コントロールの概要

この記事では、Access で使用できるさまざまな種類のコントロールについて説明します。 コントロールは、データの入力、編集、または表示に使用するフォームまたはレポートの一部です。

コントロールの種類

Access デスクトップ データベースで使用できるコントロールの種類の一覧を次に示します。

コントロールの種類

メモ

テキスト ボックス

テキスト、数値、日付、時刻、メモフィールドを表示するには、テキスト ボックス コントロールを使用します。 基になるテーブルまたはクエリのフィールドの 1 つにテキスト ボックスをバインドできます。 フィールドにバインドされているテキスト ボックスを更新する場合は、テキスト ボックスに新しい値を入力して、基になるテーブルまたはクエリのフィールドの値を変更できます。 また、テキスト ボックスを使用して計算値を表示することもできます。

ラベル

固定テキストを含むラベル コントロールを使用します。 既定では、データを表示できるコントロールには、ラベル コントロールが自動的に添付されます。 このコマンドを使用して、見出しおよびフォーム上の手順のスタンドアロン ラベルを作成できます。

コマンド ボタン

コマンド ボタン コントロールを使用して、マクロまたはマクロをアクティブ化Visual Basicします。 また、ユーザーがボタンをクリックすると Access が開くハイパーリンク アドレスを指定することもできます。

タブ コントロール

タブ コントロールを使用して、フォームに一連のタブ ページを作成します。 各ページには、情報を表示する他の多くのコントロールを含めできます。 タブ コントロールは、Access の多くのオプション ダイアログ ボックスやプロパティ シート ウィンドウと同様に機能します。ユーザーが別のタブをクリックすると、そのタブに含まれるコントロールが表示されます。

リンク

[リンク/ハイパーリンク] コントロール オプションを使用して、ラベル コントロールのハイパーリンクをフォーム デザイン グリッドに追加します。 このハイパーリンクには、インターネット、ローカル イントラネット、またはローカル ドライブ上の場所をポイントする Uniform Resource Locator (URL) を含めできます。 また、汎用名前付け規則 (UNC) ファイル名を使用して、ローカル エリア ネットワーク (LAN) 上のサーバー上またはローカル コンピューター ドライブ上のファイルを参照することもできます。 リンクは、Web ページのファイル、または現在のデータベース内の別のオブジェクトを指している可能性があります。 リボンの [コントロール] グループでこのボタンをクリックすると、[ハイパーリンクの挿入] ダイアログ ボックスが開きます。

Web ブラウザー

Web ブラウザー コントロールを使用して、フォーム内で Web ページのコンテンツを直接表示します。 Web ブラウザー コントロールを使用すると、たとえば、テーブルに格納されているアドレスのマップを表示できます。 Web ブラウザー コントロールをフォームのレコード ソースのフィールドにバインドするには、コントロールの "コントロール ソース" プロパティを使用します。 連続するフォームの詳細セクションでは、バインドされた Web ブラウザー コントロールを設定できない点に注意してください。

Web ブラウザー コントロールは、Access 2010 以降のバージョンで使用できます。

ナビゲーション

ナビゲーション コントロールを使用すると、データベース内のさまざまなフォームやレポートに簡単に移動できます。 ナビゲーション コントロールは、Web サイトに表示されるインターフェイスと似たインターフェイスを提供し、Web サイト内を移動するボタンとタブを備えています。 連続フォームの詳細セクションでは、ナビゲーション コントロールを設定できない点に注意してください。

ナビゲーション コントロールは、Access 2010 以降のバージョンで使用できます。

オプション グループ

オプション グループ コントロールを使用して、1 つ以上のトグル ボタン、オプション ボタン、またはチェック ボックスを含む。 (これらのコントロールの説明については、この表の後半を参照してください)。 グループに含める各ボタンまたはチェック ボックスに個別の数値を割り当てできます。 グループに複数のボタンまたはチェック ボックスがある場合は、一度に 1 つのボタンまたはチェック ボックスのみを選び、そのボタンまたはチェック ボックスに割り当てられた値がオプション グループの値になります。 同じ値を複数のボタンまたはチェック ボックスに誤って割り当てた場合は、同じ値を持つすべてのボタンまたはチェック ボックスをクリックすると強調表示されます。 グループの既定値として、グループ内のボタンまたはチェック ボックスのいずれかを選択できます。 基になるクエリまたはテーブルのフィールドにオプション グループをバインドする場合は、グループ内のボタンまたはチェック ボックスをオンにして、フィールドに新しい値を設定できます。

ページ切り取り

ページ切り替えは、複数ページ フォームのページ間で分割する場合に使用します。

コンボ ボックス

コンボ ボックス コントロールを使用して、コントロールの潜在的な値のリストと編集可能なテキスト ボックスを含む。 リストを作成するには、コンボ ボックスの "値ソース" プロパティに値を入力します。 リスト内の値のソースとしてテーブルまたはクエリを指定することもできます。 現在選択されている値がテキスト ボックスに表示されます。 コンボ ボックスの右側にある矢印をクリックすると、リストに値が表示されます。 リスト内の新しい値を選択して、コントロールの値をリセットします。 基になるテーブルまたはクエリのフィールドにコンボ ボックスをバインドする場合は、リストで新しい値を選択して、フィールドの値を変更できます。 コンボ ボックスを複数値フィールドにバインドすると、リストがチェック ボックス付きで表示され、ユーザーが複数の値を選択できます。 複数の列をリストにバインドしたり、列の幅を 0 に設定してリスト内の 1 つ以上の列を非表示にできます。 コントロールの実際の値は、このような非表示の列にバインドできます。 複数列のリストが閉じている場合は、幅が 0 より大きい最初の列の値が表示されます。 リストを開いた場合、幅 0 以外のすべての列が表示されます。

線コントロールを使用して、フォームまたはレポートに線を追加して、外観を強化します。

トグル ボタン

オン/オフ、true/false、または yes/no 値を保持するには、トグル ボタン コントロールを使用します。 トグル ボタンをクリックすると、その値は -1 (オン、true、または yes) になり、ボタンが押された状態で表示されます。 ボタンを再度クリックすると、その値が 0 (オフ、False、または No を表す) になり、ボタンが通常の状態に戻ります。 オプション グループにトグル ボタンを含め、ボタンに一意の数値を割り当てできます。 複数のコントロールを含むグループを作成する場合は、新しいトグル ボタンを選択すると、そのグループで以前に選択した切り替えボタン、オプション ボタン、またはチェック ボックスがオフになります (グループ内の他のボタンまたはチェック ボックスにも同じ値がない限り)。 切り替えボタンを基になるテーブルまたはクエリのフィールドにバインドする場合は、トグル ボタンをクリックしてフィールドの値を切り替えできます。

リスト ボックス

リスト ボックス コントロールを使用して、コントロールの潜在的な値のリストを含む。 リストを作成するには、リスト ボックスの "値ソース" プロパティに値を入力します。 リスト内の値のソースとしてテーブルまたはクエリを指定することもできます。 リスト ボックスは常に開き、リスト ボックスで現在選択されている値が強調表示されます。 コントロールの値をリセットするには、一覧で新しい値を選択します。 基になるテーブルまたはクエリのフィールドにリスト ボックスをバインドする場合は、リスト内の新しい値を選択して、フィールドの値を変更できます。 リスト ボックスを複数値フィールドにバインドすると、ユーザーが複数の値を選択できるチェック ボックスが一覧に表示されます。 複数の列をリストにバインドしたり、列の幅を 0 に設定してリスト内の 1 つ以上の列を非表示にできます。 コントロールの実際の値は、このような非表示の列にバインドできます。 Access では、コントロールの定義された幅内に収まる、0 以外の幅のすべての列が表示されます。 リスト ボックス コントロールが非非対応の場合は、ユーザーがリスト内の複数の値を選択できる (複数選択リスト ボックスとも呼ばれる)。

四角形

四角形コントロールを使用して、フォームに塗りつぶされた四角形または空の四角形を追加して、外観を強化します。 たとえば、このコントロールを使用すると、異なるコントロールを視覚的にグループ化できます。

チェック ボックス

オン/オフ、true/false、または yes/no 値を保持するには、チェック ボックス コントロールを使用します。 チェック ボックスをオンにすると、その値は -1 (オン、true、または yes) になり、チェック マークがボックスに表示されます。 もう一度チェック ボックスをオンにすると、その値が 0 (オフ、False、または No を表す) になり、チェック マークがボックスから消えます。 オプション グループにチェック ボックスを含め、チェック ボックスに一意の数値を割り当てできます。 複数のコントロールを含むグループを作成する場合、新しいチェック ボックスをオンにすると、そのグループで以前に選択したトグル ボタン、オプション ボタン、またはチェック ボックスがオフになります (グループ内の他のボタンまたはチェック ボックスも同じ値を持たない限り)。 基になるテーブルまたはクエリのフィールドにチェック ボックスをバインドする場合は、チェック ボックスをクリックしてフィールドの値を切り替わります。

非バウンド オブジェクト フレーム

非バウンド オブジェクト フレームを使用して、オブジェクトのリンクと埋め込み (OLE) をサポートする別のアプリケーションからオブジェクトを追加します。 オブジェクトはフォームの一部になり、基になるテーブルまたはクエリのデータの一部ではありません。 画像、サウンド、グラフ、またはスライドを追加して、フォームを拡張できます。 オブジェクトがグラフの場合は、グラフのデータのソースとしてクエリを指定し、1 つ以上のフィールド値でフォームの現在のレコードにグラフの表示をリンクすることができます。

添付ファイル

添付ファイル コントロールを使用して、基になるデータの添付ファイル フィールドにバインドします。 たとえば、このコントロールを使用して、画像を表示したり、他のファイルを添付したりすることができます。 フォーム ビューでは、このコントロールには [添付ファイルの管理] ダイアログ ボックスが表示され、基になるフィールドに保存されている複数の添付ファイルを添付、削除、表示できます。

[オプション] ボタン

オン/オフ、true/false、または yes/no 値を保持するには、オプション ボタン コントロール (ラジオ ボタン コントロールとも呼ばれる) を使用します。 オプション ボタンを選択すると、その値は -1 (オン、true、または yes) になり、塗りつぶされた円がボタンの中央に表示されます。 もう一度ボタンを選択すると、その値が 0 (オフ、False、または No) になり、塗りつぶされた円が消えます。 オプション グループにオプション ボタンを含め、ボタンに一意の数値を割り当てできます。 複数のコントロールを含むグループを作成する場合は、新しいオプション ボタンを選択すると、そのグループで以前に選択したトグル ボタン、オプション ボタン、またはチェック ボックスがオフになります (グループ内の他のボタンまたはチェック ボックスにも同じ値が設定されていない場合)。 基になるテーブルまたはクエリのフィールドにオプション ボタンをバインドする場合は、オプション ボタンをクリックしてフィールドの値を切り替えできます。

サブフォーム/サブレポート

サブフォーム/サブレポート コントロールを使用して、別のフォームまたはレポートを現在のフォームに埋め込む。 サブフォームまたはサブレポートを使用して、メイン フォームのデータに関連するテーブルまたはクエリのデータを表示できます。 Access では、メイン フォームとサブフォームまたはサブレポートの間のリンクが保持されます。

バインドされたオブジェクト フレーム

基になるデータの OLE オブジェクト フィールドを表示および編集するには、バインドされたオブジェクト フレームを使用します。 Access では、ほとんどの画像やグラフをフォームに直接表示できます。 その他のオブジェクトの場合は、オブジェクトが作成されたアプリケーションのアイコンが表示されます。 たとえば、オブジェクトが Windows サウンド レコーダーで作成されたサウンド オブジェクトの場合、フォームにスピーカー アイコンが表示されます。

画像

イメージ コントロールを使用して、フォームに静的な画像を配置します。 フォーム上の画像を編集することはできませんが、アプリケーションの速度とサイズに非常に効率的な形式で保存されます。 フォームの背景全体として図を使用する場合は、フォームの Picture プロパティを設定できます。

グラフ

グラフ コントロールを使用して、フォーム グリッドにグラフを追加します。 このボタンをクリックし、フォームにコントロールを配置すると、グラフ ウィザードが起動し、新しいグラフを作成するために必要な手順が表示されます。

ActiveX

[コントロールActiveXを使用して、システムにインストールActiveXすべてのコントロールを表示するダイアログ ボックスを開きます。 コントロールの 1 つを選び、[OK] をクリックして、フォーム デザイン グリッドにコントロールを追加できます。 すべてのコントロールActiveX Access で動作する場合があります。

コントロールとのバインドを理解する

コントロールは、バインド、非バインド、または計算できます。

  • バインドされたコントロール    データソースがテーブルまたはクエリのフィールドであるコントロールは、バインドされたコントロールと呼ばれる。 バインド コントロールを使用して、データベースのフィールドから取得された値を表示します。 テキスト、日付、数値、Yes/No の値、画像、グラフなど、さまざまな値を表示できます。 たとえば、従業員の名を表示するテキスト ボックスは、[従業員] テーブルの [名] フィールドからこの情報を取得できます。

  • 非送信コントロール    データのソース (フィールドや式など) を持つコントロールは、非送信コントロールと呼ばれる。 非送信コントロールを使用して、情報、画像、線、または四角形を表示します。 たとえば、フォームのタイトルを表示するラベルは非バウンド コントロールです。

  • 演算コントロール    データソースがフィールドではなく式であるコントロールは、演算コントロールと呼ばれる。 式を定義することで、コントロール内のデータのソースとして使用する値を指定 します。 式には、演算子 (= や+など)、コントロール名、フィールド名、単一の値を返す関数、定数値を組み合わせて指定できます。 たとえば、次の式では、[単価] フィールドの値に定数 (0.75) を掛けて、25% 割引されたアイテムの価格を計算します。

=[単価] * 0.75

式では、フォームまたはレポートの基になるテーブルまたはクエリのフィールドのデータ、またはフォームまたはレポートの別のコントロールのデータを使用できます。

注: 集計フィールドを追加したり、クエリ グリッドの [フィールド] 行に式を入力したりして、テーブルで計算を実行することもできます。 フォームやレポートをこれらのテーブルまたはクエリにバインドすると、計算コントロールを作成することなく、計算がフォームまたはレポートに表示されます。

フォームまたはレポートを作成する場合は、特にオブジェクト上のほとんどのコントロールを作っている場合は特に、バインドされたコントロールを最初に追加して配置する方が最も効率的です。 その後、レイアウト ビューまたはデザイン ビューの [デザイン] タブの [コントロール] グループのツールを使用して、非送信コントロールと演算コントロールを追加して、デザインを完了できます。

コントロールをフィールドに連結するには、コントロールのデータの取得先フィールドを識別します。 選択したフィールドにバインドされているコントロールを作成するには、[フィールド リスト] ウィンドウからフォームまたはレポートにフィールドをドラッグします。 [フィールド リスト] ウィンドウには、フォームの基になるテーブルやクエリのフィールドが表示されます。 [フィールド リスト]ウィンドウを表示するには、レイアウト ビューまたはデザイン ビューでオブジェクトを開き、[デザイン]タブの [ツール] グループで [既存のフィールドの追加] をクリックします。 [フィールド リスト] ウィンドウでフィールドをダブルクリックすると、そのフィールドに適した種類のコントロールがオブジェクトに追加されます。

または、コントロール自体にフィールド名を入力するか (オブジェクトがデザイン ビューで開いている場合)、コントロールのプロパティ シートの [コントロール ソース] プロパティ ボックスにフィールドをバインドすることもできます。 プロパティ シートは、コントロールの名前、データのソース、形式など、コントロールの特性を定義します。 プロパティ シートを表示または非表示にする場合は、F4 キーを押します。

[フィールド リスト] ウィンドウの使用が連結コントロールの作成に適している理由は、次の 2 つです。

  • コントロールの付属ラベルにフィールドの名前 (または基になるテーブルやクエリのフィールドに定義された標題) が自動的に入力されるため、コントロールのラベルを自分で入力する必要がありません。

  • 基になるテーブルやクエリのフィールドのプロパティ ("Format/書式"、"Decimal Places/小数点以下表示桁数"、"Input Mask/定型入力" プロパティなど) に従って、コントロールのプロパティの多くが適切な値に自動的に設定されます。

既に作成した非連結コントロールをフィールドに連結する場合は、コントロールの [コントロールソース] プロパティ ボックスの値をフィールドの名前に設定します。 "Control Source/コントロールソース" プロパティの詳細を表示するには、プロパティのドロップダウン リストにカーソルを移動して F1 キーを押します。

ページの先頭へ

関連項目

フォーム上のコントロールを自動的に配置

する 演算

コントロール

を設定する

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×