デジタル ID は、デジタル証明書とも呼ばれ、ID の検証に役立ち、重要なドキュメントに電子的に署名するために使用できます。 また、デジタル署名と呼ばれるメッセージに一意のコードを追加することで、メッセージを保護するのにも使用できます。 デジタル署名されたメッセージは、受信者に対して、偽装者ではなく、メッセージの内容に署名したこと、および転送中にコンテンツが変更されていないことを証明します。

使用のためにデジタル ID を発行するサービス、または Microsoft 365 を補完してデジタル ID を使用するサービスについては、次の Web サイトを参照してください。 選択した証明書と、この一覧に含まれていない他の証明書を使用できるのはユーザー次第ですが、これらはデジタル証明書を発行する資格のある証明機関 (CA) です。

  • GlobalSign - GlobalSign デジタル署名の詳細については、 GlobalSign Web サイトを参照してください。

  • IdenTrust - IdenTrust の TrustID Secure Email Certificates の詳細については、IdenTrust Web サイトを参照してください。

  • DigiCert - DigitCert クライアント証明書の詳細については、 DigiCert Web サイトを参照してください。

注: 

  • デジタル署名は、カスタマイズ可能なあいさつ文であるメッセージの署名とは異なります。 デジタル署名では、真の送信者が保持しているデジタル ID からしか得られない固有のコードが、メッセージに付加されます。

  • 独自のポリシーと、デジタル ID と証明書を使用した手順を組織で運用している場合があります。 詳細については、ネットワーク管理者に問い合わせてください。

デジタル ID と署名についての詳細

  • Outlook でのデジタル ID の使用の詳細については、「デジタル ID を取得する」を参照してください。

  • ドキュメントのデジタル署名の詳細については、「デジタル署名と証明書」を参照してください。

  • Word 文書に "インク署名" を追加するだけの場合は、「署名を挿入する」を参照してください

関連項目

Microsoft 365 ファイルでデジタル署名を追加または削除する

デジタル署名を使用して電子メール メッセージを保護する

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×