[データベース接続設定ダイアログ ボックスで、Open Database Connectivity (ODBC) 動作の特定の側面を設定できます。 ODBC 準拠アプリケーションMicrosoft Office Visio作成されたデータベースに図形または図面をリンクした後、データベースと図面の間で変更がどのように渡されるのかは、設定によって制御されます。

設定はグローバルです。つまり、ユーザーが作成した図面とデータベースのすべてのリンクに適用Visio。

ODBC 設定

更新の再試行回数

最初の試行が失敗した場合にデータベースまたは図面を更新する回数を入力します。

更新の再試行間隔 (msecs)

更新試行の間隔 (ミリ秒単位) を入力します。

タイムアウト間隔 (秒)

更新が試行された後の時間 (秒) を入力します。

既定の ODBC データ ソース

データベース ウィザードまたは [データベースへのリンク]コマンドを既定でリンクする ODBC データ ソースをクリックします。 図形をデータベースにリンクする場合は、別のデータ ソースを指定できます。

データベース モニターの設定

図面ページを自動的に更新する

[図面間隔の更新] で設定した間隔でデータベースと一致する監視対象の図面を更新するには、この チェック ボックスをオンにします

描画間隔 (秒) を更新します。

データベースへの変更が監視対象の図面に渡される前に経過する時間 (秒) を入力します。 図面を更新するために入力した時間よりも時間がかかる場合は、Visio時間が調整されます。

既定値を復元する

クリックすると、すべての設定が既定値 (次の値) にリセットされます。

  • 更新の再試行回数、3

  • 更新の再試行間隔、250 (msec)

  • タイムアウト間隔、30 (秒)

  • 既定の ODBC データ ソース、Visioサンプル

  • 図面ページが自動的に更新され、クリアされます。

  • 図面の間隔を更新します。空白。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×