コストの計上方法を指定する

この Project タスクとその割り当てにコストが計上される時間を制御できます。 この設定により、リソース使用量に関連するコストの自動生成 (既定では日割り 計算)をオーバーライドし、タスクの先頭または末尾にコストを実現できます。 これは、課金システムによってコストが実現され、プロジェクトのキャッシュ フローを管理するのに役立つ場合に、調整に使用できます。 リソース コストのコスト計上方法とタスクの固定コストを定義できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

リソース コストの計上方法を変更する

  1. [表示] タブ の [リソース ビュー] グループで 、[リソース シート] を選択します

  2. [リソース 名] フィールド で、リソースを選択します。

  3. 右クリックして [ 情報] を選択し、[リソース情報 ] ダイアログで [コスト] タブを選択 します。

  4. [コスト 計上額] の一覧 で、目的の計上方法を選択します。

    注意: リソースコスト計上の設定は、リソースの作成時に行い、変更は行われなすることをお勧めします。 変更により、計画コストと実績コストが移動する可能性があります。実際のコストが変更される可能性があります。

注: 使用ごとのリソース コストは、割り当ての開始または終了時に発生します。割り当て計上方法では発生しません。

ヒント: 誤って設定された計上額を変更する安全な方法は、新しいリソースを作成して割り当て、残りのコストを古いリソースから新しいリソースに転送する方法です。

新しいタスクの固定コスト計上方法を変更する

  1. [ファイルの設定>オプション] を>スケジュール] を選択します

  2. [このプロジェクトの計算オプション] の[既定の固定コスト計上計上] リストで、このプロジェクトのすべての新しいタスクに適用する計上方法を選択します。

    注: この計上方法を将来のすべてのプロジェクトに適用する場合は、[このプロジェクトの計算オプション] の横にある [すべての新しいプロジェクト]を選択します

既存のタスクの固定コスト計上方法を変更する

  1. [表示] タブ の [リソース ビュー] グループ で、[その他のビュー] 選択し、[その他のビュー] を選択します

  2. [その他 のビュー] ダイアログ ボックスで、[タスク シート] を選択し、[適用] を 選択します

  3. [データ ] グループ で、[テーブル] の矢印を 選択し、[コスト] を 選択します

  4. [固定 コスト計上] フィールド で、各タスクに適用する計上方法を一覧から選択します。

注: このコスト設定は、固定コストの計上方法にのみ影響します。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×