スプレッドシートを基にリストを作成する

スプレッドシートを基にリストを作成する

Microsoft リストを作成するときに、既存の Excel スプレッドシートをインポートすると、時間を節約できます。 このメソッドは、テーブルの見出しをリスト内の列に変換し、残りのデータをリスト アイテムとしてインポートします。 スプレッドシートのインポートは、既定のタイトル列なしでリストを作成する手段でもあります。

注:  データを別のテーブルに SharePoint 、Excel から直接テーブルをエクスポートする方法があります。 詳細については 、「Excel のテーブルを SharePoint にエクスポートする」を参照してください。 サポートされているブラウザーの SharePoint 詳細については 、「SharePoint Serverでブラウザーのサポートを計画する」を参照してください。

スプレッドシートを基にリストを作成する

  1. Microsoft 365 のリスト アプリで、[+新規] リストを選択するか、サイトのホーム ページから [+新規] >します。  

    • Microsoft Teams で、チャネルの上部にある [ファイル] タブで、[その他のファイル] > SharePointで開く] を選択し、[新しいリスト] >選択します

    スプレッドシートからリストを作成する

  2. [リストの作成] ページで、[Excel から] を選択します

    スプレッドシートからリストを作成する

  3.  [ ファイルのアップロード] を選択してデバイス上のファイルを選択するか、このサイト 上にあるファイルを選択します

    Excel ファイルからアップロードする

    注: [ファイル のアップロード] ボタンが灰色表示されている場合は、スプレッドシートからリストを作成する権限を持つ必要があります。 詳細については、組織のサイト管理者に関するページを参照してください。

  4.   リストの名前を入力します。

    リストを作成する

  5.  (省略可能)[ サイト ナビゲーションに表示] を オンにし、サイトの [コンテンツ] ページにリストを表示します。 

  6.  [作成] を クリックします。 

    注: 

    • インポートするスプレッドシート ファイルにテーブルが含されていない場合は、画面の指示に従って Excel でテーブルを作成し、そのテーブルをリストにインポートします。 テーブルの作成で問題が生じなくなった場合は、Excel でファイルの上部にある "テーブルとして書式設定" を検索します。

    • 最大 20,000 行のテーブルを使用してリストを作成できます。 

SharePoint 2016 および 2013 でスプレッドシートを基にリストを作成する

  1. スプレッドシート ベースのリストを追加するサイトで、[設定]タブを Office 365 の [設定] ボタン 、[アプリの追加] を選択します

  2. [アプリの検索] フィールドにスプレッドシートを入力し、検索アイコンを 検索ボックスの虫眼鏡アイコン

    「スプレッドシート」と入力され、[検索] ボタンが強調表示されているアプリ検索フィールド
  3. 検索結果ページで、[スプレッドシートのインポート]を選択します

    [新しいアプリ] ダイアログ ボックスで強調表示されているスプレッドシート アプリのインポート
  4. [新しい アプリ] ページで、リストの 名前 を入力します。

    ほとんどのビューでは、リストの上部に名前が表示され、リスト ページの Web アドレスの一部になり、ユーザーがリストを見つけ出しに役立つサイト ナビゲーションに表示されます。 リストの名前は変更できますが、Web アドレスは変わりません。

    [名前] と [ファイルの場所] に値が入力済みで、[インポート] が強調表示されている [新しいアプリ] ダイアログ ボックス
  5. オプションの説明を 入力します

    ほとんどのビューで、説明は名前の下に表示されます。 リストの説明は、リストの設定を使用していつでも変更することができます。

  6. スプレッドシート のファイルの場所 を参照するか 、入力します。 完了したら、[インポート] を選択します

    Excel でスプレッドシートが開き、[サービス 一覧] SharePoint Windows に インポートする] ウィンドウ が表示されます。

  7. [リストにインポート] Windows SharePoint Services、[テーブルの範囲]、または[セルの範囲]、または [名前付き範囲] を選択します。 範囲を手動で選択する場合は、[セルの範囲] を選択し、[範囲の選択]を選択します。 スプレッドシートで左上のセルを選び、 Shift キー を押しながら、右下隅にあるセルを選択します。

    範囲が強調表示されている Excel スプレッドシート

    範囲が [範囲の選択 ] フィールドに表示 されます。 [インポート] を選択します。

    [インポート] が強調表示されている [スプレッドシートからインポート] ダイアログ ボックス

    スプレッドシートをインポートした後、リストの列を調べ、データが期待どおりにインポートされていることを確認します。 たとえば、数値ではなく通貨を列に含めるよう指定することが必要な場合があります。 リストの設定を表示または変更するには、リストを開き、[リスト]タブを選択するか、[設定] Office 365 の [設定] ボタン 選択し、[リストの設定] を選択します

  8. スプレッドシート のデータが、スプレッドシートの一覧に SharePoint。

    SharePoint Online でのリスト

重要: スプレッドシートのインポートはフィルター処理に依存しますので、必ず 32 ビット Web ブラウザー (Microsoft Edge など) を使用してスプレッドシートActiveXしてください。 スプレッドシートをインポートすると、サポートされている任意のブラウザーで SharePointを使用できます。

SharePoint2010 でスプレッドシートを基にリストを作成する

  1. [サイトの操作] [サイトの操作] メニュー 、[すべてのサイト コンテンツの表示]の順に選択し、[サイト の作成] [作成]

    注: SharePoint サイトは大幅に変更されている場合があります。 コマンド、ボタン、リンクなどのオプションの場所がわからない場合は、管理者にお問い合わせください。

  2. SharePoint 2010 では、[すべてのカテゴリ] の [ユーザー設定&空白] を選択し、[スプレッドシートのインポート] を選択し、[作成] を選択します

    SharePoint 2007 では、[ユーザー設定リスト] で[スプレッドシートのインポート] を選択し、[作成] を選択します

    [スプレッドシートのインポート] と [作成] が強調表示されている [作成] ダイアログ ボックス
  3. リストの 名前 を入力します。 [名前] への入力は必須です。

    ほとんどのビューでは、リストの上部に名前が表示され、リスト ページの Web アドレスの一部になり、ユーザーがリストを見つけ出しに役立つサイト ナビゲーションに表示されます。 リストの名前は、いつでも変更できますが、Web アドレスは変わりません。

  4. リストの 説明 を入力します。 [説明] への入力は省略できます。

    ほとんどのビューで、説明は名前の下に表示されます。 リストの説明は変更することができます。

    [インポート] が強調表示されている [スプレッドシートのインポート] ダイアログ ボックス
  5. インポート するスプレッドシートの [ファイルの 場所] を参照または入力し、[インポート] を選択します

  6. [インポート] Windows SharePoint Services ダイアログ ボックスで[範囲の種類] を選択し、[範囲の選択] で、リストの作成に使用する範囲をスプレッドシートで指定します。

    SharePoint リストにインポートする

    注: スプレッドシート プログラムによっては、スプレッドシート内で必要なセルの範囲を直接選択できる場合があります。 テーブル範囲と名前付き範囲は、スプレッドシートで既に定義されている必要があります。この場合、[インポート先] リスト ダイアログWindows SharePoint Services 選択 できます。

  7. [インポート] を選択します。

インポートされたリスト

スプレッドシートをインポートした後、リストの列を調べ、データが期待どおりにインポートされていることを確認します。 たとえば、数値ではなく通貨を列に含めるよう指定することが必要な場合があります。 リストの設定を表示または変更するには、リストを開き、[リスト] タブを選択するか、[設定] を選択して、[リストの設定]を選択します

重要: スプレッドシートのインポートはフィルター処理に依存しますので、必ず 32 ビット Web ブラウザー (Microsoft Edge など) を使用してスプレッドシートActiveXしてください。 スプレッドシートをインポートすると、サポートされている任意のブラウザーで SharePointを使用できます。

リストでの列の種類は、スプレッドシートの列に含まれるデータの種類に基づいて作成されます。 たとえば、スプレッドシート内の日付を含む列は、通常、SharePoint のリストでも日付列となります。

すべてのバージョンの SharePoint スプレッドシートのデータをインポートすることができますが、インポート方法はバージョンによって若干異なります。 この例では Excel を使用しますが、別の互換性のあるスプレッドシートが機能します。 スプレッドシート プログラムのネイティブ ファイル形式がサポートされていない場合は、データをコンマ区切り形式 (.CSV) を選択し、そのファイルを使用してインポートします。

インポートしたリストをカスタマイズしてページまたはサイトに追加する方法の詳細については、「リストの概要」を参照してください

注: 通常、SharePoint サイト上で、列はそれに含まれているデータの種類に基づいてセットアップされます。 ただし、リストをインポートした後、列とデータがすべて期待どおりにインポートされているかどうかを確認する必要があります。 たとえば、数値だけではなく通貨も列に含めるよう指定することが必要な場合があります。 リストの設定を表示または変更するには、リストを開き、[設定] メニューで [リストの設定]を選択します

ページの先頭へ

ご意見を寄せてください。

この記事はお役に立ちましたか? 役に立った場合は、このページの一番下のリンクを使ってお知らせください。 お役に立たなかった場合は、わかりにくかった点や情報が不足している点をお知らせください。 ご使用の SharePoint のバージョン、OS、ブラウザーも含めてください。 皆様からのご意見は、事実を確認し、情報を追加して、この記事を更新するために利用させていただきます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×