データの種類を参照する数式を作成する方法

リンクされたデータの種類を参照する数式を使用できます。これにより、特定のリンクされたデータの種類に関する詳細情報を取得して表示することができます。 次の例では、リンクされたデータの種類 (株価) は、A2 から A11 のセルで使用されています。 列 B と列 C には、列 A の [株価] データの種類から詳細情報を抽出する数式があります。

会社名、価格、変動を含む、リンクされたレコード。

この例では、セル B2 には数式 =A2.Price が含まれ、セル C2 には数式 =A2.Change が含まれます。 レコードがテーブルにある場合、数式に列名を使用することができます。 このセルでは、セル B2 には数式 =[@Company].Price が含まれ、C2 には =[@Company].Change が含まれます。

注: 株価と地理のデータ型は、世界各地のマルチテナントクライアント (標準の Microsoft 365 アカウント) でのみ利用できます。

ヒント: 

  • 次の例のように、別のセルへの参照を入力する と、そのデータ型を参照できるフィールドの数式 オートコンプリート リストが表示されます。 リストからフィールドを選択するか、わかっているフィールドを入力します。 "Dot" 演算子を入力してフィールドの一覧を表示することもできます。たとえば、「= A2」と入力し ます。

    株価用のリンクされたデータの種類

  • データの種類のフィールド参照では大文字と小文字を区別しないため、「=A2.Price」または「=A2.price」と入力できます。

  • 名前にスペースを含むフィールドを選択した場合、Excel で自動的にフィールド名の前後に角かっこ ([ ]) が追加されます。 例: =A2.[52 Week High]

  • FIELDVALUE 関数も使用できますが、リンクされたデータの種類に基づいて条件付きの計算を作成する場合にのみ使用することをお勧めします。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

リンクされたデータの種類

FIELDVALUE 関数

データ型を作成する (Power Query)

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×