スペル チェックのオンとオフを切り替える

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードしてください。最新の機能と更新された機能をどこでもご利用いただけます。

今すぐアップグレード

入力しているときに間違えた場合、波上の赤い下線が表示されます。

スペルを間違えたいくつかの単語

間違いを修正しますが、フローやアイディアが失われてます。 このような混乱を避けるために、スペルチェックをオフにして、書き込みが終わったら、手動でスペルチェックを行うことができます。 その手順は次のとおりです。

Word でスペルチェック機能をオフにするには、[ファイル] 、[オプション]、[文章校正] の順にクリックし、[入力時にスペル チェックを行う]のチェックボックスをオフにして、[OK]をクリックします。

[入力時にスペル チェックを行う] オプション

スペルチェックをオンに戻すには、この手順を繰り返し、[入力時にスペル チェックを行う] ボックスをオンにします。

手動でスペルをチェックするには、[校閲]> ​​[スペルチェックと文章校正] をクリックします。

スペル チェックと文章校正を行うコマンド

ただし、スペルチェックは実行してください。 スペルチェックと文章校正のエラーによって、特に上司、教師、HR のユーザーなどに、伝えたい内容がうまく伝わらなかったり、誤解を与える可能性があるからです。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×