予定、計画、予算の管理 - Microsoft 365 では簡単に行うことができます

セル内の文字を繰り返す

たとえば、レポートの書式を設定するために、特殊文字の固定列を作成したり、テキスト列の末尾にピリオドを追加して、目次のようなタブリーダーを提供したりすることができます。 セル内の文字を繰り返すには、REPT 関数を使用します。

使用例

使用例を新規のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

使用例をコピーする方法

  1. 新しいブックまたはワークシートを作成します。

  2. ヘルプ トピックから使用例を選びます。

       行見出しまたは列見出しを選択しないで

    ヘルプから使用例を選ぶ

    ヘルプから使用例を選択する

  3. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

  4. ワークシートのセル A1 を選び、CTRL キーを押しながら V キーを押します。

    結果の表示と、結果を返す数式の表示を切り替えるには、CTRL キーを押しながら ' (アクサングラーブ) キーを押すか、[数式] タブの [ワークシート分析] で [数式の表示] ボタンをクリックします。

1

2

3

A

B

数式

説明 (計算結果)

= REPT (".", 6)

ピリオド (.) を繰り返す 6回 (......)

= REPT ("-", 4)

ダッシュ (-) を4回繰り返す (----)

関数についての詳細情報

REPT 関数

ページの先頭へ

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×