する

Microsoft Officeアプリの場所に関係なく、いくつかのキーを押して、マウスを使用せずにタスクをすばやく実行します。 一般に 2 から 4 個のキーを押すアクセス キーを使って、リボンのすべてのコマンドを利用できます。

注: 選択したコマンドが分割ボタン (つまり、追加オプションのメニューを開くボタン) の場合は、Alt キーを押しながら下方向キーを押してアクティブ化します。 次に、Tab キーを使用してオプションを移動します。 現在のオプションを選択するには、Space キーまたは Enter キーを押します。

この記事の内容

KeyTips を使用してリボンにアクセスする

  1. Alt キーを押します。

    現在のビューで使うことができる各コマンドには、キー ヒントと呼ばれる小さな枠が表示されます。

    Word のリボンの各オプションに表示されるキーヒント

    ヒント: キーヒントを表すキーボード ショートカットの一覧については、「KeyTips の キーボード ショートカット」を参照してください。

  2. 使うコマンドのキー ヒントに表示される文字のキーを押します。

    文字キーを押すと、追加のキー ヒントが表示される場合があります。 たとえば、[ホーム] タブがアクティブな状態で N キーを押すと、[挿入] タブと、そのタブ内のグループに関するキー ヒントが表示されます。

  3. そのまま順に、使うコマンドに対応する文字キーを押します。

    ヒント: 実行しているアクションを取り消し、KeyTips を非表示にするには、Alt キーを押します。

ページの先頭へ

キー ヒントのキーボード ショートカット

次の表のキーボード ショートカットを使用すると、「キーヒントを 使用してリボンにアクセスする」で説明されているキーヒントをアクティブ化できます。

目的

キー

[ファイル] ページを開きます。

Alt キー + F

[ホーム] タブを開きます。

Alt キー + H

[ 挿入 ] タブを開きます。

Alt キー + N

[デザイン] タブを開きます。

Alt + G

PowerPointで [切り替え ] タブを開きます。

Alt + K

PowerPointで [ アニメーション ] タブを開きます。

Alt キー + A

PowerPointで [ スライド ショー ] タブを開きます。

Alt + S

[校閲] タブを開きます。

Alt キー + R

[表示] タブを開きます。

Alt キー + W

[検索] ボックスを開きます。

使用している Office のバージョンによっては、アプリ ウィンドウの上部にある [検索] テキスト フィールドが代わりに [操作アシスト] と呼ばれる場合があります。 どちらもほぼ同じような体験ができますが、オプションや検索結果は異なる場合があります。

Alt + Q を押してから、検索語句を入力

ページの先頭へ

マウスを使用せずにキーボードのフォーカスを移動する

リボンをキーボードで操作する別の方法として、使いたい機能が見つかるまで、タブとコマンド間でフォーカスを移動する方法もあります。 次の表は、マウスを使用せずにキーボード フォーカスを移動する方法をいくつか示しています。

目的

キー

アクティブ タブを選んで、アクセス キーを表示する。

Alt または F10。 これらのキーのいずれかを再度押して、 Office ファイルに戻り、アクセス キーを取り消します。

別のタブに移動する。

Alt または F10 キーを押してアクティブなタブを選択し、次に左または右方向キーを押します。

アクティブなタブ上の別のグループに移動します。

Alt または F10 キーを押してアクティブなタブを選択し、Ctrl キーを押しながら右方向キーまたは左方向キーを押してグループ間を移動します。

リボンを最小化する (閉じる) か復元する。

Ctrl + F1

選んだ項目のショートカット メニューを表示する。

Shift + F10

フォーカスを移動して、作業中のタブ、 Office ファイル、作業ウィンドウ、またはステータス バーを選択します。

F6

リボンのコマンドごとに前後にフォーカスを移動する。

Alt キーまたは F10 キーを押し、Tab キーまたは Shift キーを押しながら Tab キーを押します。

リボンのアイテム間で、上下左右方向に移動する。

上、下、左、右方向キー

リボンで選んだコマンドやコントロールに移動する。

Space または Enter キー

リボンで選んだメニューやギャラリーを開く。

Space または Enter キー

リボンのコマンドやオプションを変更するために移動する。

Enter

リボンのコマンドまたはオプションの値の変更を完了し、フォーカスを Office ファイルに戻します。

Enter

リボン上で選択したコマンドまたはコントロールのヘルプを表示する。 (選択したコマンドにヘルプ記事が関連付けられていない場合は、代わりにそのアプリの ヘルプ 目次が表示されます)。

F1

ページの先頭へ

関連項目

キーボードを使用してクイック アクセス ツール バーをカスタマイズする

Office のキーボード ショートカット

トレーニング& Microsoft Officeヘルプ

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×