デジタル ID を取得する

デジタル ID により、Microsoft Outlook を使用して、デジタル署名されたメッセージを送信できます。 デジタル ID (デジタル証明書とも呼ばれる) は、身元を証明するのに役立ち、メッセージの改ざんを防ぎ、メール メッセージの真正性を保護するのに役立ちます。 また、メッセージを 暗号化してプライバシー を高めすることもできます。

注: デジタル署名は、カスタマイズ可能なあいさつ文であるメッセージの署名と同じものではありません。 デジタル署名は、真の送信者が保持するデジタル ID からのみ送信されるメッセージに一意のコードを追加します。

実行する操作を指定してください。

独立した証明機関から発行されたデジタル ID を 取得する必要があります

ただし、組織には、別の手順が必要なポリシーがある場合があります。 詳しくは、ネットワーク管理者にお問い合わせください。

複数のデジタル ID を持つ場合があります。1 つはデジタル署名用で、多くの分野で法的な意味を持つ可能性があります。もう 1 つは暗号化用です。

  1. [ファイル] タブで 、[オプション ] > クリックします

  2. [Microsoft Office Word セキュリティ センター] で [セキュリティ センターの設定] をクリックします。

  3. [電子メールのセキュリティ] タブの [電子メールの暗号化] で、[設定] をクリックします。

    [設定]

    注: デジタル ID を持っている場合は、デジタル ID を使用するための設定が自動的に構成されます。 別のデジタル ID を使用するには、以下の手順に従います。

  4. [保護されたメッセージの形式] の [新規作成] をクリックします。

  5. [セキュリティ設定名] ボックスに名前を入力します。

  6. [暗号化の形式] ボックスの一覧の [S/MIME] をクリックします。 証明書の種類によっては、この代わりに [Exchange セキュリティ] をクリックします。

  7. [署名証明書] ボックスの横の [選択] をクリックし、デジタル署名に有効な証明書を選択します。

    注: 証明書がデジタル署名と暗号化を目的としている場合は、[証明書の選択] ダイアログ ボックスで [証明書の表示] をクリックします。 暗号化メッセージングに適した証明書 (デジタル署名など) は、"電子メール メッセージを保護します" などと示される場合があります。

  8. 署名したメッセージを社内だけで送受信する場合を除き、[署名済みメッセージで証明書を送信する] チェック ボックスをオンにします。

    注: 選択した設定は、暗号化メッセージを送信するときの既定の設定になります。 この設定をすべての暗号化メッセージの既定値として使用しない場合は、[この暗号化メッセージ形式の既定のセキュリティ設定として使用する] チェック ボックスをオフにします。

暗号化されたメール メッセージを送受信するには、送信者と受信者の両方がデジタル ID 証明書を互いに共有する必要があります。

  1. [署名] アイコンでメッセージ一覧に示されたデジタル署名されたメッセージを開きます。

  2. [差出人] ボックスの名前を右クリックし、[Outlook の連絡先に追加] をクリックします。

  3. この差出人が既に登録されている場合は、[重複する連絡先が見つかりました] ダイアログ ボックスで、[選択した連絡先の情報を更新する: バックアップ コピーが削除済みアイテム フォルダーに保存されます。

    注: 

    • バックアップ コピーが [削除済みアイテム] フォルダーに保存されます。

    • この受信者の連絡先に証明書が保存されます。 これにより、登録した差出人に対しメッセージを暗号化して送信できます。

    • 連絡先の証明書を表示するには、連絡先の名前をダブルクリックし、[証明書] タブをクリックします。

連絡先の証明書を表示する

  1. ナビゲーション バーで [連絡先] をクリックします。

  2. [ホーム] タブの [リスト] を クリックします

    現在の表示を "リスト" に変更する

  3. 連絡先の名前をダブルクリックし、[連絡先] タブの [証明書] をクリックします。

    特定の連絡先の証明書を表示する

注: この機能を使用するには、Microsoft Exchange Server アカウントが必要です。

キー管理サービスなどの Exchange Server デジタル ID を取得するには、Exchange アカウントの管理者がサーバーでセキュリティを実行し、トークンと呼ばれる特別なパスワードを提供する必要があります。 詳しくは、Exchange の管理者にお問い合わせください。

  1. [ファイル ] タブ の [> オプション>をクリックする

  2. [Microsoft Office Word セキュリティ センター] で [セキュリティ センターの設定] をクリックします。

  3. [電子メールのセキュリティ] タブの [デジタル ID (証明書)] で、[デジタル ID の取得] をクリックします。

  4. Exchange の [セキュリティの設定] をクリック> OK

  5. [デジタル ID 名] ボックスに、自分の名前を入力します。

  6. [トークン] ボックスに、Exchange の管理者から割り当てられた特殊なパスワードを入力します。

  7. [Microsoft Office Outlook セキュリティ パスワード] ダイアログ ボックスで、デジタル ID の別のパスワードを入力します。次に、[確認] ボックスに再度このパスワードを入力します。

    注: Exchange の管理者から、この手順で作成したパスワードの入力を要求するメッセージが受信トレイに送られます。

  8. 表示されるダイアログ ボックスで、パスワードを入力し、[パスワードを記憶する] チェック ボックスをオンにし、パスワードを記憶する分 Outlook 分数を入力します。

  9. "ルート証明の保存" というメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

実行する操作を指定してください。

  1. [ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックし、[電子メールのセキュリティ] をクリックします。

  2. [ デジタル ID (証明書) ]で、[デジタル ID の取得] をクリックします

  3. [ 外部証明機関から S/MIME 証明書を取得する] をクリックし 、[OK]をクリックします。

    Outlook で Web ブラウザーが起動され、Microsoft Officeの証明機関が一覧表示されている Web サイトが開きます。 使用する証明機関をクリックし、Web ページに表示される手順に従ってデジタル ID の登録を行います。 証明機関からデジタル ID と手順がメールで送信されます。

  1. [ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックし、[電子メールのセキュリティ] をクリックします。

  2. [Encrypted e-mail] で、[Settings] をクリックします。

    注: デジタル ID を持っている場合は、デジタル ID を使用するための設定が自動的に構成されます。 別のデジタル ID を使用する場合は、この手順の残りの手順に従ってデジタル ID を指定します。

  3. [セキュリティ設定環境設定] セクションの下部にある [新規] を クリックします

  4. [セキュリティ設定名] ボックスに名前を入力します。

  5. [暗号化の形式] ボックスの一覧の [S/MIME] をクリックします。 証明書の種類によっては、この代わりに [Exchange セキュリティ] をクリックします。

  6. [署名証明書] ボックスの横の [選択] をクリックし、デジタル署名に有効な証明書を選択します。

    注: この証明書がデジタル署名と暗号化に適したものかどうかを確認するには、[証明書の選択] ダイアログ ボックスで [証明書の表示] をクリックします。 暗号化メッセージング用の適切な証明書 (デジタル署名など) には、"電子メール メッセージを保護する" などと表示される場合があります。

  7. [暗号化証明書 ] ボックスの 横にある [選択] をクリックし、暗号化に有効な証明書を選択します。

  8. 組織内でのみ 署名済みメッセージを 送受信しない場合は、[署名付きメッセージでこれらの証明書を送信する] チェック ボックスをオンにします。

    注: 暗号化メッセージを送信するたびに、選択した設定が既定の設定になります。 すべての暗号化メッセージにこれらの設定を既定で使用しない場合は、[すべての暗号化メッセージの既定のセキュリティ設定] チェック ボックス オフにします。

  1. デジタル署名されたメッセージを開きます。

  2. [From] ボックスで名前 を右 クリックし、ショートカット メニューの [Outlook 連絡先 に追加] をクリックします。

  3. このユーザーのエントリが既にある場合は、[連絡先の重複が検出されました] ダイアログ ボックスで、選択した連絡先の [情報 の更新] を選択します。バックアップ コピーが [削除済みアイテム] フォルダーに保存される.

    この受信者の連絡先に証明書が保存されます。 これで、このユーザーに暗号化されたメール メッセージを送信できます。

    連絡先の証明書を表示するには、連絡先の名前をダブルクリックし、[証明書] タブをクリックします。

この機能では、Microsoft Exchange Server 2000、Exchange Server 2003、または Exchange Server 2007 のアカウントを使用する必要があります。 ほとんどのホーム ユーザー アカウントと個人用アカウントは Microsoft Exchange を使用していません。

たとえば、キー管理サービスを通じて Exchange デジタル ID を取得するには、Exchange 管理者がサーバーでセキュリティを実行している必要があります。また、トークンと呼ばれる特別なパスワードを提供する必要があります。 その後、Exchange からトークンを確認するメッセージが送信されます。 詳しくは、Exchange の管理者にお問い合わせください。

  1. [ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックし、[電子メールのセキュリティ] をクリックします。

  2. [ デジタル ID (証明書) ]で、[デジタル ID の取得] をクリックします

  3. [Exchange Server のセキュリティを設定する] をクリックします。

  4. [OK] をクリックします。

  5. [デジタル ID 名] ボックスに、自分の名前を入力します。

  6. [トークン] ボックスに、Exchange の管理者から割り当てられた特殊なパスワードを入力します。

  7. [Microsoft Office Outlook セキュリティ パスワード] ダイアログ ボックスで、デジタル ID の別のパスワードを入力します。次に、[確認] ボックスに再度このパスワードを入力します。

    この手順で作成したパスワードの入力を要求するメッセージが Exchange 管理者から受信トレイに送信されます。

  8. 表示されるダイアログ ボックスで、パスワードを入力し、[パスワードを記憶する] チェック ボックスをオンにし、パスワードを記憶する分 Outlook 分数を入力します。

  9. "ルート証明の保存" というメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×