コンポーネント図とデプロイ図では、コンポーネントはシステム内の実装の分散可能な単位です。 たとえば、コンポーネントはコードの物理モジュール (ソース、バイナリ、実行可能ファイル) を表したり、人間のシステム内のビジネス ドキュメントを表す論理コンポーネントにできます。

デプロイ図では、コンポーネント インスタンスは実行時に ID を持ち、オブジェクトを含み得る実装単位を表します。 インスタンス ノード コンポーネントを含めできます。

コンポーネント図形。

注:  Web 用 Visio で UML 図を作成および編集するには、Visio Plan 1 または Visio Plan 2 ライセンス が必要です。これは、 Microsoft 365とは別に購入されます。 詳細については、管理者にお問いMicrosoft 365ください。 管理者が "セルフサービス購入" を有効にしている場合は、ユーザー自身のライセンスをVisioできます。 詳細については、「セルフサービス購入に関 する FAQ」を参照してください

 コンポーネントの動作は、指定されたインターフェイスと必要なインターフェイスの観点から定義されます。 インターフェイスは、クラスやコンポーネントなどの他のモデル要素が実装する必要がある操作のセットを定義するモデル要素です。 

インターフェイスには次の 2 種類があります。

名前

説明

指定されたインターフェイス。

指定されたインターフェイス

別のコンポーネントの必要なインターフェイスによって使用される情報を生成します。

必須インターフェイス。

必須インターフェイス

適切な関数を実行するために、別のクラスまたはインターフェイスに関する情報に依存します。

[コンポーネント] 図形アイコン

コンポーネント図形に赤色のエラー マークが付く理由について説明します

図形を右クリックし、[セマンティック エラーの表示 ] をクリックします。 [出力] ウィンドウの [エラー] タブ で選択 されているエラー メッセージを 読み取 ります。

コンポーネント図形に名前を付け、その他のプロパティ値を追加する

要素の [UML プロパティ ] ダイアログ ボックスを開くには、 ツリー ビュー 内の要素を表すアイコンまたは図内の要素を表す図形をダブルクリックします。

ヒント: 図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックして、ダイアグラム内の図形に表示するプロパティ値 を制御します[UML 図形の表示オプション] ダイアログボックスで、プロパティ値を表示または非表示にするオプションをオンまたはオフにします。

[コンポーネント] 図形に表示されるプロパティ値を制御する

図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックし、オプションを選択またはオフにし、値を表示または非表示にします。

[コンポーネント] 図形が所有する図を作成する

図形を右クリックし、[ダイアグラム] をクリックし、[新規] をクリックして、必要なダイアグラムの種類を選択し、[OK]をクリックします。

[コンポーネント] 図形の他のビューに移動する

図形を右クリックし、[ビュー] をクリックし、目的のビューを選択して 、[OK] をクリックします

関連項目

UML コンポーネント図を作成する 

UML 配置図を作成する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×