スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams を参照して移動する

スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams を参照して移動する

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、「Office サポート ホーム」または「最近の Office の問題の修正または回避策」を参照してください。

Microsoft Teams は、同僚が共同作業を行うためのチャットベースのハブです。 Microsoft Teams でキーボードとスクリーン リーダーを使用して、アプリのメイン ビューや要素を参照して移動したり、ビューと機能を切り替えたりすることができます。 JAWS および NVDA でテストしていますが、他のスクリーン リーダーでも、一般的なアクセシビリティの標準と技法に準拠していれば、機能する可能性があります。

装飾アイコン Microsoft Teams の使用を開始する方法が必要で、スクリーン リーダーを使用していない場合は、 「サインインして Teams の使用を開始する」をご覧ください。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • 最新バージョンの JAWS には、Microsoft Teams の既定値として設定された仮想 PC カーソル モードはなくなりました。 仮想 PC カーソル モードをオンにする方法については、「JAWS 仮想カーソルを有効にする」を参照してください。

この記事の内容

メイン画面の要素を切り替える

Microsoft Teams の画面要素を切り替えるには、Ctrl キーを押しながら F6 キーを押して、さまざまな画面の領域間を移動します。 画面には、次の主な要素が含まれます。

  • 画面中央にあるメイン コンテンツ領域。 メイン コンテンツ領域は、リスト ウィンドウとコンテンツ ウィンドウで構成されています。 この要素内を移動する方法の詳細については、「ビュー内を移動する」をご覧ください。

  • 画面の左端にある垂直のツールバー。 スクリーン リーダーでは、"アプリ バー" と読み上げられます。 ツールバー内を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。 移動するたびにスクリーン リーダーによってボタンが読み上げられます。 このツールバーから、別のビューやインストール済みのアプリに切り替えることができます。

  • 画面の上部にある水平のメニュー バー。ここには、[戻る] ボタンと [進む] ボタン、および検索フィールドがあります。

水平のメニュー バー、垂直のツールバー、メイン コンテンツ領域のリスト ウィンドウ、最後にメイン コンテンツ領域のコンテンツ ウィンドウに切り替えるには、Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。

注: NVDA では、これは参照モードと呼ばれます。 JAWS では仮想カーソル モードと呼ばれます。

JAWS で Microsoft Teams の画面要素を切り替えるには、R キーを押してさまざまな画面の領域間を移動します。 NVDA では、D キーを押します。画面には、次の主な要素が含まれます。

  • 画面中央にあるメイン コンテンツ領域。 メイン コンテンツ領域は、リスト ウィンドウとコンテンツ ウィンドウで構成されています。 この要素内を移動する方法の詳細については、「ビュー内を移動する」をご覧ください。

  • 画面の左端にある垂直のツールバー。 スクリーン リーダーでは、"アプリ バー" と読み上げられます。 ツールバー内を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。 移動するたびにスクリーン リーダーによってボタンが読み上げられます。 このツールバーから、別のビューやインストール済みのアプリに切り替えることができます。

  • 画面の上部にある水平のメニュー バー。ここには、[戻る] ボタンと [進む] ボタン、および検索フィールドがあります。

水平のメニュー バー、垂直のツールバー、メイン コンテンツ領域のリスト ウィンドウ、最後にメイン コンテンツ領域のコンテンツ ウィンドウに切り替えるには、JAWS では R キーを押します。NVDA では、D キーを押します。

ビューに移動する

Microsoft Teams には、次のメイン ビューがあります。[チーム]、[アクティビティ]、[チャット]、[予定表]、[ファイル] です。

[チーム] ビュー

初めて Microsoft Teams アプリにサインインすると、[チーム] ビューに移動します。 チーム リストに最新のアクティビティがあるチームが選択され、一般チャネルにチームの会話が表示されます。 チームを参照したり、チームのチャネルを選択したり、新しいチャネルを追加したり、チームに参加したり、チームから脱退したりすることができます。 また、チーム チャネルのコンテンツにアクセスしたり、変更を行ったり、投稿したりすることもできます。 たとえば、メッセージを作成したり、チームと共有するファイルをアップロードしたりすることができます。

ログイン後に [チーム] ビューに移動するには、Ctrl キーを押しながら 3 キーを押します。 スクリーン リーダーでは、"チームとチャネル リスト "と読み上げられます。 フォーカスは、リスト ウィンドウの [お気に入り] セクションにあります。

ヒント: 特定のチャネルやチームにすばやく移動するには、Ctrl キーを押しながら E キーを押して、画面の上部にある検索フィールドに移動します。 「/goto」と入力し、Enter キーを押して、チャネルまたはチームの名前を入力します。 入力中に検索結果の一覧が更新されます。 下方向キーを押してメニューを参照し、目的の結果が読み上げられたら Enter キーを押します。 要求されたチームまたはチャネルが [チーム] ビューで開きます。

[アクティビティ] ビュー

[アクティビティ] ビューには、フォローしているチーム チャネルで発生したすべての概要や自分の最近のアクティビティの概要を含むアクティビティ フィードが含まれます。

[アクティビティ] ビューに移動するには、Ctrl キーを押しながら 1 キーを押します。 スクリーン リーダーでは、"フィード メニュー" と読み上げられます。 フォーカスは、リスト ウィンドウのリスト オプション メニューにあります。

[チャット] ビュー

[チャット] ビューには、最近のメッセージの一覧が表示されます。 メッセージ リストを参照したり、メッセージを開いたり、返信を作成したり、会話全体を閲覧したり、通話を開始したり、チャットでファイルを共有したりすることができます。 また、連絡先の詳細を確認し、プライベート チャットを開始することもできます。

[チャット] ビューに移動するには、Ctrl キーを押しながら 2 キーを押します。 スクリーン リーダーでは、"チャット リスト" と読み上げられます。 フォーカスは、リスト ウィンドウの最近のチャットのリストにあります。

[予定表] ビュー

[予定表] ビューには、予定されている会議が一覧表示されます。 予定されている会議を参照したり、オンライン会議に参加したり、会議をスケジュールしたりすることができます。

[予定表] ビューに移動するには、Ctrl キーを押しながら 4 キーを押します。 スクリーン リーダーでは、"会議リスト" と読み上げられます。 フォーカスは、リスト ウィンドウの [今日] セクションにあります。

[通話] ビュー

[通話] ビューでは、Microsoft Teams から連絡先を直接呼び出すことができます。 通話履歴を参照したり、ボイス メールをチェックしたりすることもできます。

注: [通話] 機能は、特定の地域でのみ使用できます。

[通話] ビューに移動するには、Ctrl キーを押しながら 5 キーを押します。 次のように読み上げられます。"通話リスト"。

[ファイル] ビュー

[ファイル] ビューでは、OneDrive から個人用ファイル、またはネイティブ アプリでチームの共有ファイルを参照したり開いたりすることも、Microsoft Teams でそれらを編集したりすることもできます。 ローカル デバイスにファイルをダウンロードすることもできます。

[ファイル] ビューに移動するには、次のいずれかの操作を行います。

  • 通話機能を使用している場合は、Ctrl キーを押しながら 6 キーを押します。

  • 通話機能を使用していない場合は、Ctrl キーを押しながら 5 キーを押します。

スクリーン リーダーによって、最近使ったファイルのリストで最初のファイルの詳細が読み上げられます。 フォーカスは、コンテンツ ウィンドウの最初のファイルにあります。

ビュー内を移動する

各ビューには、画面中央にメイン コンテンツ領域があります。 この領域は、リスト ウィンドウとコンテンツ ウィンドウに分かれています。 各ウィンドウの内容は、選択したビューによって異なります。

ビューを選択すると、「ビューに移動する」に記載されているとおりに、リスト ウィンドウまたはコンテンツ ウィンドウのいずれかにフォーカスが移動します。 リスト ウィンドウとコンテンツ ウィンドウ間を移動するには、Tab キー、Shift + Tab キー、または Ctrl + F6 キーを押します。

リスト ウィンドウ

リスト ウィンドウはメイン コンテンツ領域の左側にあります。 項目を参照して選択すると、右側のコンテンツ ウィンドウに詳細を表示することができます。 たとえば、[チャット] ビューで、リスト ウィンドウのチャットを選択すると、コンテンツ ウィンドウにチャット全体が表示されます。 選択したビューによっては、会議のスケジュールを設定したり、チームに参加したりすることもできます。

  • リストに移動するには、リスト内の最初の項目が読み上げられるまで Tab キーまたは下方向キーを押します。

  • リスト ウィンドウ内の項目間を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。 移動するたびに、スクリーン リーダーによって項目の詳細またはボタンが読み上げられます。

  • リスト内の項目を選択し、その詳細をコンテンツ ウィンドウに表示するには、Enter キーを押します。

コンテンツ ウィンドウ

コンテンツ ウィンドウはメイン コンテンツ領域の右側にあります。 リスト ウィンドウで選択した項目のコンテンツにアクセスできます。 選択したビューによっては、チャネルやタブを追加したり、通話を開始したり、メッセージを入力したりすることもできます。 コンテンツ ウィンドウには、ウィンドウの上部にチームの資産を整理するためのタブ行 (投稿、共有ファイル、組織情報など) もあります。

コンテンツ ウィンドウ内を移動するには:

  • タブ行に移動するには、現在選択されているタブ ("投稿" など) が読み上げられるまで Tab キーまたは Shift + Tab キーを押します。 別のタブに移動するには、右方向キーまたは左方向キーを押し、目的のタブが聞こえたら、Enter キーを押します。

  • コンテンツ ウィンドウのメイン領域に移動するには、領域内の最新の項目 (会話の最新のメッセージなど) が読み上げられるまで Tab キーを押します。

  • コンテンツ ウィンドウ内を移動するには、Tab キーを押すか、上方向キーまたは下方向キーを押します。 最新のコンテンツがウィンドウの下部に表示されます。

注: NVDA では、これは参照モードと呼ばれます。 JAWS では仮想カーソル モードと呼ばれます。

  • JAWS でタブ行に移動するには、現在選択されているタブ ("投稿" など) が読み上げられるまで R キーまたは Shift + R キーを押します。 NVDA では、代わりに D キーまたは Shift + D キーを押します。 別のタブに移動するには、右方向キーまたは左方向キーを押し、目的のタブが聞こえたら、Enter キーを押します。

  • JAWS でコンテンツ ウィンドウのメイン領域に移動するには、領域内の最新の項目 (会話の最新のメッセージなど) が読み上げられるまで R キーを押します。 NVDA では、代わりに D キーを押します。

  • コンテンツ ウィンドウ内の見出し間を移動するには、H キーまたは Shift + H キーを押します。 最新のコンテンツがウィンドウの下部に表示されます。

    会話は次の見出しレベルに整理されます。

    • 見出しレベル 2:チャネルの名前

    • 見出しレベル 3:会話内の日付の区切り記号

    • 見出しレベル 4:この会話内の個別のメッセージ

    • 見出しレベル 5:メッセージに対する返信、または返信フィールド

JAWS 仮想カーソルを有効にする

最新バージョンの JAWS には、Microsoft Teams の既定値として設定された仮想 PC カーソル モードはなくなりました。 仮想カーソルを有効にするには:

  1. JAWS が実行中の場合は、Microsoft Teams を開きます。

  2. SR キーを押しながら 6 キーを押して、[JAWS の設定センター] ウィンドウを開きます。 フォーカスがそのウィンドウの [検索] ボックスに変わります。

  3. [検索] ボックスに「仮想 PC の使用」と入力します。

  4. 検索結果のリストにフォーカスを移動するには、Tab キーを 1 回押します。 "仮想 PC カーソルの使用" と読み上げられ、その後に仮想 PC カーソル オプションの現在の設定が読み上げられます。 現在の設定が "オフ" の場合は、Space キーを押して [仮想 PC カーソルの使用] チェック ボックスをオンにします。

  5. Tab キーを押し、"OK ボタン" と聞こえたら、Enter キーを押します。

関連項目

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用してチャットをする

スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams で会話、ユーザー、ファイルの検索を行う

Microsoft Teams のキーボード ショートカット

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用した基本的なタスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

ビデオ: Microsoft Teams にようこそ

Office 365 の新機能

Microsoft Teams は、同僚が共同作業を行うためのチャットベースのハブです。 Microsoft Teams on Mac でキーボードと VoiceOver (Mac OS の組み込みスクリーン リーダー) を使用して、アプリのメイン ビューや要素を参照して移動したり、ビューと機能を切り替えたりすることができます。

装飾アイコン Microsoft Teams の使用を開始する方法が必要で、スクリーン リーダーを使用していない場合は、 「サインインして Teams の使用を開始する」をご覧ください。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • キーボード ショートカットについては、「Microsoft Teams のキーボードのショートカット」をご覧ください。

  • このトピックでは、組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

主な要素を切り替える

Microsoft Teams 内のセクションを切り替えるには、Command + F6 キー (次に進む) を押すか、Shift + Command + F6 キー (前に戻る) を押します。 フォーカスが画面上のセクション間を移動します。 たとえば、[チーム] ビューで Microsoft Teams を開いているときに、Command + F6 キーを押すと、次の順序でセクション間を移動します。

  • 画面の上部にある [検索] フィールド。 VoiceOver では、"検索と新しいチャット" と読み上げられます。 同じメニュー バー上の他の項目に移動するには、Tab キーまたは Shift + Tab キーを押します。 移動するたびに VoiceOver によってボタンとフィールドが読み上げられます。 メニュー バーからは、新しいチャットや検索を開始したり、プロフィールやアプリの設定にアクセスしたりできます。

  • リスト ウィンドウの [チームに参加、またはチームを作成] ボタン。

  • 最新の投稿が表示されている画面中央のメイン コンテンツ領域。 この要素内を移動する方法の詳細については、「ビュー内を移動する」をご覧ください。

  • メイン コンテンツ領域の下部にあるメッセージ作成ボックス。 VoiceOver では、"新しい会話を開始" と読み上げられます。

ビューに移動する

Microsoft Teams には、次のメイン ビューがあります。[アクティビティ]、[チャット]、[チーム]、[予定表]、[通話]、[ファイル]。

ヒント: チャネルまたはチームにすばやく移動するには、Command キーを押しながら G キーを押します。 チャネルまたはチームの名前の入力を開始します。 入力中に検索結果の一覧が更新されます。 下方向キーを押してリストを参照し、目的の結果が聞こえたら Return キーを押して、そのチャネルまたはチームに移動します。

ビュー内のリスト ウィンドウおよびコンテンツ ウィンドウを移動する方法については、「ビュー内を移動する」をご覧ください。

[チーム] ビュー

初めて Microsoft Teams アプリにサインインすると、[チーム] ビューに移動します。 チーム リストに最新のアクティビティがあるチームが選択され、一般チャネルにチームの会話が表示されます。 チームを参照したり、チームのチャネルを選択したり、新しいチャネルを追加したり、チームに参加したり、チームから脱退したりすることができます。 また、メッセージの作成やチームと共有するファイルのアップロードなど、チーム チャネル内のコンテンツにアクセスしたり、変更を行ったり、投稿したりすることもできます。

ログイン後に [チーム] ビューに移動するには、Command キーを押しながら 3 キーを押します。 VoiceOver では、"お気に入りのチーム" と読み上げられます。

[アクティビティ] ビュー

[アクティビティ] ビューには、自分とチームの最近のアクティビティが表示されます。 たとえば、会話を選択したり読み上げたり、不在着信があるかどうか、または自分がチームに追加されているかを確認したりすることができます。

[アクティビティ] ビューに移動するには、Command キーを押しながら 1 キーを押します。 VoiceOver では、"アクティビティと通知の一覧" に続き、現在のリスト オプションと項目数が読み上げられます。 フォーカスは、リスト ウィンドウの [リスト] オプション メニューにあります。

[チャット] ビュー

[チャット] ビューには、最近のメッセージの一覧が表示されます。 メッセージ リストを参照したり、メッセージを開いたり、返信を作成したり、会話全体を閲覧したり、通話を開始したり、チャットでファイルを共有したりすることができます。 また、連絡先の詳細を確認し、プライベート チャットを開始することもできます。

[チャット] ビューに移動するには、Command キーを押しながら 2 キーを押します。 VoiceOver では、"最近使用したチャット" と読み上げられます。 フォーカスは、メイン コンテンツ ウィンドウのメッセージ作成ボックスにあります。

[予定表] ビュー

[予定表] ビューでは、予定されている会議を参照したり、オンライン会議に参加したり、会議をスケジュールしたりすることができます。

[予定表] ビューに移動するには、Command キーを押しながら 4 キーを押します。 VoiceOver では、"今日" と読み上げられます。 フォーカスは、リスト ウィンドウの [前日] ボタンにあります。

リスト ウィンドウ内の個々の会議に移動してアクセスするには、まず、[議題ビュー] に変更します。 Tab キーを押し、"議題ビュー" と読み上げられたら Return キーを押します。

[通話] ビュー

[通話] ビューでは、Microsoft Teams から連絡先を直接呼び出すことができます (この機能が使用できる場合)。 通話履歴を参照したり、ボイスメールをチェックしたりすることもできます。

[通話] ビューに移動するには、Command キーを押しながら 5 キーを押します。 "連絡先" と読み上げられ、リストの項目数が読み上げられます。 フォーカスは、リスト ウィンドウの [連絡先] タブにあります。

[ファイル] ビュー

[ファイル] ビューでは、OneDrive から個人用ファイル、またはそれぞれのアプリのチームの共有ファイルを参照したり開いたりすることも、Microsoft Teams でそれらを編集することもできます。 お使いのデバイスにファイルをダウンロードすることもできます。

[ファイル] ビューに移動するには、次のいずれかの操作を行います。

  • 通話機能がある場合は、Command キーを押しながら 6 キーを押します。

  • 通話機能がない場合は、Command キーを押しながら 5 キーを押します。

VoiceOver によって、表示されるファイルが読み上げられます。 フォーカスは、コンテンツ ウィンドウの最初のファイルにあります。

ビュー内を移動する

各ビューには、画面中央にメイン コンテンツ領域があります。 この領域は、リスト ウィンドウとコンテンツ ウィンドウに分かれています。 各ウィンドウの内容は、選択したビューによって異なります。

ビューを選択すると、「ビューに移動する」に記載されているとおりに、リスト ウィンドウまたはコンテンツ ウィンドウのいずれかにフォーカスが移動します。 リスト ウィンドウとコンテンツ ウィンドウ間を移動するには、Command + F6 キーまたは Shift + Command + F6 キーを押します。

リスト ウィンドウ

リスト ウィンドウはメイン コンテンツ領域の左側にあります。 リスト ウィンドウで項目を参照して選択すると、右側のコンテンツ ウィンドウに詳細を表示することができます。 たとえば、[チャット] ビューで、リスト ウィンドウのチャットを選択すると、コンテンツ ウィンドウにチャット全体が表示されます。 選択したビューによっては、たとえば、会議のスケジュールを設定したり、チームに参加したりすることもできます。

  • リストに移動するには、リスト内の最初の項目が読み上げられるまで Tab キーまたは下方向キーを押します。

  • リスト ウィンドウ内の項目を参照するには、Control キーと Option キーを押しながら右方向キーまたは左方向キーを押します。 移動するたびに、VoiceOver によって項目の詳細またはボタンが読み上げられます。

  • リスト内の項目を選択し、その詳細をコンテンツ ウィンドウに表示するには、Return キーを押します。

コンテンツ ウィンドウ

コンテンツ ウィンドウは、リスト ウィンドウの右側にあります。 選択したビューによっては、たとえば、チャネルやタブを追加したり、通話を開始したり、メッセージを入力したりすることができます。 コンテンツ ウィンドウには、ウィンドウの上部にチームの資産を整理するためのタブ行 (投稿、共有ファイル、組織情報など) があります。

  • コンテンツ ウィンドウの上部にあるバナー内を移動するには、Tab キーまたは Shift + Tab キーを押します。 移動するたびに VoiceOver によってボタンとフィールドが読み上げられます。

  • 上部のタブに移動するには、現在選択されているタブの名前が読み上げられるまで Tab キーを押します。 別のタブに移動するには、Control キーと Option キーを押しながら右方向キーまたは左方向キーを押し、目的のタブが読み上げられたら、Return キーを押します。

  • コンテンツ ウィンドウのメイン領域に移動するには、領域内の最新の項目 (会話の最新のメッセージなど) が読み上げられるまで Tab キーを押します。

  • コンテンツ ウィンドウ内を移動するには、Tab キーを押すか、上方向キーまたは下方向キーを押します。

    ヒント: 投稿では、見出しを使用してすばやく移動できます。 移動するには、Control + Option + Command + H キーを押します。 見出しレベルは次のとおりです。

    • 見出しレベル 2:チャネルの名前

    • 見出しレベル 3:会話内の日付の区切り記号

    • 見出しレベル 4:この会話内の個別のメッセージ

    • 見出しレベル 5:メッセージに対する返信、または返信フィールド

  • 1 つのメッセージのツールバーにアクセスするには、コンテンツ ウィンドウのメイン領域で、目的のメッセージが読み上げられるまで上方向キーを押します。 Return キーを押して選択します。 次のように読み上げられます。"その他のオプション"。 ツールバーを参照するには、左方向キーまたは右方向キーを押します。 選択するには、Return キーを押します。 メッセージ ツールバーでは、たとえば、メッセージを保存したり、メッセージにいいね! をしたり、その他のオプションにアクセスしたりすることができます。

関連項目

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用してチャットをする

スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams で会話、ユーザー、ファイルの検索を行う

Microsoft Teams のキーボード ショートカット

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用した基本的なタスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Office 365 の新機能

Microsoft Teams for iOS は、同僚が共同作業を行うためのチャットベースのハブです。 Microsoft Teams for iOS で VoiceOver (iOS の組み込みスクリーン リーダー) を使用して、アプリのメイン ビューや要素を参照して移動したり、ビューと機能を切り替えたりすることができます。

装飾アイコン Microsoft Teams の使用を開始する方法が必要で、スクリーン リーダーを使用していない場合は、 「サインインして Teams の使用を開始する」をご覧ください。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。 一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

この記事の内容

メイン画面の要素を切り替える

Microsoft Teams の画面要素を切り替えるには、右 (次に進む) または左 (元に戻る) にスワイプします。 フォーカスは、次の順序で要素を移動します。

  • 画面の上部にあるツールバー。 このツールバーには、[その他のメニュー] ボタン、[検索] ボタン、現在のタブ見出し、および現在のタブに固有のボタンが表示されます。

  • 画面中央にあるメイン コンテンツ領域。

  • 画面の下部にあるタブ バー。[アクティビティ]、[チャット]、[チーム]、[予定表​​]、[通話] タブが含まれています。

ビューに移動する

Microsoft Teams には、次のメイン ビューがあります。[アクティビティ]、[チャット]、[チーム]、[予定表]、[通話]。 任意のビューから別のビューに切り替えることができます。

[アクティビティ] ビュー

初めて Microsoft Teams にサインインすると、[アクティビティ] ビューに移動します。このビューには、メンション、いいね!、不在着信など、自分とチームの最近のアクティビティが一覧表示されます。

[アクティビティ] ビューに移動するには、右にスワイプして、"アクティビティ タブ" と読み上げられたら、画面をダブルタップします。

[チャット] ビュー

[チャット] ビューには、最近のメッセージの一覧が表示されます。 メッセージ リストを参照したり、メッセージを開いたり、返信を作成したり、会話全体を閲覧したりすることができます。

[チャット] ビューに移動するには、右にスワイプして、"チャット タブ" と読み上げられたら、画面をダブルタップします。

[チーム] ビュー

[チーム] ビューには、自分が所属しているすべてのチームが表示されます。 チームを参照したり、チームのチャネルを選択したり、新しいチャネルを追加したり、チームに参加したり、チームから脱退したりすることができます。 また、チーム チャネルのコンテンツにアクセスしたり、変更を行ったり、投稿したりすることもできます。 たとえば、メッセージを作成したり、チームと共有するファイルをアップロードしたりします。

[チーム] ビューに移動するには、右にスワイプして、"チーム タブ" と読み上げられたら、画面をダブルタップします。

[予定表] ビュー

[予定表] ビューには、予定されている会議が一覧表示されます。 予定されている会議を参照したり、オンライン会議に参加したり、会議をスケジュールしたりすることができます。

[予定表] ビューに移動するには、右にスワイプして、"予定表タブ" と読み上げられたら、画面をダブルタップします。

[通話] ビュー

[通話] ビューには、通話履歴が一覧表示されます。 過去の通話リストを参照したり、新しい通話を行ったりすることができます。

[通話] ビューに移動するには、右にスワイプして、"通話タブ" と読み上げられたら、画面をダブルタップします。

ビュー内を移動する

各ビューには、画面中央にメイン コンテンツ領域があります。 [アクティビティ]、[チャット]、[チーム] の各ビューには、ビュー固有のボタンもツールバーに追加されます。 ビュー内を移動するには、右または左にスワイプして要素間を移動します。 各要素は強調表示されると、ナレーターによってその名前が読み上げられます。 目的の項目が読み上げられたら、画面をダブルタップします。

[その他] のメニューを移動する

エディター:[その他] のメニューには、自分のプロフィール情報、プレゼンス状態、Microsoft Teams の設定、[保存済み] ビューと [ファイル] ビューが表示されます。

  • [その他] のメニューを開くには、右または左にスワイプし、"その他のメニュー" が聞こえたら、画面をダブルタップします。

  • 右にスワイプして、目的のメニュー項目が読み上げられたら画面をダブルタップします。

  • [その他] のメニューを閉じるには、左にスワイプし、"その他のメニューを閉じるボタン" と読み上げられたら画面をダブルタップします。

関連項目

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用してチャットをする

スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams で会話、ユーザー、ファイルの検索を行う

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用するときの基本的なタスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Office 365 の新機能

Microsoft Teams for Android は、同僚が共同作業を行うためのチャットベースのハブです。 Microsoft Teams for Android で TalkBack (Android の組み込みスクリーン リーダー) を使用して、アプリのメイン ビューや要素を参照して移動したり、ビューと機能を切り替えたりすることができます。

装飾アイコン Microsoft Teams の使用を開始する方法が必要で、スクリーン リーダーを使用していない場合は、 「サインインして Teams の使用を開始する」をご覧ください。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、Android の組み込みのスクリーン リーダーである、TalkBack を使用していることを前提としています。 TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。 一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

メイン画面の要素を切り替える

Microsoft Teams の画面要素を切り替えるには、右 (次に進む) または左 (元に戻る) にスワイプします。 フォーカスは、次の順序で要素を移動します。

  • 画面の上部にあるツールバー。 このツールバーには、[その他] のメニュー ボタン、現在のタブ見出し、現在のタブに固有のボタン、および [検索] ボタンが表示されます。

  • 画面中央にあるメイン コンテンツ領域。

  • 画面の下部にあるタブ バー。[アクティビティ]、[チャット]、[チーム]、[予定表​​]、[通話] タブが含まれています。

ビューに移動する

Microsoft Teams には、次のメイン ビューがあります。[アクティビティ]、[チャット]、[チーム]、[予定表]、[通話]。 任意のビューから別のビューに切り替えることができます。

[アクティビティ] ビュー

初めて Microsoft Teams アプリにサインインすると、[アクティビティ] ビューに移動します。このビューには、メンション、いいね!、不在着信など、自分とチームの最近のアクティビティが一覧表示されます。

[アクティビティ] ビューに移動するには、右にスワイプして、"アクティビティ タブ" と読み上げられたら、画面をダブルタップします。

[チャット] ビュー

[チャット] ビューには、最近のメッセージの一覧が表示されます。 メッセージ リストを参照したり、メッセージを開いたり、返信を作成したり、会話全体を閲覧したりすることができます。

[チャット] ビューに移動するには、右にスワイプして、"チャット タブ" と読み上げられたら、画面をダブルタップします。

[チーム] ビュー

[チーム] ビューには、自分が所属しているすべてのチームが表示されます。 チームを参照したり、チームのチャネルを選択したり、新しいチャネルを追加したり、チームに参加したり、チームから脱退したりすることができます。 また、チーム チャネルのコンテンツにアクセスしたり、変更を行ったり、投稿したりすることもできます。 たとえば、メッセージを作成したり、チームと共有するファイルをアップロードしたりします。

[チーム] ビューに移動するには、右にスワイプして、"チーム タブ" と読み上げられたら、画面をダブルタップします。

[予定表] ビュー

[予定表] ビューには、予定されている会議が一覧表示されます。 予定されている会議を参照したり、オンライン会議に参加したり、会議をスケジュールしたりすることができます。

[予定表] ビューに移動するには、右にスワイプして、"予定表ビュー" と読み上げられたら、画面をダブルタップします。

[通話] ビュー

[通話] ビューには、通話履歴が一覧表示されます。 過去の通話リストを参照したり、新しい通話を行ったりすることができます。

[通話] ビューに移動するには、右にスワイプして、"通話タブ" と読み上げられたら、画面をダブルタップします。

ビュー内を移動する

各ビューには、画面中央にメイン コンテンツ領域があります。 [アクティビティ]、[チャット]、[チーム] の各ビューには、ビュー固有のボタンもツールバーに追加されます。 ビュー内を移動するには、右または左にスワイプして要素間を移動します。 各要素は強調表示されると、TalkBack によってそ名前が読み上げられます。 目的の項目が読み上げられたら、画面をダブルタップします。

[その他] のメニューを移動する

[その他] のメニューには、自分のプロフィール情報、プレゼンス状態、Microsoft Teams の設定、[保存済み] ビューと [ファイル] ビューが表示されます。

  • [その他] のメニューを開くには、右または左にスワイプし、"ハンバーガー メニューを開く" が聞こえたら、画面をダブルタップします。

  • 右にスワイプして、目的のメニュー項目が読み上げられたら画面をダブルタップします。

  • [その他] のメニューを閉じるには、2 本の指で画面の右側をタップします。

関連項目

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用してチャットをする

スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams で会話、ユーザー、ファイルの検索を行う

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用するときの基本的なタスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Office 365 の新機能

Web 版の Microsoft Teams でキーボードとスクリーン リーダーを使用して、アプリのメイン ビューや要素を参照して移動したり、ビューと機能を切り替えたりすることができます。 ナレーター、JAWS および NVDA でテストしていますが、他のスクリーン リーダーでも、一般的なアクセシビリティの標準と技法に準拠していれば、機能する可能性があります。 Microsoft Teams は、チームが作業するためのデジタル ハブです。

装飾アイコン Microsoft Teams の使用を開始する方法が必要で、スクリーン リーダーを使用していない場合は、 「サインインして Teams の使用を開始する」をご覧ください。

注: 

この記事の内容

メイン画面の要素を切り替える

Web 版の Microsoft Teams の画面要素を切り替えるには、Tab キーを押します。 画面には、次の主な要素が含まれます。

  • メイン コンテンツ領域は、画面中央にあります。 メイン コンテンツ領域は、リスト ウィンドウとコンテンツ ウィンドウで構成されています。 この要素内を移動する方法の詳細については、「ビュー内を移動する」をご覧ください。

  • 垂直のツールバーは、画面の左端にあります。 フォーカスがツールバーに移動すると、スクリーン リーダーによって "アプリ バー" と読み上げられ、その後にビュー名が読み上げられます。 ツールバー内を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。 移動するたびにスクリーン リーダーによってボタンが読み上げられます。 このツールバーから、別のビューやインストール済みのアプリに切り替えることができます。

  • 水平メニュー バーは画面の上部にあります。 メニュー バー内を移動するには、Tab キーまたは Shift + Tab キーを押します。 移動するたびにスクリーン リーダーによってボタンとフィールドが読み上げられます。 メニュー バーからは、新しいチャットや検索を開始したり、プロフィールやアプリの設定にアクセスしたりできます。

水平のメニュー バー、垂直のツールバー、メイン コンテンツ領域のリスト ウィンドウ、最後にメイン コンテンツ領域のコンテンツ ウィンドウに切り替えるには、Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。 JAWS では、R キーを押して画面の領域を切り替えます。 NVDA では、D キーを押します。

メイン ビュー間を移動する

Web 版の Microsoft Teams には、次のメイン ビューがあります。[チーム]、[アクティビティ]、[チャット]、[予定表]、[ファイル] です。 メイン ビュー間をすばやく移動するには、次のキーボード ショートカットを使います。

  • [チーム] に移動するには、Ctrl + Shift + 3 キーを押します。

  • [アクティビティ] に移動するには、Ctrl + Shift + 1 キーを押します。

  • [チャット] に移動するには、Ctrl + Shift + 2 キーを押します。

  • [予定表] に移動するには、Ctrl + Shift + 4 キーを押します。

  • [ファイル] に移動するには、Ctrl + Shift + 5 キーを押します。

注: 特定の地域では、Web 版の Microsoft Teams に追加の [通話] メイン ビューが含まれます。 [通話] ビューが使用可能な場合は、Ctrl + Shift + 5 キーを使って移動できます。 その場合、[ファイル] ビューのキーボード ショートカットは、Ctrl + Shift + 6 キーになります。

特定のチャネルやチームにすばやく移動するには、画面の上部にある検索領域を使います。 Ctrl + Shift + G キーを押して、チャネルまたはチームの名前の入力を開始します。 入力中に検索結果の一覧が更新されます。 下方向キーを押してメニューを参照し、目的の結果が読み上げられたら Enter キーを押します。 要求されたチームまたはチャネルが [チーム] ビューで開きます。 ビュー内のリスト ウィンドウおよびコンテンツ ウィンドウを移動する方法については、「ビュー内を移動する」をご覧ください。

[チーム] ビュー

初めて Web 版の Microsoft Teams アプリにサインインすると、[チーム] ビューに移動します。 チーム リストに最新のアクティビティがあるチームが選択され、一般チャネルにチームの会話が表示されます。 チームを参照したり、チームのチャネルを選択したり、新しいチャネルを追加したり、チームに参加したり、チームから脱退したりすることができます。 また、チーム チャネルのコンテンツにアクセスしたり、変更を行ったり、投稿したりすることもできます。 たとえば、メッセージを作成したり、チームと共有するファイルをアップロードしたりします。

[チーム] ビューに移動すると、ナレーターによって"チームとチャネル リスト "と読み上げられます。 JAWS では、選択したチャネルの詳細が読み上げられます。 フォーカスは、コンテンツ ウィンドウの [投稿] タブの見出しにあります。

ヒント: 特定のチャネルやチームにすばやく移動するには、Ctrl キーを押しながら E キーを押して、画面の上部にある検索領域に移動します。 「/goto」と入力し、Enter キーを押して、チャネルまたはチームの名前を入力します。 入力中に検索結果の一覧が更新されます。 下方向キーを押してメニューを参照し、目的の結果が読み上げられたら Enter キーを押します。 要求されたチームまたはチャネルが [チーム] ビューで開きます。

[アクティビティ] ビュー

[アクティビティ] ビューには、フォローしているチーム チャネルで発生したすべての概要や自分の最近のアクティビティの概要を含むアクティビティ フィードが含まれます。

[アクティビティ] ビューに移動すると、ナレーターによって "アクティビティと通知の一覧" の後に、現在のリスト オプションが読み上げられます。 フォーカスは、リスト ウィンドウのリスト オプション メニューにあります。

[チャット] ビュー

[チャット] ビューには、最近のメッセージの一覧が表示されます。 メッセージ リストを参照したり、メッセージを開いたり、返信を作成したり、会話全体を閲覧したり、通話を開始したり、チャットでファイルを共有したりすることができます。 また、連絡先の詳細を確認し、プライベート チャットを開始することもできます。

[チャット] ビューに移動すると、"チャット リスト" と読み上げられます。 フォーカスは、リスト ウィンドウの [最近] のチャット リストにあります。

[予定表] ビュー

[予定表] ビューでは、予定されている会議を参照したり、オンライン会議に参加したり、会議をスケジュールしたりすることができます。

[予定表] ビューに移動すると、"予定表" と読み上げられます。 フォーカスは、リスト ウィンドウの [前日] ボタンにあります。

[通話] ビュー

[通話] ビューでは、Microsoft Teams から連絡先を直接呼び出すことができます。 通話履歴を参照したり、ボイス メールをチェックしたりすることもできます。

注: [通話] 機能は、特定の地域でのみ使用できます。

[通話] ビューに移動すると、ナレーターによって"通話リスト" と読み上げられます。 フォーカスは、リスト ウィンドウの [連絡先] の項目にあります。

[ファイル] ビュー

[ファイル] ビューでは、OneDrive から個人用ファイル、またはネイティブ アプリでチームの共有ファイルを参照したり開いたりすることも、Web 版の Microsoft Teams でそれらを編集することもできます。 ローカル デバイスにファイルをダウンロードすることもできます。

[ファイル] ビューに移動すると、ナレーターによって"ファイル ウィンドウ" と読み上げられ、その後に、最近使用したファイルの詳細が読み上げられます。 JAWS では、"ファイル" と読み上げられます。 フォーカスは、コンテンツ ウィンドウの最初のファイルにあります。

注: 垂直のツールバーに [ファイル] ボタンが表示されていない場合は、[その他のアプリ] ボタンを選択します。これにより、アプリケーションの一覧が表示され、[ファイル] ビューを選ぶことができます。

ビュー内を移動する

各ビューには、画面中央にメイン コンテンツ領域があります。 この領域は、リスト ウィンドウとコンテンツ ウィンドウに分かれています。 各ウィンドウの内容は、選択したビューによって異なります。

ビューを選択すると、「メイン ビュー間を移動する」に記載されているとおりに、リスト ウィンドウまたはコンテンツ ウィンドウのいずれかにフォーカスが移動します。 リスト ウィンドウとコンテンツ ウィンドウ間を移動するには、Ctrl + F6 キーを押します。

リスト ウィンドウ

リスト ウィンドウはメイン コンテンツ領域の左側にあります。 項目を参照して選択すると、詳細を右側のコンテンツ ウィンドウに表示することができます。 たとえば、[チャット] ビューで、リスト ウィンドウのチャットを選択すると、コンテンツ ウィンドウにチャット全体が表示されます。 選択したビューによっては、会議のスケジュールを設定したり、チームに参加したりすることもできます。

  • フォーカスをリストに移動するには、リスト内の最初の項目が読み上げられるまで Tab キーを押します。

  • リスト ウィンドウ内の項目間を移動するには、下方向キーを押します。 移動するたびに、スクリーンリ ーダーによって項目の詳細またはボタンが読み上げられます。

  • リスト内の項目を選択し、その詳細をコンテンツ ウィンドウに表示するには、Enter キーを押します。

注: [会議] ビューで、リスト ウィンドウ内の予定されている会議に移動するには、既定のビューを [議題] ビューに変更します。 Tab キーを押し、"議題ビュー" と読み上げられたら Enter キーを押します。

コンテンツ ウィンドウ

コンテンツ ウィンドウはメイン コンテンツ領域の右側にあります。 リスト ウィンドウで選択した項目のコンテンツにアクセスできます。 選択したビューによっては、チャネルやタブを追加したり、通話を開始したり、メッセージを入力したりすることもできます。 コンテンツ ウィンドウには、ウィンドウの上部にチームの資産を整理するためのタブ行 (投稿、共有ファイル、組織情報など) があります。

  • コンテンツ ウィンドウの上部にあるバナー内を移動するには、Tab キーを押します。 移動するたびにスクリーン リーダーによってボタンとフィールドが読み上げられます。

  • タブ行に移動するには、現在選択されているタブ ("投稿" など) が読み上げられるまで Tab キーを押します。 別のタブに移動するには、右方向キーまたは左方向キーを押し、目的のタブが聞こえたら、Enter キーを押します。

  • コンテンツ ウィンドウのメイン領域に移動するには、領域内の最新の項目 (投稿の最新のメッセージなど) が読み上げられるまで Tab キーを押します。

  • コンテンツ ウィンドウ内を移動するには:

    Tab キーまたは Shift + Tab キー、または方向キーを押すことで、コンテンツ ウィンドウ内をすばやく移動できます。

    注: NVDA では、これは参照モードと呼ばれ、JAWS では仮想カーソル モードと呼ばれ、ナレーターではスキャン モードと呼ばれます。

    見出しを使用して、コンテンツ ウィンドウ内をすばやく移動できます。 見出し間を移動するには、H キーまたは Shift + H キーを押します。 見出しレベルは次のとおりです。

    • 見出しレベル 2:チャネルの名前

    • 見出しレベル 3:会話内の日付の区切り記号

    • 見出しレベル 4:この会話内の個別のメッセージ

    • 見出しレベル 5:メッセージに対する返信、または返信フィールド

    • メッセージ ツールバーを使用すると、メッセージを保存したり、メッセージにいいね! をしたり、その他のオプションにアクセスしたりできます。 ツールバーにアクセスして参照するには:

      1 つのメッセージのツールバーにアクセスして参照するには、コンテンツ ウィンドウのメイン領域で、目的のメッセージに達するまでメッセージ一覧で上方向キーを押します。 Enter キーを押してから、左方向キーまたは右方向キーを押します。 選択するには、Enter キーを押します。

      注: NVDA では、これは参照モードと呼ばれ、JAWS では仮想カーソル モードと呼ばれ、ナレーターではスキャン モードと呼ばれます。

      1 つのメッセージのツールバーにアクセスして参照するには、コンテンツ ウィンドウのメイン領域で、目的のメッセージに達するまで、H キーまたは Shift + H キーを押して、見出し間を移動します。 カーソルをメッセージ領域に移動し、"ツールバー" と目的のツールバー項目が読み上げられるまで下方向キーを押します。 選ぶ場合は、Enter キーを押します。

関連項目

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用してチャットをする

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用して最近のアクティビティを確認する

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用するときの基本的なタスク

ビデオ: Microsoft Teams にようこそ

Office 365 の新機能

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×