Microsoft Officeは、視覚障穣を持つユーザー向けのさまざまなスクリーン リーダーと連携し、アプリが動作することがわかっているスクリーン リーダーを文書化しようとします。 ただし、アプリは、文書化したよりも多くのスクリーン リーダーで動作します。

スクリーン リーダーを使用する場合、そのスクリーン リーダーの修飾キーを使用します。これは他の関連するキーと一緒に使用する場合もあり、アプリ内を移動して操作し、コマンドを実行します。 このドキュメントでは、必要に応じて "SR キー" で示されることがあります。 たとえば、Wordでナレーターを使用する場合、ドキュメント内の次の行を読み取るためのキーボード コマンドは SR キー + O です。 既定では、ナレーターの標準キーボード レイアウトは、Caps ロックまたは Insert キーをスクリーン リーダー キー (SR キー) として使用できることを示しています。

最も一般的なスクリーン リーダーのいくつかについて詳しく知るリンクを以下に示します。

ナレーターの詳細については、「Windows 11 のナレーターの完全ガイド」、「Windows 10 のナレーターの完全ガイド」、または「ナレーターの新しい標準キーボード レイアウトへようこそ」をご覧ください。

JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

NVDA の詳細については、「NV アクセス | ヘルプを見る」をご覧ください。

Dolphin/SuperNova については、「マニュアルとユーザー ガイド」にアクセスしてください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×