スクリーンリーダーと Microsoft Office の連携

Microsoft Office は、視覚に障碍のある方のためのさまざまなスクリーンリーダーと連携しています。また、アプリが操作していることがわかっているスクリーンリーダーについては、ドキュメントで説明しています。 ただし、sdl のアプリでは、ドキュメントの内容よりも多くのスクリーンリーダーを使用できます。

スクリーン リーダーを使用する場合、そのスクリーン リーダーの修飾キーを使用します。これは他の関連するキーと一緒に使用する場合もあり、アプリ内を移動して操作し、コマンドを実行します。 このドキュメントでは、必要に応じて「SR キー」と表示されることがあります。 たとえば、ナレーターを Word と共に使用している場合、脚注を読み上げるキーボードコマンドは SR キーを押しながら R キーを押します。  既定では、ナレーターの標準のキーボードレイアウトで示されています。 Capslock キーまたは Ins キーをスクリーンリーダーキーとして使用できます (SR キー)。

最も一般的なスクリーンリーダーの一部の詳細については、以下のリンクを参照してください。

ナレーターの詳細については、「Windows 10 ナレーターの詳細なガイド」または「ナレーターの新しい標準キーボード レイアウトへようこそ」を参照してください。

JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

NVDA の詳細については、NV Access | Get Help をご覧ください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×