図形に図形データがある場合は、データベース エクスポートウィザードを実行して、そのデータを含むデータベース テーブルを作成できます。

注: データベース エクスポート ウィザードと [データベースへのエクスポート] ダイアログ ボックス([ツール] メニュー) の違いは、ウィザードでプロセスをステップ バイ ステップで実行する点です。 ウィザードのガイダンスなしで作業する場合は、[データベースにエクスポート] ダイアログ ボックスの方が効率的な場合があります。

データベース内の図形、レコード、テーブル、フィールドの関係

図面内の各図形はデータベース テーブルのレコード (または行) で表され、各 ShapeSheet セルはフィールド (または列) で表されます。 ShapeSheet セルのデータは、対応するデータベース テーブル フィールドの値として表示されます。

データベース テーブルで表示されている図形のカスタム プロパティとセル

データベース エクスポート ウィザードと ODBC

データベース エクスポート ウィザードでは、Microsoft Office Visio Access やデータベース 接続など、Open Database Connectivity (ODBC) に準拠しているデータベース プログラムで作成されたデータベース テーブルにデータMicrosoft OfficeエクスポートMicrosoft SQL Server。

ODBC は、Microsoft プログラムがデータベースのデータにアクセス、表示、変更するために使用できる業界標準です。

データベース プログラムが ODBC に準拠するかどうかを確認するには、プログラムのドキュメントを確認します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×