サイト コレクションのごみ箱から、削除したアイテムを復元する 

サイト コレクションのごみ箱から、削除したアイテムを復元する 

SharePoint サイトからアイテム ( OneDrive ファイルを含む) を削除すると、アイテムはサイトのごみ箱 (第 1 段階のごみ箱とも呼ばれる) に送信され、必要に応じて復元できます。 サイトのごみ箱からアイテムを削除すると、アイテムはサイト コレクションのごみ箱 (第 2 段階のごみ箱とも呼ばれる) に送信されます。

SharePoint サイト コレクションの管理者は、サイト コレクションのごみ箱から削除したアイテムを元の場所に復元することができます。 サイト コレクションのごみ箱からアイテムを削除した場合、またはアイテムの保存期間が経過した場合、アイテムは完全に削除されます。

重要: SharePoint のごみ箱は Windows のごみ箱とは異なります。 同期しているファイルやフォルダーを削除した場合、PC の Windows ごみ箱から復元できます。 Windows のごみ箱をデスクトップに表示するには、「ごみ箱の表示と非表示を切り替える」を参照してください。

サイト コレクションのごみ箱 Microsoft 365 の SharePoint アイテムを復元する

  1. 最新のチーム サイトとクラシック サイト (サブサイト) の左側のウィンドウで、[ごみ箱] を 選択します

    左側のナビゲーションでごみ箱を選びます。

    最新のコミュニケーション サイトで、[サイト コンテンツ ] を選択し、上部のナビゲーション バーの [ ごみ箱] をクリックします。 ごみ箱が表示されない場合は、次のようにしてください。

    1. [設定] SharePoint Online の [設定] ボタン をクリックして、[サイトの設定] をクリックします。 [サイトの設定] が表示しない 場合は、[サイト情報] をクリック 、[すべてのサイト設定 を表示] をクリックします。 一部のページでは、[サイト コンテンツ] を 選択し、[サイトの設定] を選択 する必要があります

    2. [サイトの設定] の [サイト コレクション の管理] で、[ごみ箱] をクリックします

      ごみ箱が強調表示されたサイト コレクションの管理見出しの下にある設定
  2. [ごみ箱] ページの下部にある [第 2 段階のごみ箱] をクリックします。

    SharePoint Online の第 2 段階のリンクが強調表示されているごみ箱

    注: サイト コレクションのごみ箱を使用するには、管理者または所有者のアクセス許可が必要です。 表示されていない場合は、無効になっているか、アクセス許可が付与されていない可能性があります。

  3. 復元するアイテムにカーソルを合わせ、各アイテムの右にあるチェック アイコンをクリックし、[復元] をクリックします。

    強調表示されている SharePoint Online の [復元] ボタン

    復元しようとするアイテムが格納されていた元のフォルダーが既に削除されている場合は、元の場所に再度フォルダーが作成された後、そのフォルダーにアイテムが復元されます。

サイト コレクション全体を復元する

グローバル管理者 SharePoint または Microsoft 365の管理者である場合は、サイト コレクションのごみ箱からサイト コレクション全体を復元できます。 詳細については、「削除されたサイト コレクションを復元する」を参照してください

削除されたアイテムはごみ箱でどれくらい保持されますか?

Microsoft 365 の SharePoint では、アイテムは元の場所から削除したときから 93 日間保持されます。 その期間ずっと、誰かがそこから削除するか、そのごみ箱を空にしない限り、サイトのごみ箱にとどまります。 サイトのごみ箱から削除されたか、サイトのごみ箱が空にされた場合、アイテムはサイト コレクションのごみ箱に移動し、以下の場合を除き、93 日間のうちの残りの日数だけサイト コレクションのごみ箱にとどまります。

  • サイト コレクションのごみ箱がその割り当て量を超え、最も古いアイテムの削除を始める

  • アイテムは、サイト コレクションのごみ箱からサイト コレクション管理者によって手動で削除されます (この操作の詳細については、「サイト コレクションのごみ箱からアイテムを削除する」 を参照してください)。

サイトのごみ箱の容量はサイト コレクションのストレージ クォータおよびリスト ビューのしきい値に左右されます。 サイト コレクションのごみ箱に割り当てられる容量は、サイト コレクション クォータの 200% です。 これらの値を構成することはできません。

SharePointオンラインでは、すべてのコンテンツのバックアップが、実際の削除後 14 日間保持されます。 ごみ箱またはファイルの復元を使用してコンテンツを復元 できない場合、管理者は Microsoft サポートに連絡して、14 日間のウィンドウ内でいつでも復元を要求できます。

注: バックアップからの復元は、特定のファイル、リスト、またはライブラリではなく、サイト コレクションまたはサブサイトに対してのみ実行できます。 特定のアイテムを復元する必要がある場合は、ごみ箱で見つけて右クリックし、[復元] を選択します

SharePoint Servers 2019 および 2016 サイト コレクションのごみ箱ページからアイテムを復元する

  1. [サイト] ページの左側にあるクイック起動ウィンドウで、[ごみ箱] を選びます。

    左側のナビゲーションでごみ箱を選びます。

    ごみ箱が表示しない場合は、次の手順を試してください。

    1. [設定] SharePoint 2016 のタイトル バーの [設定] ボタン。 をクリックして、[サイトの設定] をクリックします。

    2. [サイト コレクションの管理] の [ごみ箱] をクリックします。

      ごみ箱が強調表示されたサイト コレクションの管理見出しの下にある設定

    重要: サイト コレクションのごみ箱を使用するには、管理者または所有者のアクセス許可が必要です。 表示されていない場合は、無効になっているか、アクセス許可が付与されていない可能性があります。 管理者の場合は、「ごみ箱 SharePointの構成」SharePointを参照してください。 アクセス許可がない場合は、ファームまたはサーバーの管理者にお問い合わせください。

  2. [ごみ箱] ページの下部にある [第 2 段階のごみ箱] をクリックします。

    SharePoint 2016 の第 2 段階のごみ箱リンク
  3. 復元するアイテムの隣にあるチェック ボックスをオンにして、[復元] をクリックします。

    SharePoint の [復元] ボタンが強調表示された第 2 段階のごみ箱

    復元しようとするアイテムが格納されていた元のフォルダーが既に削除されている場合は、元の場所に再度フォルダーが作成された後、そのフォルダーにアイテムが復元されます。

  4. [OK] をクリックします。

削除したサイトを復元する

削除されたサイトは、サイト コレクションのごみ箱に保持されます。 そこから、サイト コレクション管理者は元のサイト コレクションに復元できます。

注: SharePoint Server 2019ユーザーは、自分で削除したアイテムと、サイト内の他のユーザーが削除したアイテムを復元できます。 ユーザーは、削除されたアイテムに対する編集アクセス許可を必要とします。このアクセス許可は、ごみ箱SharePoint表示されます。

復元する前に、次のことを認識しておく必要があります。

  • サイトがサイト コレクションのごみ箱に入っている間に追加されたコンテンツ タイプは、そのサイトには追加されません。 したがって、フィールドの定義は、最新の状態ではない可能性があります。

  • コンテンツの展開は、サイト コレクションのごみ箱内の削除済みサイトには影響を与えいません。 この問題を解決するには、復元後にサイトのスコープ指定されたデプロイを実行します。

  • Microsoft クイック 修正エンジニアリング (QFE) の更新プログラムを含む更新プログラム パッケージがインストールされている場合、更新プログラム パッケージはサイト コレクションのごみ箱内のサイトには適用されません。 この問題を解決するには、サイト コレクションを含むコンテンツ データベース上で Upgrade-SPContentDatabase コマンドレットを使用し、サイト コレクションを手動でアップグレードします。

注: 復元するサイトが表示されていない場合は、手動または自動で完全に削除されている可能性があります。 自動削除の設定について質問がある場合は、ファームまたはサーバーの管理者にお問い合わせください。

サイト コレクション全体を復元する

管理者の場合 SharePoint PowerShell を使用してサイト コレクションを復元できます。 詳細については 、「Restore-SPDeletedSite」を参照してください

削除されたアイテムはごみ箱でどれくらい保持されますか?

ごみ箱には、サイトのごみ箱 (第 1 段階) とサイト コレクションのごみ箱 (第 2 段階) の 2 つがあります。 アイテムの既定のリテンション期間は 30 日間です。 アイテムが削除された後すぐにアイテム保持期間が開始され、サイトのごみ箱からサイト コレクションのごみ箱に移動された場合でも変更されません。 この期間は、最初の削除イベントが発生した日から最大 10,000 日まで延ばすことができます。 必要に応じて、設定した時間が経過してもごみ箱のアイテムが自動的に破棄されないように構成することもできます。 サイトのごみ箱内のアイテムは、サイトのストレージ クォータとリスト ビューのしきい値に左右されます。 サイト コレクションのごみ箱で使用できる既定の容量は、サイト クォータの 50% ですが、最大でクォータの 500% になるように構成できます。 これらの値は、ファームの管理者が構成することができます。 詳細については、「SharePoint のごみ箱の設定を構成する」を参照してください。

SharePoint Server 2013 サイト コレクションのごみ箱ページからアイテムを復元する

  1. [サイト] ページの左側にあるクイック起動ウィンドウで、[ごみ箱] を選びます。

    ごみ箱が表示しない場合は、次の手順を試してください。

    1. [設定] Office 365 の [設定] ボタン をクリックして、[サイトの設定] をクリックします。

    2. [サイト コレクションの管理] の [ごみ箱] をクリックします。

      ごみ箱が強調表示されたサイト コレクションの管理見出しの下にある設定

    重要: サイト コレクションのごみ箱を使用するには、管理者または所有者のアクセス許可が必要です。 表示されていない場合は、無効になっているか、アクセス許可が付与されていない可能性があります。 管理者の場合は、「ごみ箱 SharePointの構成」SharePointを参照してください。 アクセス許可がない場合は、ファームまたはサーバーの管理者にお問い合わせください。

  2. [ごみ箱] ダイアログで、[エンド ユーザーのごみ箱から削除したアイテム] をクリックします。

    SharePoint 2013 の [ユーザーから削除] が強調表示されたごみ箱
  3. 復元するアイテムの隣にあるチェック ボックスをオンにして、[復元] をクリックします。

    SharePoint 2013 の [復元] ボタンが強調表示された第 2 段階のごみ箱

    復元しようとするアイテムが格納されていた元のフォルダーが既に削除されている場合は、元の場所に再度フォルダーが作成された後、そのフォルダーにアイテムが復元されます。

  4. [OK] をクリックします。

削除したサイトを復元する

削除されたサイトは、サイト コレクションのごみ箱に保持されます。 そこから、サイト コレクション管理者は元のサイト コレクションに復元できます。

復元する前に、次のことを認識しておく必要があります。

  • サイトがサイト コレクションのごみ箱に入っている間に追加されたコンテンツ タイプは、そのサイトには追加されません。 したがって、フィールドの定義は、最新の状態ではない可能性があります。

  • コンテンツの展開は、サイト コレクションのごみ箱内の削除済みサイトには影響を与えいません。 この問題を解決するには、復元後にサイトのスコープ指定されたデプロイを実行します。

  • Microsoft クイック 修正エンジニアリング (QFE) の更新プログラムを含む更新プログラム パッケージがインストールされている場合、更新プログラム パッケージはサイト コレクションのごみ箱内のサイトには適用されません。 この問題を解決するには、サイト コレクションを含むコンテンツ データベース上で Upgrade-SPContentDatabase コマンドレットを使用し、サイト コレクションを手動でアップグレードします。

注: 復元するサイトが表示されていない場合は、手動または自動で完全に削除されている可能性があります。 自動削除の設定について質問がある場合は、ファームまたはサーバーの管理者にお問い合わせください。

サイト コレクション全体を復元する

管理者の場合 SharePoint PowerShell を使用してサイト コレクションを復元できます。 詳細については 、「Restore-SPDeletedSite」を参照してください

削除されたアイテムはごみ箱でどれくらい保持されますか?

ごみ箱には、サイトのごみ箱 (第 1 段階) とサイト コレクションのごみ箱 (第 2 段階) の 2 つがあります。 アイテムの既定のリテンション期間は 30 日間です。 アイテムが削除された後すぐにアイテム保持期間が開始され、サイトのごみ箱からサイト コレクションのごみ箱に移動された場合でも変更されません。 この期間は、最初の削除イベントが発生した日から最大 10,000 日まで延ばすことができます。 必要に応じて、設定した時間が経過してもごみ箱のアイテムが自動的に破棄されないように構成することもできます。 サイトのごみ箱内のアイテムは、サイトのストレージ クォータとリスト ビューのしきい値に左右されます。 サイト コレクションのごみ箱で使用できる既定の容量は、サイト クォータの 50% ですが、最大でクォータの 500% になるように構成できます。 これらの値は、ファームの管理者が構成することができます。 詳細については、「SharePoint のごみ箱の設定を構成する」を参照してください。

Office 2010 のサポートは 2020 年 10 月 13 日に終了しました

Microsoft 365 にアップグレードすると、あらゆるデバイスでどこでも作業を行うことができ、サポートを引き続き受けることができます。

今すぐアップグレード

SharePoint Server 2010 サイト コレクションのごみ箱ページからアイテムを復元する

  1. [サイト] ページの左側にあるクイック起動ウィンドウで、[ごみ箱] を選びます。

    クイック起動バーにある SharePoint 2010 サイトのごみ箱リンク
  2. ページの上部にある [サイト コレクションのごみ箱] をクリックします。

    クイック起動でごみ箱が表示なかった場合は、次の手順を試してください。

    1. [サイトの操作] [サイトの操作] メニュー をクリックして、[サイトの設定] をクリックします。

    2. [サイト コレクションの管理] の [ごみ箱] をクリックします。

      SharePoint 2010 のごみ箱が強調表示されたサイト コレクションの管理セクション

    重要: サイト コレクションのごみ箱を使用するには、管理者または所有者のアクセス許可が必要です。 表示されていない場合は、無効になっているか、アクセス許可が付与されていない可能性があります。 管理者の場合は、「ごみ箱 SharePointの構成」SharePointを参照してください。 アクセス許可がない場合は、ファームまたはサーバーの管理者にお問い合わせください。

  3. 画面の右側にある [エンド ユーザーのごみ箱から削除したアイテム] をクリックします。

    SharePoint 2010 の第 2 段階のごみ箱リンク
  4. 復元するアイテムの隣にあるチェック ボックスをオンにし、[選択したアイテムの復元] をクリックします。

    SharePoint 2010 でアイテムが選択され、[復元] ボタンが強調表示されている
  5. [OK] をクリックします。

    復元しようとするアイテムが格納されていた元のフォルダーが既に削除されている場合は、元の場所に再度フォルダーが作成された後、そのフォルダーにアイテムが復元されます。

注: SharePoint Server サイト上の既存のファイルまたはフォルダーと同じ名前でファイルまたはフォルダーを復元する場合、既存のファイルまたはフォルダーは、削除されたアイテムを復元できるように名前が変更されます。

削除したサイトを復元する

削除されたサイトは、サイト コレクションのごみ箱に保持されます。 そこから、サイト コレクション管理者は元のサイト コレクションに復元できます。

復元する前に、次のことを認識しておく必要があります。

  • サイトがサイト コレクションのごみ箱に入っている間に追加されたコンテンツ タイプは、そのサイトには追加されません。 したがって、フィールドの定義は、最新の状態ではない可能性があります。

  • コンテンツの展開は、サイト コレクションのごみ箱内の削除済みサイトには影響を与えいません。 この問題を解決するには、復元後にサイトのスコープ指定されたデプロイを実行します。

  • Microsoft クイック 修正エンジニアリング (QFE) の更新プログラムを含む更新プログラム パッケージがインストールされている場合、更新プログラム パッケージはサイト コレクションのごみ箱内のサイトには適用されません。 この問題を解決するには、サイト コレクションを含むコンテンツ データベース上で Upgrade-SPContentDatabase コマンドレットを使用し、サイト コレクションを手動でアップグレードします。

注: 復元するサイトが表示されていない場合は、手動または自動で完全に削除されている可能性があります。 自動削除の設定について質問がある場合は、ファームまたはサーバーの管理者にお問い合わせください。

サイト コレクション全体を復元する

管理者の場合 SharePoint PowerShell を使用してサイト コレクションを復元できます。 詳細については 、「Restore-SPDeletedSite」を参照してください

削除されたアイテムはごみ箱でどれくらい保持されますか?

ごみ箱には、サイトのごみ箱 (第 1 段階) とサイト コレクションのごみ箱 (第 2 段階) の 2 つがあります。 アイテムの既定のリテンション期間は 30 日間です。 アイテムが削除された後すぐにアイテム保持期間が開始され、サイトのごみ箱からサイト コレクションのごみ箱に移動された場合でも変更されません。 この期間は、最初の削除イベントが発生した日から最大 10,000 日まで延ばすことができます。 必要に応じて、設定した時間が経過してもごみ箱のアイテムが自動的に破棄されないように構成することもできます。 サイトのごみ箱内のアイテムは、サイトのストレージ クォータとリスト ビューのしきい値に左右されます。 サイト コレクションのごみ箱で使用できる既定の容量は、サイト クォータの 50% ですが、最大でクォータの 500% になるように構成できます。 これらの値は、ファームの管理者が構成することができます。 詳細については、「SharePoint のごみ箱の設定を構成する」を参照してください。

ごみ箱からの復元に関する基本情報

  • セキュリティで保護可能なオブジェクトは、すべてのコンテンツを一緒に取り戻します。    セキュリティで保護可能なオブジェクト (アクセスを制御できる任意のオブジェクト) を復元すると、削除時に含まれるすべてのオブジェクトで復元されます。 たとえば、リスト、ライブラリ、フォルダー、またはドキュメント セットを復元した場合、復元されたバージョンには、削除時に含まれるすべてのドキュメントと他のアイテムが含まれます。 複数のバージョンを持つファイルまたは他のアイテムを復元する場合、復元されたファイルまたはアイテムには、削除時に含まれるすべてのバージョンが含まれます。

  • コンテナー オブジェクトが存在しない場合、ほとんどのオブジェクトを復元できない    オブジェクトを削除し、そのオブジェクトを含むオブジェクトを削除する場合は、オブジェクトを復元する前にコンテナーを復元する必要があります。 たとえば、ファイルを削除し、そのファイルが保存されているライブラリを削除する場合は、ファイルを復元する前にライブラリを復元する必要があります。 以前のバージョンのファイルを削除してから、ファイル自体の現在のバージョンを削除する場合は、以前のバージョンを復元する前に、ファイル自体を復元する必要があります。

  • 例外: フォルダーから削除されたオブジェクトは、最初にフォルダーを復元せずに復元できます。    フォルダーは以前の場所に自動的に再作成されますが、復元したオブジェクトだけが含まれる状態になります。 (または、ごみ箱からフォルダーを手動で復元することもできます。その場合は、削除時に保存していたすべてのコンテンツで復元されます)。

ご意見を寄せてください

この記事はお役に立ちましたか? 役に立った場合は、このページの一番下のリンクを使ってお知らせください。 役に立たなかった場合は、わかりにくかった点や足りない点をお知らせください。 検索によってここに移動してきて、意図した情報ではなかった場合は、お探しになっていた情報をお知らせください。 SharePoint、OS、およびブラウザーのバージョンを含めてください。 その内容を反映してこちらの手順を見直し、記事を更新します。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×