スクリーンリーダーを使用して People アプリを調査および移動する

スクリーンリーダーを使用して People アプリを調査および移動する

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

キーボードとスクリーンリーダーを使って Outlook on the webの 連絡先 アプリを使って、アプリのメインビューと要素を調べて移動し、ビューと関数の間を移動します。 ナレーター、JAWS および NVDA でテストしていますが、他のスクリーン リーダーでも、一般的なアクセシビリティの標準と技法に準拠していれば、機能する可能性があります。 

連絡先 アプリはアドレス帳であり、連絡先の情報を管理できます。 連絡先 アプリは、web ブラウザーで使用する web ベースのアプリケーションです。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • 連絡先 アプリを使用する場合は、web ブラウザーとして Microsoft Edge を使用することをお勧めします。 連絡先 アプリは web ブラウザーで実行されるため、キーボードショートカットはデスクトッププログラムとは異なります。 たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。 また、F1 (ヘルプ) や Ctrl + O (開く) などの一般的なショートカットは、web ブラウザーに適用されます。 連絡先 アプリではありません。

この記事の内容

連絡先アプリを開く

  1. ブラウザーでOutlook on the webアカウントにサインインします。

  2. Outlook on the webで、"ナビゲーションメニュー、Outlook メニュー" と読み上げられるまで、Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。

  3. "People、メニュー項目" と読み上げられるまで SR キーと右方向キーを押し、enter キーを押します。

連絡先 アプリの主要な要素に移動する

Ctrl キーを押しながら F6 キー (進む) または Shift + Ctrl + F6 (後方) キーを押すと、次の順序で要素が順番に切り替わります。

  • 検索ボックスにフォーカスが置かれた、画面の上部にあるツールバー。 "バナー、検索" と読み上げられます。

  • 画面左側のナビゲーションウィンドウ。 "コマンドアクション、ナビゲーションランドマーク" と読み上げられます。

  • ナビゲーションウィンドウの下部にあるOutlook on the webアプリのメニューバー。 "ナビゲーションメニュー、Outlook メニュー" と読み上げられます。

  • メインウィンドウの上部にあるツールバー。 "コマンドアクション、ナビゲーションランドマーク" と読み上げられます。

  • ナビゲーションウィンドウの右側に表示されるメインウィンドウ。リストビューにフォーカスがあります。 "項目一覧" と読み上げられます。

ナビゲーション ウィンドウ 

連絡先 アプリを開くと、画面左側のナビゲーションウィンドウに表示されます。 ウィンドウには、連絡先、グループ、ディレクトリが一覧表示されます。 フォーカスは [ 連絡先] カテゴリにあります。 ナビゲーションウィンドウでカテゴリを参照して選択するには、上方向キーまたは下方向キーを使用します。 ナビゲーションウィンドウで項目を選ぶと、選択した内容に応じて、メインウィンドウの内容が変わります。

ナビゲーションウィンドウの上部には、ナビゲーションウィンドウのオンとオフの切り替えや、新しい連絡先や連絡先リストの作成のためのボタンがあります。 これらのボタンの間を移動するには、Tab キーを押すか、Shift キーを押しながら Tab キーを押します。

ナビゲーションウィンドウの下部にあるメニューバーには、メール予定表、使用しているPeopleアプリ、ファイルなどの Outlook on the webアプリのボタンが含まれています。 メニューのボタン間を移動するには、SR キーを押しながら右方向キーまたは左方向キーを押します。

メイン ウィンドウ

ナビゲーションウィンドウの右側に、アプリのメインウィンドウが表示されます。 このウィンドウの内容は、ナビゲーションウィンドウで選択されたアイテムに応じて変化します。

メインウィンドウの上部にあるツールバーには、連絡先をお気に入りに追加したり、リスト、編集、管理、削除するためのボタンが用意されています。 ツールバーのボタン間を移動するには、Tab キーを1回押してから、左右の方向キーを使用します。

ツールバーの下に、メインウィンドウが、リストビューと詳細ビューという2つの領域に分かれています。

  • 左側のリストビューには、[すべての連絡先] または [連絡先リスト] など、ナビゲーションウィンドウで選んだカテゴリ内のすべてのアイテムが表示されます。 リストのアイテムを参照するには、最初のアイテムに移動するまで Tab キーを押してから、下方向キーまたは上方向キーを使用します。

  • 右側の詳細表示には、リストビューで選択されたアイテムの詳細が表示されます。 詳細表示に移動するには、Tab キーを押すか、Shift キーを押しながら Tab キーを押します。

リストビューから [詳細] ビューに移動するには、選択した項目に応じて、"項目詳細ビュー" や "展開されたプロファイルウィンドウ" などのビューが読み上げられるまで、Tab キーを押します。 詳細表示からリストビューに移動するには、"項目一覧" と読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押します。

上部のツールバー

ナビゲーションウィンドウとメインウィンドウの上に表示されているツールバーには、アプリ起動ツール、チャット、 OneNote フィード、アプリのヘルプ、設定、フィードバックのためのボタンがあります。 ツールバーから毎日の議題、通知、アカウントの詳細にアクセスして、検索を開始することもできます。 ツールバー内を移動するには、Tab キーを1回押してから、左右の方向キーを使用します。

ショートカットキーを使用して 連絡先 アプリ内を移動する

次の表では、連絡先 アプリの操作に使用できるキーボードショートカットについて説明します。

注: ショートカットのプラス記号 (+) は、一度に複数のキーを押す必要があることを意味します。

目的

このキーを押す

ダイアログボックスの次の領域、ボタン、リンク、またはオプションに進みます。または、メニューを閉じます。

たとえば、1つのナビゲーションリンクまたはボタンから次のボタンに移動し、連絡先を編集または追加するときに情報の次の領域に移動します。または、[ グループ ] メニューを閉じます。

Tab

前の領域、ボタン、またはリンクに戻る。

Shift + Tab

連絡先リストで連絡先間を移動するか、前の連絡先に移動します。

↓ または ↑

1つの連絡先が既に選択されている場合は、追加の連絡先を選択します。

Shift + ↓キーまたは shift + Space キー

メニューのオプション間を移動して選択します。

↓ または ↑

連絡先リストの連絡先またはダイアログボックスのオプションのチェックボックスをオンまたはオフにします。

Shift + Space

ページ上のすべての選択を解除し、web ブラウザーでそのページを更新します。

F5

ボタンまたはリンクをアクティブにするか、メニューを開きます。

たとえば、連絡先情報を保存するには、Tab キーを押して [ 保存 ] ボタンに移動し、enter キーを押します。 または、グループに連絡先を追加するには、[ グループ ] メニューで tab キーを押して [ 適用 ] ボタンに移動し、enter キーを押します。

Enter キー

連絡先が選択されているときに、状況依存のメニューを開きます。

Shift + F10

ダイアログボックスを閉じます。

Esc

関連項目

Outlook on the web の連絡先 (ユーザー) を使用する

Outlook on the web に関するヘルプを参照する

Office アクセシビリティ センター - 障碍のある方のためのリソース 

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×