ショートカット キーをカスタマイズする

キーボード ショートカット (またはショートカット キー) は、コマンド、マクロ、フォント、スタイル、またはよく使用する記号に割り当ててカスタマイズできます。 また、キーボード ショートカットは削除することもできます。 マウスまたはキーボードのみを使用して、ショートカットキーの割り当てまたは削除を行うことができます。

マウスを使ったショートカット キーの割り当てまたは削除

  1. [ファイル>オプション]に移動して、リボンをカスタマイズ> ます。

  2. [リボンとショートカットキーのカスタマイズ] ウィンドウの下部で、[カスタマイズ] を選択します。

    [リボンとショートカット キーをカスタマイズします] ウィンドウの [ユーザー設定] ボタン

  3. [変更の保存先] ボックスで、キーボードショートカットの変更を保存する現在の文書名またはテンプレートを選びます。

  4. [カテゴリ] ボックスで、ショートカットキーを割り当てるか、またはキーボードショートカットを削除するコマンドまたはその他の項目が含まれているカテゴリを選びます。

  5. [コマンド] ボックスで、ショートカットキーを割り当てるか、またはからショートカットキーを削除するコマンドまたはその他の項目の名前を選びます。

    そのコマンドまたは他の項目に現在割り当てられているショートカット キーが [現在のキー] ボックス (または [現在の割り当て] ラベルのボックスの下) に表示されます。

  6. キーボードショートカットを割り当てるには、次の操作を行います。

    ショートカット キーは、Ctrl キーまたはファンクション キーで始めます。

    1. [割り当てるキーを押してください] ボックスで、割り当てるキーの組み合わせを押します。 たとえば、Ctrl キーと使用するキーを同時に押します。

    2. [現在の割り当て] (または [現在の割り当て]) を調べ、キーの組み合わせがコマンドまたは他の項目に割り当て済みかどうか確認します。 割り当て済みの場合、別の組み合わせを選択します。

      [キーボードのユーザー設定] ダイアログ ボックスで新しいキーボード ショートカットを作成する

      重要: キーの組み合わせを変更すると、その組み合わせを元の用途で使用できなくなります。 たとえば、Ctrl キーを押しながら B キーを押すと、選択されたテキストが太字に変更されます。 CTRL キーを押しながら B キーを押して新しいコマンドまたは他の項目に再割り当てした場合は、[キーボードのユーザー設定] ダイアログボックスの下部にある [すべて元に戻す] を選択しても、ctrl キーを押しながら b キーを押してもテキストを太字にすることはできません。

    3. [割り当て] を選択します。

      注: プログラム可能なキーボードを使用している場合、Ctrl + Alt + F8 の組み合わせは、キーボードのプログラミングを開始するためのショートカット キーとして既に予約されていることがあります。

    ショートカット キーを削除する

    1. [現在のキー ] ボックスで、削除するショートカットキーを選択します。

    2. [削除] を選びます。

キーボードのみを使用してキーボード ショートカットの割り当てまたは削除を行う

  1. Alt キーを押しながら F、T キーを押して、[Word のオプション] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. 下方向キーを押して [リボンのユーザー設定] を選びます。

  3. ダイアログ ボックスの下部にある [ユーザー設定] が選択されるまで Tab キーを繰り返し押し、選択されたら Enter キーを押します。

    [リボンとショートカット キーをカスタマイズします] ウィンドウの [ユーザー設定] ボタン

  4. [分類] ボックスの一覧で、下方向キーまたは上方向キーを押して、ショートカット キーの割り当てまたは削除の対象となるコマンドや項目が含まれているカテゴリを選択します。

  5. Tab キーを押して [コマンド] ボックスに移動します。

  6. 下方向キーまたは上方向キーを押して、ショートカット キーの割り当てまたは削除の対象となるコマンドや項目の名前を選択します。

    そのコマンドまたは項目に現在割り当てられているショートカット キーが [現在のキー] ボックス (または [現在の割り当て] ラベルのボックスの下) に表示されます。

  7. キーボードショートカットを割り当てるには、次の操作を行います。

    ショートカット キーは、Ctrl キーまたはファンクション キーで始めます。

    1. カーソルが [割り当てるキーを押してください] ボックスに移動するまで、Tab キーを繰り返し押します。

    2. 割り当てるキーの組み合わせを押します。 たとえば、Ctrl キーと使用するキーを同時に押します。

    3. [現在の割り当て] (または [現在の割り当て]) を調べ、キーの組み合わせがコマンドまたは他の項目に割り当て済みかどうか確認します。 割り当て済みの場合、別の組み合わせを選択します。

      [キーボードのユーザー設定] ダイアログ ボックスで新しいキーボード ショートカットを作成する

      重要: キーの組み合わせを変更すると、その組み合わせを元の用途で使用できなくなります。 たとえば、Ctrl キーを押しながら B キーを押すと、選択されたテキストが太字に変更されます。 CTRL キーを押しながら B キーを押して新しいコマンドまたは他の項目に再割り当てした場合は、[キーボードのユーザー設定] ダイアログボックスの下部にある [すべて元に戻す] を選択しても、ctrl キーを押しながら b キーを押してもテキストを太字にすることはできません。

    4. [保存先] ボックスが選択されるまで、Tab キーを繰り返し押します。

    5. ↓キーまたは↑キーを押して、キーボード ショートカットの変更を保存する現在の文書名またはテンプレートを強調表示し、Enter キーを押します。

    6. [割り当て] が選択されるまで Tab キーを繰り返し押し、選択されたら Enter キーを押します。

      注: プログラム可能なキーボードを使用している場合、Ctrl + Alt + F8 の組み合わせは、キーボードのプログラミングを開始するためのショートカット キーとして既に予約されていることがあります。

    ショートカットキーを削除するには

    1. [保存先] ボックスが選択されるまで、Tab キーを繰り返し押します。

    2. 下方向キーまたは上方向キーを押して、キーボード ショートカットの変更を保存する現在の文書名またはテンプレートを強調表示し、Enter キーを押します。

    3. カーソルが [現在のキー] ボックスに移動するまで、Shift キーを押しながら Tab キーを繰り返し押します。

    4. 下方向キーまたは上方向キーを押して、削除するショートカット キーを選択します。

    5. [削除] が選択されるまで Tab キーを繰り返し押し、選択されたら Enter キーを押します。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×