データシートの既定の書式オプションを設定する

Access デスクトップ データベースのすべてのデータシートが特定の書式で自動的に表示される既定の書式設定を変更できます。

  1. [ファイル] をクリックし、[オプション] をクリックします。

    [Access のオプション] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [ データシート] を クリックし、変更するオプションを選択します。 変更内容を適用するには、データシートを閉じてもう一度開きます。

枠線とセルの効果を変更する

表示されている既定の枠線

既定では、データシートの各セルに水平および垂直の罫線または枠線が表示されますが、グリッド線が表示されないか、水平または垂直方向の枠線だけが表示されるオプションを変更できます。

  • [表示されている既定の枠線] で、[水平]チェックボックスをオフにして水平の枠線を非表示にするか、[垂直] チェック ボックスをオフにして縦軸の枠線を非表示にします。 両方のオプションをオフにした場合、データシートは枠線なしで表示されます。

注: 既存のデータベース内のテーブルの枠線の書式を変更するには、データシート ビューでテーブルを開き、[ホーム] をクリックし、[テキストの書式設定] グループで [グリッド線] をクリックします。 

既定のセルの効果を設定する

セルの効果は、個々のセルのスタイルを表します。 既定の設定は[フラット] ですが、[起き上げ] または [日焼け]のいずれかの外観に変更できます。

既定の列幅を設定する

データベース内のすべてのデータシートの列の既定の幅 Access します。 Windows の設定で指定した単位に応じて、インチまたはセンチメートルで単位を入力します。

既定のフォントを設定する

このセクションの設定を使用すると、データシート内のテキストのサイズ、太さ、スタイルをカスタマイズできます。

  • サイズ: データシート内のテキストに適したサイズを選択します。

  • さ: テキストを表示する細さまたは重みを決定するには、一覧から選択します。 たとえば、"細い"、"Extra Light"、"Light"、"Normal"、"Medium"、"Semi-bold"、"Bold"、"Heavy weight" などのフォント表示を選ぶと便利です。

    すべてのデータシートのすべてのテキストに下線を引く、または自動的に下線を引く場合は、[テキスト] オプションを [下線] または [Italic] に設定できます。

カレント データベースのオプションの設定の詳細については、「カレント データベースのユーザー オプションを 設定する」を参照してください

ページの先頭へ

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×