タスク モード (タスク フィールド)

[タスク モード] フィールドには、タスクを手動でスケジュールするか自動的にスケジュールするかが表示されます。これにより、プロジェクトのタスクのスケジュール設定に対する制御の量を決定できます。 既定では、タスクは手動スケジュールとして設定され、開始日、終了日、期間を定義します。 Microsoft Project では、手動スケジュール タスクの日付は変更されませんが、入力した値に問題が発生する可能性がある場合は警告が表示される場合があります。 タスクを自動的にスケジュールに変更すると、Project は依存関係、制約、カレンダー、その他の要因に基づいてタスクをスケジュールできます。

データ型    はい/いいえ

エントリの種類    入力済み

使用のポイント    プロジェクト全体を通じて、すべてのタスクを手動でスケジュールしたり、自動的にスケジュールを設定したりすることができます。 たとえば、提案フェーズ中に、プロジェクト内のすべてのタスクを手動でスケジュールし、提案が承諾され、プロジェクトが開始された後に自動スケジュールに切り替える場合があります。 他のすべてのタスクが自動的にスケジュールされている間、特定のタスク セットを手動でスケジュールすることができます。

既定では、[タスク モード] フィールドは、ガント チャートを含むすべてのタスク ベースのシート ビューの [タスク名] フィールドの横に表示されます。 タスクがプレースホルダー、手動スケジュール タスク、または自動スケジュール タスクであるかどうかを示すアイコンが表示されます。

タスク モードを変更するには、フィールド内をクリックします。 表示される一覧で、[手動スケジュール] または [ 自動スケジュール ] をクリックします。 特定のタスクを選び、[タスク]タブの [スケジュール] グループで 、[手動スケジュール] または [自動スケジュール]クリックします

使用例    仮のプロジェクト計画を設定し、提案段階に残ります。 主要な日付を詳しく マイルストーン あいまいな考えがある場合。 手動スケジュール タスク モードを使用して、タスクとマイルストーンを作成します。 提案が承諾され、作業項目と 成果物 がますます定義されます。 これらのタスクと日付のスケジュールは引き続き手動で行います。 特定のフェーズが定義された場合、それらのフェーズのタスクを自動スケジュール タスク モードに切り替えます。 Project でスケジュールの複雑さを処理することで、開発中のフェーズに集中できます。

解説    既定のタスク モードは手動スケジュール ですが、すべての新しいタスクで変更できます。 [タスク] タブの[スケジュール]グループ、[タスク モード] をクリックし、[自動スケジュール]をクリックします。 このプロジェクトに入力された新しいタスクはすべて、既定のタスク モードである [自動 スケジュール] になります

[タスク モード] フィールドには、[自動スケジュール] と [手動スケジュール] の一覧が表示され、列挙型として表示されます。 ただし、このフィールドは Yes/No データ型として表示されます。 タスクが手動でスケジュールされている場合、タスクの [タスク モード] の値は [はい] または [True] になります。 タスクが自動的にスケジュールされている場合、[タスク モード] の値は [いいえ] または [False] です。

以前のバージョンの Project で作成されたプランのタスクには、自動スケジュールの既定のタスク モードがあります。

[タスク モード] フィールドには [プレースホルダー] アイコンが表示されます。ただし、[プレースホルダー] をタスク モードとして選択することはできません。 Project は、開始、終了、または期間の 2 つ以上のフィールドに情報が不足している手動スケジュール タスクのプレースホルダーとして識別されます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×