クエリ ステップの設定を編集する (Power Query)

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。 ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

注: クエリエディターの表示方法に関するビデオについては、この記事の最後を参照してください。

Power Query でクエリステップを追加するたびに、選択した手順の後に続く一連の手順に挿入されます。 フローの終了時以外の場所にステップを追加した場合は、以降のすべての手順が正しく機能することを確認する必要があります。

注:  クエリで中間のステップを挿入または削除すると、クエリを破損させる可能性があります。 新しいステップを挿入しようとすると、Power Query では、"ステップの挿入" 警告が表示されます。

必要な作業

クエリステップを追加する

クエリの設定を使用する

数式を使用する

手順を編集する

クエリの設定を使用する

数式バーを使用する

ステップの削除

ステップの並べ替え

次の画像は、ウィンドウの右側に [クエリの設定] ウィンドウが表示されたクエリエディターを示しています。 クエリエディターでは、Power Query クエリの作成、編集、および絞り込みを行うことができます。

作業の開始

クエリステップを追加する

クエリステップをクエリに追加するには、2つの方法があります。

クエリの設定を使用する

  1. [クエリの設定] ウィンドウの [適用されているステップ] ボックスの一覧で、クエリステップをクリックします。

  2. データを reshapes するクエリステップを完了すると、選択したクエリステップの下にクエリステップが追加されます。 データの変形の詳細については、「図形データ」を参照してください。

数式を使用する

  1. 必要に応じて、[ステップ] ウィンドウで、クエリステップをクリックします。 選択したクエリステップの下にクエリステップが追加されます。

  2. 数式バーの左側にある [数式] アイコン ( 数式 ) をクリックします。
    新しい数式が、 =<nameOfTheStepToReferenceの形式で作成され>

  3. 新しい数式を = Class (参照ステップ [, otherparameters])に入力します。
    たとえば、"Ms" という値の列を追加するには、"性別" という列のテーブルがあります。 相手の性別によって異なります。 この数式は、= Table. AddColumn (<ReferencedStep>, "Prefix", each if [性別] = "F" then "Ms." else "Mr") になります。

非表示の列

注:  クエリステップを追加すると、後続の手順でエラーが発生する可能性があります。 新しい手順によって、挿入された手順に従って、列名などのフィールドが変更された場合、エラーが発生します。

ページの先頭へ

手順を編集する

既存のステップを編集するには2つの方法があります。

クエリの設定を使用する

  1. [適用されたステップ] ボックスの一覧で、編集するステップをクリックします。

  2. 歯車 ( 設定アイコン ) アイコンをクリックするか、右クリックして、[設定の編集] をクリックします。

  3. 選択した手順のダイアログボックスで、クエリステップの値を編集します。

  4. [OK] をクリックします。

数式バーを使用する

  1. [適用されたステップ] ボックスの一覧で、編集するステップをクリックします。

  2. 数式バーで、必要に応じて数式の値を変更します。 Power Query の数式の詳細については、「 Power query の数式について」を参照してください。

  3. [クエリエディター] ダイアログボックスで、[更新] をクリックします。

ページの先頭へ

ステップの削除

  1. 削除するステップの左にある ( ステップの削除 ) アイコンをクリックします。

  2. ステップを右クリックし、[削除] または [削除] をクリックします。

ページの先頭へ

ステップの並べ替え

ステップウィンドウで、ステップを上下に移動できます。 [ステップ] ウィンドウでステップの位置を変更すると、1つ以上のステップが失敗することがあります。 順序の変更が完了したら、すべての手順が正しく動作していることを確認してください。

[ステップ] ウィンドウのステップの一覧で、ステップを上下に移動するには

  1. [ステップ] ウィンドウで、移動するステップを右クリックします。

  2. コンテキストメニューで、[上へ移動] または [へ移動] をクリックして、選んだステップを一覧の1つ上または下に移動します。

    注:  ステップを複数の位置に移動するには、次の手順を繰り返します。 手順がリストの一番上または一番下にある場合は、いずれかの移動オプションが淡色表示になっています。

ページの先頭へ

注: クエリ エディターは、Power Query を使用して新しいクエリの読み込み、編集、または作成を行うときにのみ表示されます。 次のビデオは、Excel ブックからクエリを編集した後で表示される [クエリ エディター] ウィンドウを示します。 既存のブック クエリを読み込んだり編集したりせずにクエリ エディターを表示するには、[Power Query] リボン タブの [外部データの取り込み] セクションから [その他のデータ ソース]、[空のクエリ] の順に選びます。 次のビデオは、クエリ エディターを表示する 1 つの方法を示します。

Excel でクエリ エディターを表示する方法

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×