Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。
データ ソースからデータをインポートする (Power Query)

さまざまなデータ ソースから Excel にデータをインポートできます。その方法については、次のセクションを参照してください。 データをインポートした後の操作の詳細については、「Excel を使用したデータ体験の方法」を参照してください。

現在のブックの Excel テーブル、名前付き範囲、または動的配列からクエリを作成できます。 選択したデータが単純な範囲の場合は、テーブルに変換されます。 動的配列をインポートするには、Microsoft 365 サブスクリプションが必要です。 動的配列の詳細については、「 動的配列の数式とスピルされた配列の動作」を参照してください。

  1. データ範囲内のいずれかのセルを選択します。

  2. [テーブル/範囲 からデータ >] を選択します

    このコマンドは、テーブル/範囲から>他のソースからのデータ >からも使用できます。

  3. メッセージが表示されたら、[ テーブルの作成 ] ダイアログ ボックスで [範囲の 選択 ] ボタンを選択して、データ ソースとして使用する特定の範囲を選択できます。

    [テーブルから] ダイアログ ボックス

  4. テーブルまたはデータ範囲に列ヘッダーがある場合は、[My table has headers]\(テーブルにヘッダーがある\) を選択します。 見出しセルは、クエリの列名を定義するために使用されます。

  5. [OK] を選択します。

詳細については、「Excel テーブルからインポートする」を参照してください。

  1. [データ] > [Excel ブックからファイル >からデータ >を取得する] を選択します。 

  2. [ Excel の参照 ] ダイアログ ボックスで、クエリを実行するファイルのパスを参照または入力します。

  3. [開く] を選びます。

ソースのブックに名前付き範囲が含まれている場合、範囲の名前をデータ セットとして使用できます。

高度なコネクタ オプションの詳細については、「Excel ブック (docs.com)」を参照してください。

次の手順は、基本的な手順を示しています。 詳細については、「テキスト (.txtまたは.csv) ファイルをインポートまたはエクスポートする」を参照してください。

  1. [データ] > [テキスト /CSV からファイル >から データ >を取得 する] を選択します。 

  2. [ コンマ区切り値の参照 ] ダイアログ ボックスで、クエリを実行するファイルのパスを参照または入力します。

  3. [開く] を選びます。

注: CSV ファイルからデータをインポートする場合、列の名前やデータ型などの列区切り記号は Power Query によって自動的に検出されます。 たとえば、次の例の CSV ファイルをインポートすると、Power Query は自動的に、最初の行を列名として使用し、各列のデータ型を変更します。

サンプル CSV ファイル

CSV ファイルの画像

Power Query は、次のように、それぞれの列のデータ型を自動的に変更します。

  • 受注 ID を数値に変更

  • 受注日を日付に変更

  • カテゴリはテキスト (列の既定のデータ型) のまま

  • 製品名はテキスト (列の既定のデータ型) のまま

  • 売上高は数値に変更

高度なコネクタ オプションの詳細については、「テキスト/CSV (docs.com)」を参照してください。

次の手順は、データをインポートする基本的な手順を示しています。 詳細なカバレッジについては、「XML データのインポート」を参照してください

  1. [データ] > [XML からファイル >からデータ >を取得する] を選択します。 

  2. [ XML 参照から ] ダイアログ ボックスで、インポートまたはファイルへのリンクを行うファイル URL を参照または入力します。

  3. [開く] を選びます。

接続が成功したら、[ ナビゲーター ] ウィンドウを使用して、XML ファイル内の項目のコレクションを表形式で参照およびプレビューします。

高度なコネクタ オプションの詳細については、「XML (docs.com)」を参照してください。

  1. [データ] > [JSON からファイル >からデータ >を取得する] を選択します。 [ データのインポート ] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. JSON ファイルを見つけて、[開く] を選択します。

高度なコネクタ オプションの詳細については、「JSON (docs.com)」を参照してください。

重要   PDF ファイルをインポートしようとすると、「このコネクタを使用するには、1 つ以上の追加コンポーネントをインストールする必要があります」という PDF メッセージが表示されることがあります。 PDF コネクタをコンピューターにインストールするには、.NET Framework 4.5 以降が必要です。 最新の.NET Frameworkはこちらからダウンロードできます

  1. [データ] > [ファイルからデータ >を取得する] > [PDF] を選択します

  2. PDF ファイルを選択し、[ 開く] をクリックします。 [ナビゲーター] ダイアログ ボックスで PDF が開き、使用可能なテーブルが表示されます。

    PDF データをインポートするための [ナビゲーター] ダイアログ ボックス

  3. インポートするテーブルを選択し、次のいずれかの操作を行います。

    • Excel でデータを直接表示するには、[読み込み]>[読み込み ] を選択するか、[読み込み] ダイアログ ボックスを表示するには、[読み込み ]> [読み込み] を選択します。

    • 最初にPower Queryデータを操作するには、[データの変換] を選択します。

高度なコネクタ オプションの詳細については、「PDF (docs.com)」を参照してください。

類似のスキーマと形式を持つ複数のファイルから、フォルダーからデータをインポートできます。 次に、データを 1 つのテーブルに追加できます。

  1. [データ] > [ファイル>フォルダーからデータ >を取得 する] を選択します

  2. [ 参照 ] ダイアログ ボックスで、フォルダーを見つけて、[ 開く] を選択します。

  3. 詳細な手順については、「複数のファイルを含むフォルダーからデータをインポートする」を参照してください。

高度なコネクタ オプションの詳細については、「フォルダー (docs.com)」を参照してください。

SharePoint ライブラリから、類似のスキーマと形式を持つ複数のファイルからデータをインポートできます。 次に、データを 1 つのテーブルに追加できます。

  1. [データ> SharePoint フォルダーからファイル >からデータ >を取得する] を選択します

  2. [ SharePoint フォルダー] ダイアログ ボックスで、ライブラリへの参照を含まない SharePoint サイトのルート URL を入力し、ライブラリに移動します。

  3. 詳細な手順については、「複数のファイルを含むフォルダーからデータをインポートする」を参照してください。

高度なコネクタ オプションの詳細については、「SharePoint フォルダー (docs.com)」を参照してください。

  1. [データ] > [データベースからデータ >を取得する] SQL Server [データベースから>] を選択します。 

  2. [Microsoft SQL データベース] ダイアログ ボックスの [サーバー名] ボックスで、接続先の SQL Server を指定します。 オプションで [データベース名] も指定できます。

  3. ネイティブ データベース クエリを使ってデータをインポートするには、[SQL ステートメント] ボックスにクエリを指定します。 詳しくは、ネイティブ データベース クエリを使ってデータベースからデータをインポートするをご覧ください。

    Power Query の [SQL Server データベース] 接続ダイアログ
  4. [OK] を選びます。

  5. SQL Server データベースに接続するための認証モードを選びます。

    Power Query の SQL Server の接続ログイン資格情報
    • Windows    これが既定の設定です。 Windows 認証を使用して接続する場合は、この設定を選びます。

    • データベース SQL Server認証を使用して接続する場合は、これを選択します。 この設定を選んだ後、ユーザー名とパスワードを指定して SQL Server インスタンスに接続します。

  6. 既定では [暗号化接続] チェック ボックスがオンになっており、Power Query とデータベース間の接続が暗号化されます。 接続に暗号化接続を使用しない場合は、このチェック ボックスをオフにして [接続] をクリックします。

    暗号化接続を使用して SQL Server との接続を確立しないと、暗号化されていない接続を使用することを確認するメッセージが表示されます。 メッセージで [OK] をクリックし、暗号化されていない接続を使用して接続します。

高度なコネクタ オプションの詳細については、「SQL Server データベース (docs.com)」を参照してください。

  1. [データ] > [Microsoft Access Database からデータベース >からデータ >を取得する] を選択します。 

  2. [ データのインポート ] ダイアログ ボックスで、Access データベース ファイル (.accdb) を参照して見つけます。 

  3. ファイルを選択し、[ 開く] を選択します。 [ ナビゲーター ] ダイアログ ボックスが表示されます。

  4. 左側のウィンドウでテーブルまたはクエリを選択して、右側のウィンドウでデータをプレビューします。

  5. テーブルとクエリが多数ある場合は、[ 検索 ] ボックスを使用してオブジェクトを検索するか 、[表示オプション] と [ 更新 ] ボタンを使用してリストをフィルター処理します。

  6. [読み込み] または [変換] を選択します

高度なコネクタ オプションの詳細については、「Access database (docs.com)」を参照してください。

注意   SQL Server Analysis Services データベースに接続されているブックを使用する場合、多次元式 (MDX) に関する参照情報や、オンライン分析処理 (OLAP) サーバーの構成手順など、特定の製品の質問に回答するための追加情報が必要になる場合があります。

  1. [データ] > [Analysis Servicesからデータベース >から外部データ >を取得する] を選択します。 データ接続ウィザードの最初のページが表示されます。 タイトルは [ データベース サーバーに接続] です

    データ接続ウィザード画面 1

  2. [ サーバー名] ボックスに、OLAP データベース サーバーの名前を入力します。

    ヒント: 接続するオフライン キューブ ファイルの名前がわかっている場合は、完全なファイル パス、ファイル名、および拡張子を入力できます。

  3. [ ログオン資格情報] で、次のいずれかの操作を行い、[ 次へ] をクリックします。

    • 現在の Windows ユーザー名とパスワードを使用するには、[ Windows 認証の使用] をクリックします。

    • データベースのユーザー名とパスワードを入力するには、[以下のユーザー名とパスワードを使用する] をクリックし、[ユーザー名] にユーザー名を、[パスワード] ボックスにパスワードを入力します。

      セキュリティに関するお知らせ

      • 大文字、小文字、数字、記号を組み合わせた強力なパスワードを使用してください。 これらの文字を混在させていないパスワードは強固とはいえません。 たとえば、Y6dh!et5 は強力なパスワードであり、House27 は脆弱なパスワードです。 パスワードには 8 文字以上を含める必要があります。 理想は 14 文字以上のパス フレーズです。

      • パスワードは忘れないようにしてください。 パスワードを忘れた場合、Microsoft でパスワードを回復することはできません。 紙に記録したパスワードを、保護する必要がある情報から離れた安全な場所に保管してください。

  4. [ 次へ] を選択して、2 番目のウィザード画面に移動します。 タイトルは [データベースとテーブルの選択] です

    データ接続ウィザード画面 2

    データベース内の特定のキューブ ファイルに接続するには、[ 特定のキューブまたはテーブルに接続する ] が選択されていることを確認し、一覧からキューブを選択します。

  5. [目的のデータを含むデータベースを選択する] ボックスで、データベースを選択し、[次へ] をクリックします。

  6. [ 次へ ] をクリックして、3 番目のウィザード画面に移動します。 " データ接続ファイルの保存と完了" というタイトルです。

    データ接続ウィザード画面 3

  7. [ファイル名] ボックスで、必要に応じて既定のファイル名を変更します (省略可能)。

  8. [ 参照 ] をクリックして 、[マイ データ ソース] の既定のファイルの場所を変更するか、既存のファイル名を確認します。

  9. [ 説明]、[ フレンドリ名]、[ 検索キーワード] ボックスに、ファイルの説明、フレンドリ名、および一般的な検索語句を入力します (すべて省略可能)。

  10. ピボットテーブルの更新時に接続ファイルが確実に使用されるようにするには、[ 常にこのファイルを使用してこのデータを更新する] をクリックします。

    このチェック ボックスをオンにすると、接続ファイルの更新が、その接続ファイルを使用するすべてのブックで常に使用されるようになります。

  11. ブックをExcel Servicesに保存し、Excel Servicesを使用して開く場合にピボットテーブルにアクセスする方法を指定できます。 

    注: 認証設定は、microsoft Office Excel ではなく、Excel Servicesでのみ使用されます。 Excel でブックを開いても、Excel Servicesでも、同じデータに確実にアクセスする場合は、Excel の認証設定が同じであることを確認してください。

    [ 認証設定] を選択し、次のいずれかのオプションを選択してデータ ソースにログオンします。 

    • Windows 認証       現在のユーザーの Windows ユーザー名とパスワードを使用するには、このオプションを選択します。 これは最も安全な方法ですが、ユーザーが多い場合はパフォーマンスに影響する可能性があります。

    • Sso   シングル サインオンを使用するには、このオプションを選択し、[SSO ID] テキスト ボックスに適切な識別文字列を入力します。 サイト管理者は、ユーザー名とパスワードを格納できるシングル サインオン データベースを使用するように SharePoint サイトを構成できます。 この方法は、ユーザーが多い場合に最も効率的です。

    • なし   接続ファイルにユーザー名とパスワードを保存するには、このオプションを選択します。

      重要: データ ソースに接続するときは、ログオン情報を保存しないでください。 この情報はプレーン テキストとして格納されることがあり、悪意のあるユーザーが情報にアクセスしてデータ ソースのセキュリティを侵害する可能性があります。

  12. [OK] を選択します。

  13. [完了] を選択 して 、データ接続ウィザードを閉じます。 [データのインポート] ダイアログ ボックスが表示されます。

    データのインポート

  14. データのインポート方法を決定し、[OK] を選択 します。 このダイアログ ボックスの使用方法の詳細については、疑問符 (?) を選択してください。

Excel ブックとSQL Server Analysis Servicesオンライン分析処理 (OLAP) データベース サーバーの間に動的な接続を作成し、データが変更されるたびにその接続を更新できます。 データベース サーバー上に作成されている場合は、特定のオフライン キューブ ファイルに接続できます。 テーブルまたはピボットテーブル レポートとして Excel にデータをインポートすることもできます。

  1. [データ] > [データベースからデータ >を取得する] > [SQL Server Analysis Services データベース (インポート)] を選択します。 

  2. [サーバー名] を入力し、[OK] を選択します

    注: 特定のデータベース名を入力することもできます。 また、MDX (docs.com) または DAX クエリを追加することもできます。

  3. [ ナビゲーター ] ウィンドウでデータベースを選択し、接続するキューブまたはテーブルを選択します。

  4. [読み込み] をクリックして選択したテーブルをワークシートに読み込むか、[編集] をクリックして、読み込む前にPower Query エディターで追加のデータ フィルターと変換を実行します。

注:  Power Query を使用して Oracle データベースに接続するには、コンピューターに Oracle クライアント ソフトウェア v8.1.7 以降が必要です。 Oracle クライアント ソフトウェアをインストールするには、32-bit Oracle Data Access Components (ODAC) with Oracle Developer Tools for Visual Studio (12.1.0.2.4) を使用して 32 ビット版 Oracle クライアントをインストールするか、64-bit ODAC 12c Release 4 (12.1.0.2.4) Xcopy for Windows x64 を使用して 64 ビット版の Oracle クライアントをインストールします。

  1. [データ> Oracle Database からデータベース >からデータ >を取得する] を選択します

  2. [Oracle データベース] ダイアログ ボックスの [サーバー名] で、接続先の Oracle サーバーを指定します。 SID が必要な場合は、“サーバー名/SID” の形式で指定できます。

  3. ネイティブ データベース クエリを使ってデータをインポートする場合は、[SQL ステートメント] ボックスにクエリを指定します。 詳細については、「 ネイティブ データベース クエリを使用してデータベースからデータをインポートする」を参照してください。

  4. [OK] を選択します。

  5. Oracle サーバーでデータベース ユーザーの資格情報が必要な場合:

    1. [データベースへのアクセス] ダイアログ ボックスで、ユーザー名とパスワードを入力します。

    2. [接続] をクリックします。

高度なコネクタ オプションの詳細については、「Oracle Database (docs.com)」を参照してください。

警告: 

  • IBM DB2 データベースに接続するには、コンピューターに IBM DB2 Data Server Driver がインストールされている必要があります (最小要件は IBM Data Server Driver Package (DS Driver) です)。 Power Query のインストール (32 ビットか 64 ビット) と一致するドライバーを選択します。

  • IBM DB2 Data Server Driver を Windows 8 にインストールする際に、既知の問題があることが IBM から報告されていますWindows 8 を使用しており、Power Query を使用して IBM DB2 に接続したい場合は、追加のインストール手順が必要です。 ibm DB2 Data Server Driver の詳細については、Windows 8を参照してください。

  1. [データ] > [データベースからデータ >を取得する] > IBM DB2 Database から取得します。 

  2. [IBM DB2 データベース] ダイアログ ボックスの [サーバー名] で、接続先の IBM DB2 データベース サーバーを指定します。

  3. ネイティブ データベース クエリを使ってデータをインポートする場合は、[SQL ステートメント] ボックスにクエリを指定します。 詳細については、「 ネイティブ データベース クエリを使用してデータベースからデータをインポートする」を参照してください。

  4. [ OK] を選択します

  5. IBM DB2 サーバーでデータベース ユーザーの資格情報が必要な場合:

    1. [データベースへのアクセス] ダイアログ ボックスで、ユーザー名とパスワードを入力します。

    2. [接続] をクリックします。

高度なコネクタ オプションの詳細については、「IBM DB2 データベース (docs.com)」を参照してください。

注: "このコネクタを使用するには、1 つ以上の追加コンポーネントをインストールする必要があります" というメッセージが表示された場合は、適切な ODBC Driver for MySQL を ここから Windows デバイスにダウンロードする必要があります。 詳細については、「 MySQL コネクタ」を参照してください。

  1. [データ] > [MySQL データベースからデータベース >からデータ >を取得する] を選択します。 

  2. [MySQL データベース] ダイアログ ボックスの [サーバー名] で、接続先の MySQL データベース サーバーを指定します。

  3. ネイティブ データベース クエリを使ってデータをインポートする場合は、[SQL ステートメント] ボックスにクエリを指定します。 詳細については、「 ネイティブ データベース クエリを使用してデータベースからデータをインポートする」を参照してください。

  4. [OK] を選択します。

  5. MySQL サーバーでデータベース ユーザーの資格情報が必要な場合:

    1. [データベースへのアクセス] ダイアログ ボックスで、ユーザー名とパスワードを入力します。

    2. [接続] をクリックします。

高度なコネクタ オプションの詳細については、「MySQL データベース (docs.com)」を参照してください。

注: Power Query で PostgreSQL に接続する前に、PostgreSQL 用の Ngpsql データ プロバイダーをコンピューターにインストールする必要があります。 お使いの Office バージョン (32 ビットまたは 64 ビット) に対応するドライバーを選びます。 詳細については、「使用している Office のバージョン 」を参照してください。 コンピューターの構成に、デバイス上の最新バージョンの .NET に対応するプロバイダーが登録されていることを確認します。

  1. [Data > Get data > from Database > from PostgreSQL Database] を選択します。 

  2. [ PostgreSQL データベース ] ダイアログ ボックスの [ サーバー名 ] セクションで、接続先の PostgreSQL データベース サーバーを指定します。

  3. ネイティブ データベース クエリを使ってデータをインポートする場合は、[SQL ステートメント] ボックスにクエリを指定します。 詳細については、「 ネイティブ データベース クエリを使用してデータベースからデータをインポートする」を参照してください。

  4. [OK] を選びます。

  5. PostgreSQL サーバーでデータベース ユーザーの資格情報が必要な場合:

    1. [データベースへのアクセス] ダイアログ ボックスで、ユーザー名とパスワードを入力します。

    2. [接続] を選びます。

高度なコネクタ オプションの詳細については、「PostgreSQL (docs.com)」を参照してください。

注: SAP SQL Anywhere データベースに接続する前に、コンピューターに SAP SQL Anywhere ドライバー がインストールされている必要があります。 Excel のインストール (32 ビットまたは 64 ビット) に一致するドライバーを選択します。

  1. [データ] > [Sybase Database からデータベース >からデータ >を取得する] を選択します。 

  2. [ Sybase データベース ] ダイアログ ボックスで、[サーバー名] ボックスに接続する Sybase サーバー を指定します。 オプションで [データベース名] も指定できます。

  3. ネイティブ データベース クエリを使ってデータをインポートするには、[SQL ステートメント] ボックスにクエリを指定します。 詳細については、「 ネイティブ データベース クエリを使用してデータベースからデータをインポートする」を参照してください。

  4. [OK] を選択します。

  5. 既定では、[接続の暗号化] チェック ボックスがオンになっているので、Power Queryは単純な暗号化接続を使用してデータベースに接続します。

  6. [接続] を選択します。

詳細については、「Sybase データベース (docs.com)」を参照してください。

注: Teradata データベースに接続する前に、コンピューターに .NET Data Provider for Teradata が必要です。

  1. [データ] > [Teradata Database からデータベース >からデータ >を取得する] を選択します。

  2. [Teradata データベース] ダイアログ ボックスの [サーバー名] で、接続先の Teradata サーバーを指定します。

  3. ネイティブ データベース クエリを使ってデータをインポートする場合は、[SQL ステートメント] ボックスにクエリを指定します。 詳細については、「 ネイティブ データベース クエリを使用してデータベースからデータをインポートする」を参照してください。

  4. [OK] を選びます。

  5. Teradata サーバーでデータベース ユーザーの資格情報が必要な場合:

    1. [データベースへのアクセス] ダイアログ ボックスで、ユーザー名とパスワードを入力します。

    2. [保存] をクリックします。

詳細については、「Terabase データベース (docs.com)」を参照してください。

注: 

  • この機能は、Office 2019 以降または Microsoft 365 サブスクリプションがある場合にのみ、Excel for Windows で使用できます。 Microsoft 365 サブスクリプションをお持ちの場合は、最新バージョンの Office があることをご確認ください

  • Power Query を使用して SAP HANA データベースに接続するには、コンピューターに SAP HANA ODBC ドライバーを事前にインストールする必要があります。 Power Query のインストール (32 ビットまたは 64 ビット) と一致するドライバーを選択します。

  • Web サイトにログインしてドライバーをダウンロードするには、SAP アカウントが必要です。 不明な点がある場合は、お客様の組織の SAP 管理者にお問い合わせください。

SAP HANA データベースに接続するには:

  1. [データ]、[新しいクエリ]、[データベースから]、[SAP HANA データベースから] の順にクリックします。

  2. [SAP HANA データベース] ダイアログ ボックスで、接続先のサーバーを指定します。 サーバー名は、<サーバー名>:<ポート> の形式で指定する必要があります。

    [SAP HANA データベース] ダイアログ ボックス
  3. 必要に応じて、ネイティブ データベース クエリを使用してデータをインポートする場合は、[詳細オプション ] を選択し、[ SQL ステートメント ] ボックスにクエリを入力します。

  4. [OK] を選択します。

  5. SAP HANA サーバーにデータベースのユーザー資格情報が必要な場合は、[SAP HANA データベースにアクセスします] ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。

    1. [データベース] タブをクリックし、ユーザー名とパスワードを入力します。

    2. [接続] をクリックします。 

高度なコネクタ オプションの詳細については、「SAP HANA データベース (docs.com)」を参照してください。

Azure SQL Database は、クラウド用に構築され、ミッション クリティカルなアプリケーションに使用される、高性能でフル マネージドのスケーラブルなリレーショナル データベースです。 詳細については、「Azure SQLとは」を参照してください。(docs.com).

  1. [データ] > [Azure SQL データベースから Azure > からデータ >を取得する] を選択します

  2. [Microsoft SQL データベース] ダイアログ ボックスの [サーバー名] ボックスで、接続先の SQL Server を指定します。 オプションで [データベース名] も指定できます。

  3. ネイティブ データベース クエリを使ってデータをインポートするには、[SQL ステートメント] ボックスにクエリを指定します。 詳しくは、ネイティブ データベース クエリを使ってデータベースからデータをインポートするをご覧ください。

    Power Query の [SQL Server データベース] 接続ダイアログ
  4. [OK] を選びます。

  5. SQL Server データベースに接続するための認証モードを選びます。

    Power Query の SQL Server の接続ログイン資格情報
    • Windows    これが既定の設定です。 Windows 認証を使用して接続する場合は、この設定を選びます。

    • データベース SQL Server認証を使用して接続する場合は、これを選択します。 この設定を選んだ後、ユーザー名とパスワードを指定して SQL Server インスタンスに接続します。

  6. 既定では [暗号化接続] チェック ボックスがオンになっており、Power Query とデータベース間の接続が暗号化されます。 接続に暗号化接続を使用しない場合は、このチェック ボックスをオフにして [接続] をクリックします。

    暗号化接続を使用して SQL Server との接続を確立しないと、暗号化されていない接続を使用することを確認するメッセージが表示されます。 メッセージで [OK] をクリックし、暗号化されていない接続を使用して接続します。

詳細なコネクタ オプションの詳細については、「Azure SQL データベース (docs.com)」を参照してください。

Azure Synapse Analytics は、Apache Spark を使用して Azure データ サービスと Power Platform に接続することで、ビッグ データ ツールとリレーショナル クエリを組み合わせています。 数百万行を短時間で読み込むことができます。 その後、クエリに使い慣れた SQL 構文を使用して、表形式データを操作できます。 詳細については、「Azure Synapse Analytics とは (docs.com)」を参照してください。

  1. [データ] > [Azure Synapse Analyticsから Azure> から データ >を取得する] を選択します。

  2. [Microsoft SQL データベース] ダイアログ ボックスの [サーバー名] ボックスで、接続先の SQL Server を指定します。 オプションで [データベース名] も指定できます。

  3. ネイティブ データベース クエリを使ってデータをインポートするには、[SQL ステートメント] ボックスにクエリを指定します。 詳しくは、ネイティブ データベース クエリを使ってデータベースからデータをインポートするをご覧ください。

    Power Query の [SQL Server データベース] 接続ダイアログ
  4. [OK] を選びます。

  5. SQL Server データベースに接続するための認証モードを選びます。

    Power Query の SQL Server の接続ログイン資格情報
    • Windows    これが既定の設定です。 Windows 認証を使用して接続する場合は、この設定を選びます。

    • データベース SQL Server認証を使用して接続する場合は、これを選択します。 この設定を選んだ後、ユーザー名とパスワードを指定して SQL Server インスタンスに接続します。

  6. 既定では [暗号化接続] チェック ボックスがオンになっており、Power Query とデータベース間の接続が暗号化されます。 接続に暗号化接続を使用しない場合は、このチェック ボックスをオフにして [接続] をクリックします。

    暗号化接続を使用して SQL Server との接続を確立しないと、暗号化されていない接続を使用することを確認するメッセージが表示されます。 メッセージで [OK] をクリックし、暗号化されていない接続を使用して接続します。

高度なコネクタ オプションの詳細については、「Azure Synapse Analytics (docs.com)」を参照してください。

Azure HDInsight は、大量のデータを処理する必要がある場合にビッグ データ分析に使用されます。 これは、データ ウェアハウスと機械学習をサポートします。データ フロー エンジンと考えることができます。 詳細については、「 Azure HDInsight とは」を参照してください。(docs.com).

  1. [データ] > [Azure HDInsight (HDFS)から Azure > からデータ >を取得する] を選択します。 

  2. HDInsight クラスターに関連付けられている Microsoft Azure Blob Storage アカウントのアカウントまたは URL を入力し、[OK] を選択します

  3. [ Access Microsoft Azure HDInsight ] ダイアログ ボックスで、 アカウント キーを入力し、[ 接続] をクリックします。

  4. [ ナビゲーター ] ダイアログでクラスターを選択し、コンテンツ ファイルを見つけて選択します。

  5. 選択したテーブルを読み込むには [読み込み ] を選択し、読み込む前に追加のデータ フィルターと変換を実行するには [編集] を 選択します。

Microsoft Azure Blob Storage は、画像、ビデオ、オーディオ、ドキュメントなど、大量の非構造化データを格納するためのサービスであり、HTTP または HTTPS を介して世界中のどこからでもアクセスできます。 Azure Blob Storage サービスの詳細については、「Blob Storage を使用する方法」を参照してください。

  1. [データ] > [Azure Blob Storageから Azure > からデータ >を取得する] を選択します。 

  2. [Microsoft Azure Blob Storage] ダイアログ ボックスで、Microsoft Azure ストレージ アカウント名または URL を入力し、[OK] を選択します

  3. BLOB ストレージ サービスに初めて接続する場合は、ストレージ アクセス キーの入力と保存を求められます。 [Access Microsoft Azure Blob Storage] ダイアログ ボックスの [アカウント キー] ボックスにストレージ アクセス キーを入力し、[保存] をクリックします。

    注: ストレージ アクセス キーを取得する必要がある場合は、 Microsoft Azure ポータルを参照し、ストレージ アカウントを選択し、ページの下部にある [ アクセス キーの管理 ] アイコンを選択します。 主キーの右側にあるコピー アイコンを選択し、[ アカウント キー] ボックスに値を貼り付けます。

  4. クエリ エディターには、Microsoft Azure Blob Storageで使用可能なすべてのコンテナーが一覧表示されます。 ナビゲーターで、データをインポートするコンテナーを選択し、[適用] & [閉じる] を選択します。

詳細については、「Azure Blob Storage (docs.com)」を参照してください。

Azure Storage は、さまざまなデータ オブジェクトのストレージ サービスを提供します。 Table Storage コンポーネントは、キーと属性のペアとして格納されている NoSQL データを対象とします。 詳細については、「 Table Storage の概要 (docs.com)」を参照してください。

  1. [データ] > [Azure Synapse Analyticsから Azure > からデータ >を取得する] を選択します。

  2. Microsoft Azure Table Storage アカウントのアカウント名 または URL を 入力し、[OK] を選択 します

重要: Azure Data Lake Storage Gen 1 は廃止されます。 詳細については、「アクションが必要: 2024 年 2 月 29 日までにAzure Data Lake Storage Gen2に切り替える」を参照してください。

  1. [データ] > [Azure Data Lake Storageから Azure > からデータ >を取得する] を選択します

  2. Microsoft Azure Data Lake Storage アカウントのアカウント名または URL を入力し、[OK] を選択します。

    例: swebhdfs://contoso.azuredatalake.net/

  3. 必要に応じて、[ ページ サイズ (バイト単位 )] ボックスに値を入力します。

詳細については、「Azure Data Lake Storage (docs.com)」を参照してください。

Azure Data Lake Storage Gen 2 は、さまざまなデータ ウェアハウスを 1 つの格納された環境に結合します。 新しい世代のクエリ ツールを使用して、ペタバイト単位のデータを操作して、データを探索および分析できます。 詳細については、「Azure Data Lake Storage (docs.com)」を参照してください。

  1. [Azure Data Lake Storage Gen2] ダイアログ ボックスで、アカウント URL を指定します。 Data Lake Storage Gen2の URL には、次のパターンがあります。

    https://<accountname>.dfs.core.windows.net/<コンテナー>/<サブフォルダー>
    たとえば、https://contosoadlscdm.dfs.core.windows.net/

  2. ファイル システム ビュー共通データ モデル (CDM) フォルダー ビューのどちらを使用するかを選択します。

  3. [OK] を選択します。

  4. 認証方法を選択する必要がある場合があります。

    たとえば、 組織 アカウントの方法を選択した場合は、[ サインイン ] を選択してストレージ アカウントにサインインします。 組織のサインイン ページにリダイレクトされます。 プロンプトに従ってアカウントにサインインします。 正常にサインインしたら、[接続] を選択 します

  5. [ナビゲーター] ダイアログ ボックスで情報を確認し、[データの変換] を選択してPower Query内のデータを変換するか、[読み込み] を選択してデータを読み込みます。

詳細については、「Azure Data Lake Storage (docs.com)」を参照してください。

Azure Data Explorerは、ログデータとテレメトリ データの高速で拡張性の高いデータ探索サービスです。 Web サイト、アプリケーション、IoT デバイスなど、あらゆるデータ ソースから大量の多様なデータを処理できます。 詳細については、「Azure Data Explorerとは (docs.com)」を参照してください。

  1. [データ] > [Azure Data Explorer から Azure > からデータ>を取得する] を選択します

  2. [Azure Data Explorer (Kusto)] ダイアログ ボックスで、適切な値を入力します。

    各プロンプトには、プロセスの説明に役立つ例が示されています。

  3. [OK] を選択します。

適切なアクセス許可を持つデータセットを組織からインポートするには、[ Power BI データセット ] ペインからデータセットを選択し、新しいワークシートにピボットテーブルを作成します。

  1. [ Data > Get Data > From Power BI (<テナント名>) を選択します。 [Power BI データセット] ウィンドウが表示されます。 <テナント名の>は、 組織 (Power BI (Contoso) など) によって異なります。

  2. 使用可能なデータセットが多数ある場合は、[ 検索 ] ボックスを使用します。 検索対象のバージョンと環境のキーワード フィルターを表示するには、ボックスの横にある矢印を選択します。

  3. データセットを選択し、新しいワークシートにピボットテーブルを作成します。 詳細については、「ピボットテーブルとピボットグラフの概要」を参照してください。

Power BI の詳細については、「Power BI データセットからピボットテーブルを作成する」および「Office 365 ヘルプ (docs.com) の Power BI でのデータ管理エクスペリエンス」を参照してください。

データフローは、Microsoft Dataverse 環境、Power BI ワークスペース、または Azure Data Lake へのデータの取り込み、変換、読み込みを可能にするデータ準備テクノロジです。 データフローをトリガーして、データが常に最新の状態に保たれるように、オンデマンドまたはスケジュールに基づいて自動的に実行できます。

  1. [データ] > [データフローからデータ >を取得する] >を選択します

  2. メッセージが表示されたら、必要な資格情報を入力するか、別のユーザーとしてサインインします。 [ ナビゲーター ] ウィンドウが表示されます。

  3. 左側のウィンドウでデータフローを選択して、右側のウィンドウでプレビューします。

  4. 以下のいずれかを実行します。

    • ワークシートにデータを追加するには、[ 読み込み] を選択します。

    • データをPower Query エディターに追加するには、[データの変換] を選択します。

詳細については、「 Microsoft Power Platform 全体のデータフローの概要」を参照してください。

Dataverse を使用して、クラウドにデータを安全に格納および管理します。 組織に固有のカスタム テーブルを作成またはインポートし、Power Queryを使用してデータを設定してから、Power Apps または Microsoft Access を使用して豊富なビジネス アプリケーションを構築できます。

  1. [データ] > [Dataverseから Power Platform >からデータ >を取得する] を選択します。

  2. メッセージが表示されたら、必要な資格情報を入力するか、別のユーザーとしてサインインします。 [ナビゲーター] ウィンドウが表示されます。

  3. 左側のウィンドウでデータを選択して、右側のウィンドウでプレビューします。

  4. 以下のいずれかを実行します。

    • ワークシートにデータを追加するには、[ 読み込み] を選択します。

    • データをPower Query エディターに追加するには、[データの変換] を選択します。

詳細については、「 Microsoft Dataverse とは」を参照してください。

  1. [データ] > [オンライン サービスからデータ >を取得する] > [SharePoint Online List] を選択します

  2. [ SharePoint フォルダー] ダイアログ ボックスで、ライブラリへの参照を含まない SharePoint サイトのルート URL を入力し、ライブラリに移動します。

  3. [詳細] オプションを有効にする [2.0 Beta SharePoint 実装] を選択すると、[表示] モードを選択できます。

    [すべて   ] SharePoint リストからすべての列を取得します。
    既定    SharePoint リストの 既定のビューで設定されている列を取得します。

  4. 2.0 Beta の代わりに、以前のバージョンの SharePoint に対応する 1.0 を選択できます。

高度なコネクタ オプションの詳細については、「SharePoint Online リスト (docs.com)」を参照してください。

  1. [データ] > [SharePoint Online リストからオンライン サービスからデータ >を取得する] を選択します。

  2. [ Microsoft Exchange ] ダイアログ ボックスで、エイリアス>@<organization>.com の形式でメール アドレス<入力します。

  3. 多数のオブジェクトがある場合は、[検索] ボックスを使用してオブジェクトを見つけるか、[更新] ボタンと共に [表示オプション] を使用してリストをフィルター処理します。

  4. ダイアログ ボックスの下部にある [ エラーのあるファイルをスキップ する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

  5. 目的のテーブル (予定表メール会議出席依頼People、タスク) を選択します

  6. 以下のいずれかを実行します。

  • クエリを作成し、ワークシートに読み込むには、[ 読み込み ]> [読み込み] を選択します。

  • クエリを作成し、[ データのインポート ] ダイアログ ボックスを表示するには、[ 読み込み ]> [読み込み] を選択します。

  • クエリを作成し、Power Query エディターを起動するには、[データの変換] を選択します。

  1. 接続する 環境 を選択します。

  2. メニューで、[設定] アイコン> [開発者向けリソース>高度なカスタマイズ] を選択します。

  3. インスタンス Web API の値をコピーします。 

    注: 

    • URL 形式は次のようになりますhttps://<tenant>.crm.dynamics.com/api/data/v9.0.

    • 接続に使用する URL の正確な形式は、使用しているリージョンと CDS for Apps のバージョンによって異なります。 詳細については、「Web API URL とバージョン (docs.com)」を参照してください。

  4. [データ] > [オンライン サービスからデータ >を取得する] > Dynamics 365 (オンライン) を選択します。

  5. ダイアログ ボックスの [ 基本 ] オプションが選択されている状態で、CDS for Apps 接続の Web API URL を 入力し、[ OK] をクリックします。

  6. [ 組織アカウント] を選択します

    • Dataverse for Apps へのアクセスに使用する Microsoft Work または School アカウントを使用してサインインしていない場合は、[サインイン ] を選択し、アカウントのユーザー名とパスワードを入力します。

  7. [接続] を選択します。

  8. [ ナビゲーター ] ダイアログで、取得するデータを選択します。

  9. データが正しいことを確認し、[読み込み] または [編集] を選択してPower Query エディターを開きます。

  1. [データ] > [Salesforce オブジェクトからオンライン サービス >からデータ >を取得する] を選択します[Salesforce オブジェクト] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [ 運用] または [カスタム] を選択 します。 [ カスタム] を選択した場合は、カスタム インスタンスの URL を入力します。

  3. [ リレーションシップ列を含める] を選択または選択解除します。

  4. [OK] を選択します。

高度なコネクタ オプションの詳細については、「Salesforce オブジェクト (docs.com)」を参照してください。

Salesforce レポートには、各レポートの最初の 2,000 行のみを取得する API 制限があるため、必要に応じて Salesforce オブジェクト コネクタを使用してこの制限を回避することを検討してください。

  1. [ Data > Get Data > from Online Services > From Salesforce Reports]\(Salesforce レポートからデータ >を取得する\) を選択します。 [Salesforce レポート] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [ 運用] または [カスタム] を選択 します。 [ カスタム] を選択した場合は、カスタム インスタンスの URL を入力します。

  3. [ リレーションシップ列を含める] を選択または選択解除します。

  4. [OK] を選択します。

高度なコネクタ オプションの詳細については、「Salesforce レポート (docs.com)」を参照してください。

Adobe Analytics コネクタの最新バージョンがあることを確認します。 詳細については、「Power BI Desktop で Adobe Analytics に接続する (docs.com)」を参照してください。

  1. [データ> Adobe Analyticsからオンライン サービス >からデータ >を取得する] を選択します。

  2. [Continue] (続行) を選択します。 [ Adobe アカウント] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. Adobe Analytics 組織アカウントでサインインし、[接続] を選択します。

高度なコネクタ オプションの詳細については、「Adobe Analytics」を参照してください。

詳細については、「 テーブル/範囲から」を参照してください。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

手順

  1. [ Data > New Query > from other sources > From Web] を選択します。

  2. [ Web から ] ダイアログ ボックスで、Web ページ の URL を入力し、[OK] をクリック します

    Power Query > Web から > URL の入力ダイアログ

    この場合は、http://en.wikipedia.org/wiki/UEFA_European_Football_Championship を使用します。

    Web ページでユーザーの資格情報が必要な場合:

    • [ 詳細設定] を選択し、[ Access Web ] ダイアログ ボックスで資格情報を入力します。

    • 保存を選択します。

  3. [OK] を選択します。

  4. [ナビゲーター] ウィンドウで、次の操作を行います。

    [結果] などの [テーブル ビュー] を選択します。



    Power Query > Web から > ナビゲーターのテーブル ビュー [Web ビュー] を選択して、テーブルを Web ページとして表示します。

    Power Query > Web から > ナビゲーター > Web ビュー

  5. [ 読み込み] を選択して、ワークシートにデータを読み込みます。

高度なコネクタ オプションの詳細については、「Web (docs.com)」を参照してください。

Microsoft Query は長い時間が経過しており、依然として人気があります。 多くの点で、それはPower Queryの前駆者です。 詳細については、「Microsoft Query を使用して外部データを取得する」を参照してください。

  1. [データ] > [SharePoint リストから>他のソースからデータ >を取得する] を選択します。

  2. [ Microsoft SharePoint リスト ] ダイアログ ボックスで、 SharePoint サイトの URL を入力します。

    注: SharePoint リストに接続するとき、リストの URL ではなくサイトの URL を入力します。 [SharePoint へのアクセス] ダイアログ ボックスで、サイトを正しく認証するために、最も一般的な URL を選びます。 既定では、最も一般的な URL が選ばれています。

  3. [OK] を選択します。

  4. [ SharePoint へのアクセス ] ダイアログ ボックスで、資格情報オプションを選択します。

    • [匿名] は、SharePoint Server が資格情報を必要としていない場合に選びます。

      Excel Power Query Sharepoint List Connect ダイアログに接続する

    • [Windows] は、SharePoint Server が Windows 資格情報を必要としている場合に選びます。

    • [組織アカウント] は、SharePoint Server が組織アカウントの資格情報を必要としている場合に選びます。

  5. [接続] を選びます。

高度なコネクタ オプションの詳細については、「SharePoint リスト (docs.com)」を参照してください。

  1. [データ] > OData フィードから>他のソースからデータ >を取得する] を選択します。 

  2. [OData フィード] ダイアログ ボックスで、OData フィードの URL を入力します。

  3. [OK] を選びます。

  4. OData フィードでユーザーの資格情報が必要な場合は、[OData フィードへのアクセス] ダイアログ ボックスで次の手順に従います。

    1. OData フィードで Windows 認証が必要な場合は、[Windows] を選びます。

    2. OData フィードでユーザー名とパスワードが必要な場合は、[基本] を選びます。

    3. OData フィード に Marketplace アカウント キー が必要な場合は、[Marketplace キー] を選択します。 [Marketplace アカウント キーの取得] を選択して、Microsoft Azure Marketplace OData フィードをサブスクライブできます。 [OData フィードにアクセスする] ダイアログ ボックスから Microsoft Azure Marketplaceにサインアップすることもできます。

    4. OData フィードでフェデレーション アクセスの資格情報が必要な場合は [組織アカウント] をクリックします。 Windows Live ID の場合は、自分のアカウントにログインします。

    5. [保存] を選びます。

注: OData フィードへのインポートでは、JSON ライト データ サービス形式がサポートされています。

高度なコネクタ オプションの詳細については、「OData フィード (docs.com)」を参照してください。

Hadoop 分散ファイル システム (HDFS) は、テラバイトとペタバイトのデータを格納するように設計されています。 HDFS は、データ ファイルが分散されているクラスター内のコンピューター ノードを接続し、これらのデータ ファイルに 1 つのシームレス なファイル ストリームとしてアクセスできます。

  1. [データ] > [Hadoop ファイル (HDFS)から>他のソースからデータ >を取得する] を選択します。

  2. [ サーバー ] ボックスにサーバーの名前を入力し、[OK] を選択 します

  1. [データ] > [Active Directory から>他のソースからデータ >を取得する] を選択します

  2. [Active Directory] ダイアログ ボックスにドメインを入力します。

  3. ドメインの [Active Directory ドメイン] ダイアログ ボックスで、[現在の資格情報を使用する] を選択するか、[代替資格情報を使用する] を選択し、ユーザー名パスワードを入力します。

  4. [接続] を選択します。

  5. 接続が成功したら、[ ナビゲーター ] ウィンドウを使用して Active Directory 内で使用可能なすべてのドメインを参照し、ユーザー、アカウント、コンピューターなどの Active Directory 情報にドリルダウンします。

  1. [データ] > [Microsoft Exchangeから>他のソースからデータ >を取得する] を選択します。 

  2. [Exchange Serverにアクセス] ダイアログ ボックスで、Emailアドレスとパスワードを入力します

  3. 保存を選択します。

  4. [Microsoft Exchange 自動検出サービス] ダイアログ ボックスで、[許可] を選択して、Exchange サービスが資格情報を信頼できるようにします。

  1. [データ] > [ODBC から>他のソースからデータ >を取得する] を選択します。 

  2. [ ODBC から ] ダイアログ ボックスが表示されたら、 データ ソース名 (DSN) を選択します。

  3. 接続文字列を入力し、[OK] を選択します

  4. 次のダイアログ ボックスで、 既定またはカスタムWindows、または データベース 接続オプションから選択し、資格情報を入力して、[接続] を選択します。

  5. [ ナビゲーター ] ウィンドウで、接続するテーブルまたはクエリを選択し、[ 読み込み ] または [編集] を選択します。

高度なコネクタ オプションの詳細については、「ODBC データ ソース (docs.com)」を参照してください。

  1. [データ] > OLEDBから>他のソースからデータ >を取得する] を選択します。 

  2. [ OLE DB から ] ダイアログ ボックスで、接続文字列を入力し、[OK] を選択します

  3. [ OLEDB プロバイダー ] ダイアログで、 既定またはカスタムWindows、または データベース 接続オプションから選択し、適切な資格情報を入力して、[接続] を選択します。

  4. [ ナビゲーター ] ダイアログ ボックスで、接続するデータベースとテーブルまたはクエリを選択し、[読み込み ] または [編集] を選択します。

重要:  Facebook データ コネクタの廃止に関する通知   Excel で Facebook からデータをインポートおよび更新すると、2020 年 4 月に動作が停止します。 それまでは Facebook Power Query (& 変換を取得) コネクタを使用できますが、2020 年 4 月以降、Facebook に接続できず、エラー メッセージが表示されます。 予期しない結果を避けるために、できるだけ早く Facebook コネクタを使用する既存のPower Query (Get & Transform) クエリを変更または削除することをお勧めします。

注: Facebook に初めて接続する場合は、資格情報の入力を求められます。 Facebook アカウントを使用してサインインし、Power Query アプリケーションへのアクセスを許可します。 [このコネクタについて今後は警告を表示しない] オプションをクリックすると、今後プロンプトが表示されなくなります。

  1. [データ] タブで、[データ取り出し]、[オンライン サービスから]、[Facebook から] の順にクリックします。 [データの取り出し] ボタンが表示されない場合は、[新しいクエリ]、[その他のソースから]、[Facebook から] の順にクリックします。

  2. [Facebook] ダイアログ ボックスで、“Me”、ユーザー名、またはオブジェクト ID を使用して Facebook に接続します。

    注: Facebook のユーザー名はログイン メールとは異なります。

  3. [接続] ドロップダウン リストから接続するカテゴリを選びます。 たとえば、[友達] を選ぶと、Facebook の [友達] カテゴリで使用できるすべての情報にアクセスできます。

  4. [OK] をクリックします。

  5. 必要に応じて、[Facebook へのアクセス] ダイアログから [サインイン] をクリックし、Facebook 用のメール アドレスまたは電話番号とパスワードを入力します。 オプションをクリックしてログインしたままにすることもできます。 サインインが完了したら、[接続] をクリックします。

  6. 接続に成功すると、選んだカテゴリの情報が含まれるテーブルをプレビューできるようになります。 たとえば [友達] カテゴリを選ぶと、Power Query で Facebook の友達名ごとのテーブルが表示されます。

  7. [読み込み] または [編集] をクリックします。

空のクエリを作成できます。 データを入力していくつかのコマンドを試すか、Power Queryからソース データを選択できます。

  • 資格情報やプライバシーなどの設定を変更するには、[ ホーム ]> [ データ ソースの設定] を選択します。 詳細については、「 データ ソースの設定とアクセス許可を管理する」を参照してください。

  • 外部データ ソースをインポートするには、[ホーム ]> [新しいソース] を選択します。 このコマンドは、Excel リボンの [データ] タブの [データ取得] コマンドに似ています。

  • 最近使ったソースをインポートするには、[ホーム ]> [ 最近使ったソース] を選択します。 このコマンドは、Excel リボンの [データ] タブの [最近使ったソース] コマンドに似ています。

2 つの外部データ ソースをマージするときに、2 つのテーブル間にリレーションシップを作成する 2 つのクエリを結合します。

詳細については、「クエリのマージ (Power Query)」複数のデータ ソースを結合する方法 (Power Query)、「クエリのマージの概要 (docs.com)」を参照してください。 

2 つ以上のクエリを追加すると、両方のテーブルの列ヘッダーの名前に基づいてデータがクエリに追加されます。 クエリに一致する列がない場合、一致しない列に null 値が追加されます。 クエリは、選択された順序で追加されます。

詳細については、「クエリの追加 (Power Query)」と「クエリの追加 (docs.com)」を参照してください。

開発者の場合、Excel 内には、データのインポートに使用できるいくつかの方法があります。

  • Visual Basic for Applicationsを使用して、外部データ ソースにアクセスできます。 データ ソースに応じて、ActiveX データ オブジェクトまたはデータ アクセス オブジェクトを使用してデータを取得できます。 また、接続情報を指定する接続文字列をコードで定義することもできます。 接続文字列の使用は、たとえば、システム管理者やユーザーが最初に接続ファイルを作成したり、アプリケーションのインストールを簡略化したりする必要がないようにする場合に便利です。

  • SQL Server データベースからデータをインポートする場合は、OLE DB と ODBC の両方で使用されるスタンドアロン データ アクセス アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) である SQL Native Client の使用を検討してください。 SQL OLE DB プロバイダーと SQL ODBC ドライバーを 1 つのネイティブダイナミック リンク ライブラリ (DLL) に結合すると同時に、Microsoft Data Access Components (MDAC) とは別の新しい機能も提供します。 SQL Native Client を使用すると、新しいアプリケーションを作成したり、複数のアクティブな結果セット (MARS)、User-Defined型 (UDT)、XML データ型のサポートなど、新しいSQL Server機能を利用できる既存のアプリケーションを拡張したりできます。

  • RTD 関数は、COM オートメーションをサポートするプログラムからリアルタイム データを取得します。 RTD COM オートメーション アドインは、ローカルのコンピューターで作成し、登録する必要があります。

  • SQL。REQUEST 関数は、外部データ ソースと接続し、ワークシートからクエリを実行します。 SQL。REQUEST 関数は、マクロ プログラミングを必要とせずに結果を配列として返します。 この関数が使用できない場合、Microsoft Excel ODBC アドイン プログラム (XLODBC.XLA) をインストールする必要があります。 アドインは、 Office.comからインストールできます。

Visual Basic for Applicationsの作成の詳細については、「Visual Basic ヘルプ」を参照してください。

  1. [データ] > [データの取得 ] (Power Query) を選択します

  2. [ データ ソースの選択 ] ダイアログ ボックスで、[ Excel ブック] を選択します。

  3. [ 参照] を 選択して、データ ソースとして接続するファイルを見つけます。

  4. [ ファイル ピッカー ] ダイアログ ボックスで、ファイルを選択し、ファイルの詳細を確認し、[ データの取得] と [次へ] を選択します。

  5. 左側でインポートするデータを選択し、右側でデータ プレビューで選択内容を確認します。

  6. 右下の [ 読み込み] を選択します。

  1. [データ] > [データの取得 ] (Power Query) を選択します

  2. [ データ ソースの選択 ] ダイアログ ボックスで、[ テキスト/CSV] を選択します。

  3. [ 参照] を 選択して、データ ソースとして接続するファイルを見つけます。

  4. [ ファイル ピッカー ] ダイアログ ボックスで、ファイルを選択し、ファイルの詳細を確認し、[ データの取得] と [次へ] を選択します。

  5. データ プレビューでファイルの配信元と区切り記号の選択を確認します。

  6. 右下の [ 読み込み] を選択します。

  1. [データ] > [データの取得 ] (Power Query) を選択します

  2. [ データ ソースの選択 ] ダイアログ ボックスで、[ XML] を選択します。

  3. [ 参照] を 選択して、データ ソースとして接続するファイルを見つけます。

  4. [ ファイル ピッカー ] ダイアログ ボックスで、ファイルを選択し、ファイルの詳細を確認し、[ データの取得] と [次へ] を選択します。

  5. 左側でインポートするデータを選択し、右側でデータ プレビューで選択内容を確認します。

  6. 右下の [ 読み込み] を選択します。

  1. [データ] > [データの取得 ] (Power Query) を選択します

  2. [ データ ソースの選択 ] ダイアログ ボックスで、[ JASON] を選択します。

  3. [ 参照] を 選択して、データ ソースとして接続するファイルを見つけます。

  4. [ ファイル ピッカー ] ダイアログ ボックスで、ファイルを選択し、ファイルの詳細を確認し、[ データの取得] と [次へ] を選択します。

  5. 右下にある [ 閉じる] & [読み込み] を選択します。

  1. [データ] > [データの取得 ] (Power Query) を選択します

  2. [データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで、データベースSQL Server選択します。

  3. [ 接続設定] で、サーバーの名前を入力します。

  4. [ 接続資格情報] で、ユーザー名とパスワードを入力し、暗号化された接続を使用するかどうかを決定し、[ 次へ] を選択します。

  5. 左側でインポートするデータを選択し、右側でデータ プレビューで選択内容を確認します。

  6. 右下の [ 読み込み] を選択します。

  1. [データ] > [データの取得 ] (Power Query) を選択します

  2. [ データ ソースの選択 ] ダイアログ ボックスで、[ SharePoint Online リスト] を選択します。

  3. [ データ ソースへの接続 ] ダイアログ ボックスで、ライブラリへの参照を含まない SharePoint サイトのルート URL を入力し、組織のアカウントにサインインします。

  4. 2.0 SharePoint 実装を選択します。これにより、詳細オプションが有効になり、表示モードを選択できます。

    • すべて SharePoint リストからすべての列を取得します。

    • SharePoint リストの既定のビューで設定された列を取得する既定値。

    メモ    2.0 の代わりに、以前のバージョンの SharePoint に対応する 1.0 を選択できます。

  5. [次へ] を選択します。

  6. 左側でインポートするデータを選択し、右側でデータ プレビューで選択内容を確認します。

  7. 右下の [ 読み込み] を選択します。

  1. [データ] > [データの取得 ] (Power Query) を選択します

  2. [ データ ソースの選択 ] ダイアログ ボックスで、[ OData] を選択します。

  3. [ OData フィード ] ダイアログ ボックスで、OData フィードの URL を入力します。

  4. OData フィードでユーザー資格情報が必要な場合は、[ 接続資格情報 ] ダイアログ ボックスの [認証の種類] で次の 手順を実行します。

    • OData フィードでユーザー名とパスワードが必要な場合は、[ 基本 ] を選択します。

    • OData フィードでフェデレーション アクセス資格情報が必要な場合は 、[ 組織アカウント ] を選択し、[サインイン] を選択します。

  5. [次へ] を選択します。

  1. [データ] > [データの取得 ] (Power Query) を選択します

  2. [ データ ソースの選択 ] ダイアログ ボックスで、[ 空のテーブル] を選択します。

  3. 目的のデータをテーブルのセルに入力します。 下部の [ 名前 ] でテーブルの名前を変更することもできます。

  4. [次へ] を選択します。

  5. クエリを編集した後、右上にある [ 閉じる] &読み込みを選択します。

  1. [データ] > [データの取得 ] (Power Query) を選択します

  2. [ データ ソースの選択 ] ダイアログ ボックスで、[ 空のクエリ] を選択します。

  3. 目的のソースとコマンドを入力し、[ 次へ] を選択します。

  4. クエリを編集した後、右上にある [ 閉じる] &読み込みを選択します。

Power Query アドインを使用して外部データ ソースに接続し、高度なデータ分析を実行できます。 次のセクションでは、データ ソース (Web ページ、テキスト ファイル、データベース、オンライン サービス、Excel ファイル、テーブル、および範囲) に接続する手順について説明します。

重要: Excel 2013 でPower Queryを使用するには、アクティブ化する必要があります。[ファイル > オプション] > [アドイン] をクリックします。 下部の [ 管理 ] セクションで、ドロップダウン リストから [COM アドイン ] オプションを選択し、[ 移動] をクリックします。 [Power Query] チェック ボックスオンにし、[OK] をクリックします。 Power Query リボンは自動的に表示されますが、表示されない場合は、Excel を閉じて再起動します。

クエリ エディターの使い方

注:  Power Queryを使用して新しいクエリを読み込み、編集、または作成すると、クエリ エディターが表示されます。 次のビデオは、Excel ブックからクエリを編集した後で表示される [クエリ エディター] ウィンドウを示します。 既存のブック クエリを読み込んだり編集したりせずにクエリ エディターを表示するには、[Power Query] リボン タブの [外部データの取得] セクションから、[その他のソースから] > [空のクエリ] を選択します。 次のビデオは、クエリ エディターを表示する 1 つの方法を示します。

Excel でクエリ エディターを表示する方法

  1. [Power Query] リボン タブで、[ファイルから] > [CSV から] または [テキストから] をクリックします。

  2. [ コンマ区切り値の参照 ] ダイアログ ボックスで、クエリを実行するファイルのパスを参照または入力します。

  3. [開く] をクリックします。

注: CSV ファイルからデータをインポートする場合、列の名前やデータ型などの列区切り記号は Power Query によって自動的に検出されます。 たとえば、次の例の CSV ファイルをインポートすると、Power Query は自動的に、最初の行を列名として使用し、各列のデータ型を変更します。

サンプル CSV ファイル

CSV ファイルの画像

Power Query は、次のように、それぞれの列のデータ型を自動的に変更します。

  • 受注 ID を数値に変更

  • 受注日を日付に変更

  • カテゴリはテキスト (列の既定のデータ型) のまま

  • 製品名はテキスト (列の既定のデータ型) のまま

  • 売上高は数値に変更

クエリ エディターでは、Power Query によって FirstRowAsHeader ステップと ChangeType ステップが自動的に適用されます。 これらの自動アクションは、行を手動で 昇格させ、 各列の種類を手動で変更する場合と同じです。

列Power Query自動検出した後、クエリ エディターを使用してPower Queryの数式を記述することもできます。 その例を以下に示します。

= Csv.Document(File.Contents("C:\Examples\Products Categories and Orders.csv"),null,",",null,1252)

= Table.PromoteHeaders(Source)

= Table.TransformColumnTypes(FirstRowAsHeader,{{"OrderID", type number}, {"CustomerID", type text}, {"EmployeeID", type number}, {"OrderDate", type date}, {"RequiredDate", type date}, {"ShipName", type text}})

注:  クエリ エディターは、Power Query を使用して新しいクエリの読み込み、編集、または作成を行うときにのみ表示されます。 次のビデオは、Excel ブックからクエリを編集した後で Excel 2013 に表示される [クエリ エディター] ウィンドウを示します。 既存のブック クエリを読み込んだり編集したりせずにクエリ エディターを表示するには、[Power Query] リボン タブの [外部データの取得] セクションから、[その他のソースから] > [空のクエリ] を選択します。 次のビデオは、クエリ エディターを表示する 1 つの方法を示します。

Excel でクエリ エディターを表示する方法

  1. データ範囲内のセルを選択します。

  2. Power Query のリボン タブで、[ソース テーブル] をクリックします。

    Excel のデータ テーブルと接続する

  3. 範囲の選択が求められた場合、[ソース テーブル] ダイアログ ボックスでは、[範囲の選択] をクリックすると、データ ソースとして使用する特定の範囲を選択できます。

    [テーブルから] ダイアログ ボックス

  4. データの範囲に列見出しが含まれる場合は、[先頭行をテーブルの見出しとして使用する] をオンにすることができます。 範囲の見出しセルは、クエリの列名を設定するために使用されます。

  5. クエリ エディターで、[値の置換] をクリックします。

注: データ範囲が名前付き範囲として定義されている場合、あるいは Excel 表に入っている場合、Power Query は自動的に範囲全体を検出し、クエリ エディターに読み込みます。 クエリ エディターに読み込まれるとき、プレーン データは表に変換されます。

クエリ エディターを使用すると、Power Query 用の式を作成できます。

= Excel.CurrentWorkbook(){[Name="Table1"]}[Content]

クエリ エディターの数式例

注:  クエリ エディターは、Power Query を使用して新しいクエリの読み込み、編集、または作成を行うときにのみ表示されます。 次のビデオは、Excel ブックからクエリを編集した後で表示される [クエリ エディター] ウィンドウを示します。 既存のブック クエリを読み込んだり編集したりせずにクエリ エディターを表示するには、[Power Query] リボン タブの [外部データの取得] セクションから、[その他のソースから] > [空のクエリ] を選択します。 次のビデオは、クエリ エディターを表示する 1 つの方法を示します。

Excel でクエリ エディターを表示する方法

  1. Power Query のリボン タブで、[ファイルから]、[Excel から] の順にクリックします。

  2. [ Excel の参照 ] ダイアログ ボックスで、クエリを実行するファイルのパスを参照または入力します。

  3. [開く] をクリックします。

    ソースのブックに名前付き範囲が含まれている場合、範囲の名前をデータ セットとして使用できます。

クエリ エディターを使用して、Power Query 用の式を作成することもできます。 その例を以下に示します。

= Excel.Workbook
 (File.Contents("C:\Example\Products and Orders.xlsx"))

注:  クエリ エディターは、Power Query を使用して新しいクエリの読み込み、編集、または作成を行うときにのみ表示されます。 次のビデオは、Excel ブックからクエリを編集した後で Excel 2013 に表示される [クエリ エディター] ウィンドウを示します。 既存のブック クエリを読み込んだり編集したりせずにクエリ エディターを表示するには、[Power Query] リボン タブの [外部データの取得] セクションから、[その他のソースから] > [空のクエリ] を選択します。 次のビデオは、クエリ エディターを表示する 1 つの方法を示します。

Excel でクエリ エディターを表示する方法

注: 特定の設定で以前の Excel ファイルや Access データベースからデータをインポートしようとすると、"Microsoft Access データベース エンジン (Microsoft.ACE.OLEDB.12.0 プロバイダー) は登録されていません" というエラーがローカル マシンに表示されます。 このエラーは、Office 2013 のみがインストールされているシステムで発生します。 このエラーを解決するには、次のリソースをダウンロードして、アクセスしようとしているデータ ソースを使用できるようにする必要があります。

  1. [Power Query] リボンをクリックして、[Web クエリ] をクリックします。

  2. [Web クエリ] ダイアログ ボックスで、Web ページの [URL] を入力し、[OK] をクリックします。

    Power Query > Web から > URL の入力ダイアログ

    この場合は、http://en.wikipedia.org/wiki/UEFA_European_Football_Championship を使用します。

    Web ページでユーザーの資格情報が必要な場合:

    • [Web コンテンツへのアクセス] ダイアログ ボックスで資格情報オプションをクリックし、認証値を入力します。

    • [保存] をクリックします。

  3. [OK] をクリックします。

  4. Power Query が Web ページを分析し、テーブル ビューで [ナビゲーター] ウィンドウを読み込みます。

    接続するテーブルがわかっている場合、一覧からクリックします。 この例では、Results テーブルを選択します。

    Power Query > Web から > ナビゲーターのテーブル ビュー

    それ以外の場合、Web ビューに切り替え、適切なテーブルを手動で選びます。 この場合、Results テーブルを選びました。

    Power Query > Web から > ナビゲーター > Web ビュー
  5. [読み込み] をクリックすると、Power Query によって選択した Web データが Excel に読み込まれます。

  1. [Power Query] リボン タブで、[データベースから]、[SQL Server データベースから] の順にクリックします。

    Power Query の [データベースから] オプション
  2. [Microsoft SQL データベース] ダイアログ ボックスの [サーバー名] ボックスで、接続先の SQL Server を指定します。 オプションで [データベース名] も指定できます。

  3. ネイティブ データベース クエリを使ってデータをインポートするには、[SQL ステートメント] ボックスにクエリを指定します。 詳しくは、ネイティブ データベース クエリを使ってデータベースからデータをインポートするをご覧ください。

    Power Query の [SQL Server データベース] 接続ダイアログ
  4. [OK] を選びます。

  5. SQL Server データベースに接続するための認証モードを選びます。

    Power Query の SQL Server の接続ログイン資格情報
    1. Windows: これは既定の選択です。 Windows 認証を使用して接続する場合は、この設定を選びます。

    2. [データベース]: SQL Server 認証を使用して接続する場合は、この設定を選びます。 この設定を選んだ後、ユーザー名とパスワードを指定して SQL Server インスタンスに接続します。

  6. 既定では [暗号化接続] チェック ボックスがオンになっており、Power Query とデータベース間の接続が暗号化されます。 接続に暗号化接続を使用しない場合は、このチェック ボックスをオフにして [接続] をクリックします。

    暗号化接続を使用して SQL Server との接続を確立しないと、暗号化されていない接続を使用することを確認するメッセージが表示されます。 メッセージで [OK] をクリックし、暗号化されていない接続を使用して接続します。

数式の例

クエリ エディターを使用して、Power Query 用の式を作成することもできます。

= Sql.Databases(".")
= Sql.Database(".","Contoso")

  1. リボンの [Power Query] タブをクリックし、[ODBCから他のソースから外部データ >を取得] >選択します。

  2. [ ODBC から ] ダイアログが表示されたら、 データ ソース名 (DSN) を選択します。

  3. 接続文字列を入力し、[ OK] を押します

  4. 次のダイアログ ボックスで、 既定またはカスタムWindows、または データベース 接続オプションから選択し、資格情報を入力して 、Connect キーを押します。

  5. [ ナビゲーター ] ウィンドウで、接続するテーブルまたはクエリを選択し、[ 読み込み] または [編集] を押します。

  1. [Power Query] リボン タブで、[データベースから] > [アクセス データベースから] を選択します。

    [データベースからデータを取得する] ダイアログ

  2. [ 参照 ] ダイアログ ボックスで、インポートまたはファイルへのリンクを行うファイル URL を参照または入力します。

  3. [ナビゲーター] ダイアログの手順に従って、任意のテーブルまたはクエリに接続します。

  4. [読み込み] または [編集] をクリックします。

  1. [Power Query] リボン タブで、[ファイルから] > [XML から] をクリックします。

    [ファイルからPower Query] ダイアログ
  2. [ XML 参照から ] ダイアログ ボックスで、インポートまたはファイルへのリンクを行うファイル URL を参照または入力します。

  3. [開く] をクリックします。

    接続が成功すると、[ ナビゲーター ] ウィンドウを使用して、XML ファイル内の項目のコレクションを表形式で参照およびプレビューできます。

クエリ エディターを使用して、Power Query 用の式を作成することもできます。 その例を以下に示します。

= Xml.Tables(File.Contents("C:\Downloads\XML Example.xml"))

注:  クエリ エディターは、Power Query を使用して新しいクエリの読み込み、編集、または作成を行うときにのみ表示されます。 次のビデオは、Excel ブックからクエリを編集した後で表示される [クエリ エディター] ウィンドウを示します。 既存のブック クエリを読み込んだり編集したりせずにクエリ エディターを表示するには、[Power Query] リボン タブの [外部データの取得] セクションから、[その他のソースから] > [空のクエリ] を選択します。 次のビデオは、クエリ エディターを表示する 1 つの方法を示します。

  1. [ データ ] タブの [ 外部データの取得 ] グループで、[ 他のソースから] をクリックし、[ Analysis Services から] をクリックします。

    Excel のリボンの画像

    データ接続ウィザードが表示されます。 このウィザードには 3 つのペインがあります。

    • データベース サーバーへの接続

    • [データベースとテーブル] の選択

    • データ接続ファイルの保存と完了

  2. [ データベース サーバーへの接続 ] ウィンドウの [ サーバー名 ] ボックスに、OLAP データベース サーバーの名前を入力します。

    ヒント: 接続するオフライン キューブ ファイルの名前がわかっている場合は、完全なファイル パス、ファイル名、および拡張子を入力できます。

  3. [ ログオン資格情報] で、次のいずれかの操作を行い、[ 次へ] をクリックします。

    • 現在の Windows ユーザー名とパスワードを使用するには、[ Windows 認証の使用] をクリックします。

    • データベースのユーザー名とパスワードを入力するには、[以下のユーザー名とパスワードを使用する] をクリックし、[ユーザー名] にユーザー名を、[パスワード] ボックスにパスワードを入力します。

  4. [ 目的のデータを含むデータベースの選択 ] ウィンドウでデータベースを選択し、[ 次へ] をクリックします。

    データベース内の特定の キューブ に接続するには、[ 特定のキューブまたはテーブルに接続する ] が選択されていることを確認し、一覧からキューブを選択します。

  5. [ データ接続ファイルと完了の保存 ] ウィンドウの [ ファイル名 ] ボックスで、必要に応じて既定のファイル名を変更します (省略可能)。

    [ 参照 ] をクリックして 、[マイ データ ソース] の既定のファイルの場所を変更するか、既存のファイル名を確認します。

  6. [ 説明]、[ フレンドリ名]、[ 検索キーワード] ボックスに、ファイルの説明、フレンドリ名、および一般的な検索語句を入力します (すべて省略可能)。

  7. ピボットテーブルの更新時に接続ファイルが確実に使用されるようにするには、[ 常にこのファイルを使用してこのデータを更新する] をクリックします。

    このチェック ボックスをオンにすると、接続ファイルの更新が、その接続ファイルを使用するすべてのブックで常に使用されるようになります。

  8. [完了] をクリックして、データ接続ウィザードを閉じます。

  9. [データのインポート] ダイアログ ボックスの [ブックでこのデータを表示する方法を選択する] で次のいずれかの操作を行います。

    • ピボットテーブル レポートのみを作成するには、[ピボット テーブル レポート] をクリックします。

    • ピボットテーブル レポートとピボットグラフ レポートを作成するには、[ ピボットグラフ] と [ピボットテーブル レポート] をクリックします。

    • 選択した接続をブックに保存して後で使用するには、[ 接続の作成のみ] をクリックします。 このチェック ボックスをオンにすると、作成するキューブ関数を含む数式で接続が使用され、ピボットテーブル レポートを作成する必要はありません。

  10. [ データを配置する場所] で、次のいずれかの操作を行います。

    • ピボットテーブル レポートを既存のワークシートに配置するには、[ 既存のワークシート] を選択し、ピボットテーブル レポートを検索するセル範囲の最初のセルのセル参照を入力します。

      [ ダイアログ ボタンの画像 を折りたたむ ] をクリックしてダイアログ ボックスを一時的に非表示にし、使用するワークシートの先頭セルを選択し、[ダイアログの 展開 ]ボタン イメージキーを押すこともできます。

  11. セル A1 から始まる新しいワークシートにピボットテーブル レポートを配置するには、[ 新しいワークシート] をクリックします。

  12. 接続のプロパティを確認または変更するには、[ プロパティ] をクリックし、[ 接続のプロパティ ] ダイアログ ボックスで必要な変更を行い、[OK] をクリック します

SQL Server Analysis Servicesに接続するには、2 つの方法があります。 Power Queryまたはデータ接続ウィザードを使用できます。 

詳細については、「SQL Server Analysis Services データベースへの接続 (インポート)」「Office 2010 - 2013」タブを参照してください。

  1. [Power Query] タブで、[その他のソースから] > [空のクエリ] をクリックします。

  2. クエリ エディターで、[詳細エディター] をクリックします。

  3. 次のようにクエリ文字列を入力し、"C:\Users\Name\Desktop\JSONTest.json" を JSON ファイルへのパスに置き換えます。

    let
    
        Source = Json.Document(File.Contents("C:\Users\Name\Desktop\JSONTest.json")),
        #"Converted to Table" = Record.ToTable(Source)
    
    in
    
        #"Converted to Table"
    

注:  Power Query を使用して Oracle データベースに接続するには、コンピューターに Oracle クライアント ソフトウェア v8.1.7 以降が必要です。 Oracle クライアント ソフトウェアをインストールするには、32-bit Oracle Data Access Components (ODAC) with Oracle Developer Tools for Visual Studio (12.1.0.2.4) を使用して 32 ビット版 Oracle クライアントをインストールするか、64-bit ODAC 12c Release 4 (12.1.0.2.4) Xcopy for Windows x64 を使用して 64 ビット版の Oracle クライアントをインストールします。

  1. [Power Query] リボン タブで、[データベースから]、[Oracle データベースから] の順にクリックします。

    Power Query の [データベースから] オプション
  2. [Oracle データベース] ダイアログ ボックスの [サーバー名] で、接続先の Oracle サーバーを指定します。 SID が必要な場合は、“サーバー名/SID” の形式で指定できます。

  3. ネイティブ データベース クエリを使ってデータをインポートする場合は、[SQL ステートメント] ボックスにクエリを指定します。 詳細については、「ネイティブ データベース クエリを使ってデータベースからデータをインポートする」を参照してください。

  4. [OK] をクリックします。

  5. Oracle サーバーでデータベース ユーザーの資格情報が必要な場合:

    1. [データベースへのアクセス] ダイアログ ボックスで、ユーザー名とパスワードを入力します。

    2. [接続] をクリックします。

  1. [Power Query] リボン タブで、[その他のソースから] > [SharePoint リストから] を選択します。

    Power Query の [その他のソースからデータを取り込み] ダイアログ
  2. 表示された [Microsoft SharePoint リスト] ダイアログ ボックスで、[SharePoint サイトの URL を入力してください] に入力します。

    注: SharePoint リストに接続するとき、リストの URL ではなくサイトの URL を入力します。 [SharePoint へのアクセス] ダイアログ ボックスで、サイトを正しく認証するために、最も一般的な URL を選びます。 既定では、最も一般的な URL が選ばれています。

  3. 次に進むには [OK] を選びます。

  4. 表示された [SharePoint へのアクセス] ダイアログ ボックスで、資格情報のオプションを選択します。

    1. [匿名] は、SharePoint Server が資格情報を必要としていない場合に選びます。

    2. [Windows] は、SharePoint Server が Windows 資格情報を必要としている場合に選びます。

    3. [組織アカウント] は、SharePoint Server が組織アカウントの資格情報を必要としている場合に選びます。

  5. [接続] を選びます。

    Excel Power Query Sharepoint List Connect ダイアログに接続する

  1. [Power Query] リボン タブで、[他のソースから] > [OData フィードから] を選択します。

    Power Query の [その他のソースからデータを取り込み] ダイアログ
  2. [OData フィード] ダイアログ ボックスで、OData フィードの URL を入力します。

  3. [OK] を選びます。

  4. OData フィードでユーザーの資格情報が必要な場合は、[OData フィードへのアクセス] ダイアログ ボックスで次の手順に従います。

    1. OData フィードで Windows 認証が必要な場合は、[Windows] を選びます。

    2. OData フィードでユーザー名とパスワードが必要な場合は、[基本] を選びます。

    3. OData フィード に Marketplace アカウント キー が必要な場合は、[Marketplace キー] を選択します。 [ Marketplace アカウント キーの取得 ] を選択して、marketplace OData フィード Microsoft Azure サブスクライブできます。 [OData フィードにアクセスする] ダイアログ ボックスから Microsoft Azure Marketplace にサインアップすることもできます。

    4. OData フィードでフェデレーション アクセスの資格情報が必要な場合は [組織アカウント] をクリックします。 Windows Live ID の場合は、自分のアカウントにログインします。

    5. [保存] を選びます。

注: OData フィードへの接続では、JSON light データ サービス形式がサポートされています。

  1. [データ] タブをクリックし、[データの取り出し]、[その他のソースから]、[OLEDB から] の順にクリックします。 [データの取り出し] ボタンが表示されない場合、下のデータ接続ウィザードの手順に従ってください。

  2. [OLEDB から] ダイアログで、接続文字列を入力し、[OK] を押します。

  3. [OLEDB プロバイダー] ダイアログで、接続オプションとして [既定またはカスタム]、[ウィンドウ]、[データベース] のいずれかを選択し、資格情報を入力し、[接続] をクリックします。

  4. [ ナビゲーター ] ダイアログで、接続するデータベースとテーブルまたはクエリを選択し、[ 読み込み] または [編集] を押します。

  5. Power Query エディターで、[閉じる] & [読み込み] を押します。

  1. [Power Query] リボン タブで、[データベースから] > [MySQL データベースから] をクリックします。

    Power Query の [データベースから] オプション
  2. [MySQL データベース] ダイアログ ボックスの [サーバー名] で、接続先の MySQL データベース サーバーを指定します。

  3. ネイティブ データベース クエリを使ってデータをインポートする場合は、[SQL ステートメント] ボックスにクエリを指定します。 詳細については、「ネイティブ データベース クエリを使ってデータベースからデータをインポートする」を参照してください。

  4. [OK] をクリックします。

  5. MySQL サーバーでデータベース ユーザーの資格情報が必要な場合:

    1. [データベースへのアクセス] ダイアログ ボックスで、ユーザー名とパスワードを入力します。

    2. [接続] をクリックします。

  1. [Power Query] リボン タブで、[その他のソースから] > [Microsoft Exchange から] を選択します。

    Power Query のデータ ソース
  2. [Access an Exchange Server (Exchange Server へのアクセス)] ダイアログ ボックスで、[電子メール アドレス] と [パスワード] を指定します。

  3. [保存] をクリックします。

  4. [Microsoft Exchange 自動検出サービス] ダイアログ ボックスで、[許可] を選択して、Exchange サービスが資格情報を信頼できるようにします。

重要:  Power Query アドインをダウンロードしてインストールしていることを確認します。

  1. [Power Query] リボン タブで、[その他のソースから]、[Active Directory から] の順にクリックします。

    Power Query の [その他のソースからデータを取り込み] ダイアログ

  2. Active Directory ダイアログ ボックスでドメインを入力します。

  3. ドメインの [Active Directory ドメイン] ダイアログ ボックスで、[現在の資格情報を使用する] または [代替の資格情報を使用する] をクリックします。 [ 代替資格情報認証を使用する ] に 、ユーザー名 とパスワードを入力 します

  4. [接続] をクリックします。

  5. 接続に成功すると、[ナビゲーター] ウィンドウを使用して、Active Directory 内のすべての使用可能なドメインの閲覧や、ユーザー、アカウント、コンピューターなどの Active Directory 情報へのドリルダウンを行うことができます。

警告: 

  • IBM DB2 データベースに接続するには、コンピューターに IBM DB2 Data Server Driver がインストールされている必要があります (最小要件は IBM Data Server Driver Package (DS Driver) です)。 Power Query のインストール (32 ビットか 64 ビット) と一致するドライバーを選択します。

  • IBM DB2 Data Server Driver を Windows 8 にインストールする際に、既知の問題があることが IBM から報告されていますWindows 8 を使用しており、Power Query を使用して IBM DB2 に接続したい場合は、追加のインストール手順が必要です。 ibm DB2 Data Server Driver の詳細については、Windows 8を参照してください。

  1. [Power Query] リボン タブで、[データベースから> IBM DB2 データベースから] をクリックします。

    Power Query の [データベースから] オプション
  2. [IBM DB2 データベース] ダイアログ ボックスの [サーバー名] で、接続先の IBM DB2 データベース サーバーを指定します。

  3. ネイティブ データベース クエリを使ってデータをインポートする場合は、[SQL ステートメント] ボックスにクエリを指定します。 詳細については、「ネイティブ データベース クエリを使ってデータベースからデータをインポートする」を参照してください。

  4. [OK] をクリックします。

  5. IBM DB2 サーバーでデータベース ユーザーの資格情報が必要な場合:

    1. [データベースへのアクセス] ダイアログ ボックスで、ユーザー名とパスワードを入力します。

    2. [接続] をクリックします。

注: Power Query で PostgreSQL に接続する前に、PostgreSQL 用の Ngpsql データ プロバイダーをコンピューターにインストールする必要があります。 お使いの Office バージョン (32 ビットまたは 64 ビット) に対応するドライバーを選びます。 詳細については、「使用している Office のバージョンを確認する方法」を参照してください。 コンピューターの構成に、デバイス上の最新バージョンの .NET に対応するプロバイダーが登録されていることを確認します。

  1. [Power Query] リボン タブで、[データベースから]、[PostgreSQL データベースから] の順に選びます。

    Power Query の [データベースから] オプション
  2. [ PostgreSQL データベース ] ダイアログ ボックスの [ サーバー名 ] セクションで、接続先の PostgreSQL データベース サーバーを指定します。

  3. ネイティブ データベース クエリを使ってデータをインポートする場合は、[SQL ステートメント] ボックスにクエリを指定します。 詳細については、「ネイティブ データベース クエリを使ってデータベースからデータをインポートする」を参照してください。

  4. [OK] を選びます。

  5. PostgreSQL サーバーでデータベース ユーザーの資格情報が必要な場合:

    1. [データベースへのアクセス] ダイアログ ボックスで、ユーザー名とパスワードを入力します。

    2. [接続] を選びます。

  1. [https://web.powerapps.com/] に移動します

  2. 接続する 環境 を選択します。

  3. メニューで、[設定] アイコン> [開発者向けリソース>高度なカスタマイズ] を選択します。

  4. インスタンス Web API の値をコピーします。 

    注: 

    • URL 形式は次のようになりますhttps://<tenant>.crm.dynamics.com/api/data/v9.0.

    • 接続に使用する URL の正確な形式は、使用しているリージョンと CDS for Apps のバージョンによって異なります。 詳細については、「Web API URL とバージョン (docs.com)」を参照してください。

  5. [データ] タブを選択し、[オンライン サービスからデータ >を取得する] > Dynamics 365 (オンライン) から取得します。

    • [ データの取得 ] ボタンが表示されない場合は、[ 新しいクエリ ] > [ その他のソースから ] > [Dynamics 365 (オンライン)] をクリックします。

  6. ダイアログ ボックスの [ 基本 ] オプションが選択されている状態で、CDS for Apps 接続の Web API URL を 入力し、[ OK] をクリックします。

    • [詳細] オプションを選択した場合は、クエリに特定の追加パラメーターを追加して、返されるデータを制御できます。 詳細については、「Web API を使用したデータのクエリ」を参照してください。

  7. [ 組織アカウント] を選択します

    • CDS for Apps へのアクセスに使用する Microsoft Work または School アカウントを使用してサインインしていない場合は、[ サインイン ] をクリックし、アカウントのユーザー名とパスワードを入力します。

  8. [接続] をクリックします。

  9. [ ナビゲーター ] ダイアログで、取得するデータを選択します。

  10. データをそのままインポートするのが適切な場合は、[読み込み] オプションを選択し、それ以外の場合は [編集] オプションを選択してPower Query エディターを開きます。

    注:  Power Query エディターでは、返されたデータを変更するための複数のオプションが提供されます。 たとえば、インポートする列の数は、ソース データに含まれている列よりも少ない場合があります。 その場合は、[ ホーム ] タブ> [ 列の管理 ] > [列の 選択] に移動し、保持する列を選択し、[ OK] をクリックします。 準備ができたら、[ 閉じる] & [読み込み ] をクリックして、変更したデータを Excel に返します。

注: Teradata データベースに接続する前に、コンピューターに .NET Data Provider for Teradata が必要です。

  1. [Power Query] リボン タブで、[データベースから] > [Teradata データベースから] を選択します。

    Power Query の [データベースから] オプション
  2. [Teradata データベース] ダイアログ ボックスの [サーバー名] で、接続先の Teradata サーバーを指定します。

  3. ネイティブ データベース クエリを使ってデータをインポートする場合は、[SQL ステートメント] ボックスにクエリを指定します。 詳細については、「ネイティブ データベース クエリを使ってデータベースからデータをインポートする」を参照してください。

  4. [OK] を選びます。

  5. Teradata サーバーでデータベース ユーザーの資格情報が必要な場合:

    1. [データベースへのアクセス] ダイアログ ボックスで、ユーザー名とパスワードを入力します。

    2. [保存] をクリックします。

重要:  Facebook データ コネクタの廃止に関する通知   Excel で Facebook からデータをインポートおよび更新すると、2020 年 4 月に動作が停止します。 それまでは Facebook Get & Transform (Power Query) コネクタを引き続き使用できますが、2020 年 4 月以降、Facebook に接続できず、エラー メッセージが表示されます。 予期しない結果を避けるために、できるだけ早く Facebook コネクタを使用する既存の Get & Transform (Power Query) クエリを変更または削除することをお勧めします。

注: Facebook に初めて接続する場合は、資格情報の入力を求められます。 Facebook アカウントを使用してサインインし、Power Query アプリケーションへのアクセスを許可します。 [このコネクタについて今後は警告を表示しない] オプションをクリックすると、今後プロンプトが表示されなくなります。

  1. [Power Query] リボン タブで、[その他のデータ ソース]、[Facebook から] の順にクリックします。

  2. [Facebook] ダイアログ ボックスで、“Me”、ユーザー名、またはオブジェクト ID を使用して Facebook に接続します。

    注: Facebook のユーザー名はログイン メールとは異なります。

  3. [接続] ドロップダウン リストから接続するカテゴリを選びます。 たとえば、[友達] を選ぶと、Facebook の [友達] カテゴリで使用できるすべての情報にアクセスできます。

  4. [OK] をクリックします。

  5. 必要に応じて、[Facebook へのアクセス] ダイアログから [サインイン] をクリックし、Facebook 用のメール アドレスまたは電話番号とパスワードを入力します。 オプションをクリックしてログインしたままにすることもできます。 サインインが完了したら、[接続] をクリックします。

  6. 接続に成功すると、選んだカテゴリの情報が含まれるテーブルをプレビューできるようになります。 たとえば [友達] カテゴリを選ぶと、Power Query で Facebook の友達名ごとのテーブルが表示されます。

  7. [読み込み] または [編集] をクリックします。

クエリ エディターを使用すると、Power Query 用の式を作成できます。

= Facebook.Graph("https://graph.facebook.com/v2.8/me/friends")

Facebook の数式が入力された Power Query エディター

注:  クエリ エディターは、Power Query を使用して新しいクエリの読み込み、編集、または作成を行うときにのみ表示されます。 次のビデオは、Excel ブックからクエリを編集した後で表示される [クエリ エディター] ウィンドウを示します。 既存のブック クエリを読み込んだり編集したりせずにクエリ エディターを表示するには、[Power Query] リボン タブの [外部データの取得] セクションから、[その他のソースから] > [空のクエリ] を選択します。 次のビデオは、クエリ エディターを表示する 1 つの方法を示します。

Excel でクエリ エディターを表示する方法

注: 

  • SAP SQL Anywhere データベースに接続する前に、コンピューターに SAP SQL Anywhere ドライバー がインストールされている必要があります。 Power Query のインストール (32 ビットまたは 64 ビット) と一致するドライバーを選択します。

  1. [ POWER QUERY ] リボン タブで、[ データベースから ] > [SAP Sybase SQL Anywhere] を選択します。

    データベースから外部データを取り込む
  2. [ Sybase データベース ] ダイアログ ボックスで、[サーバー名] ボックスに接続する Sybase サーバー を指定します。 オプションで [データベース名] も指定できます。

  3. ネイティブ データベース クエリを使ってデータをインポートするには、[SQL ステートメント] ボックスにクエリを指定します。 詳しくは、ネイティブ データベース クエリを使ってデータベースからデータをインポートするをご覧ください。

  4. [OK] をクリックします。

  5. 既定では、[接続の暗号化] チェック ボックスがオンになっているので、Power Queryは単純な暗号化接続を使用してデータベースに接続します。

  6. [接続] をクリックします。

Microsoft Azure Blob Storage は、画像、ビデオ、オーディオ、ドキュメントなど、大量の非構造化データを格納するためのサービスであり、HTTP または HTTPS を介して世界中のどこからでもアクセスできます。 Azure Blob Storage サービスの詳細については、「Blob Storage を使用する方法」を参照してください。

  1. [Power Query] リボン タブで、[Azure > からMicrosoft Azure Blob Storage から] を選択します。

    Power Query [Azure からのインポート] ダイアログ
  2. [ blob Storage のMicrosoft Azure ] ダイアログ ボックスで、 Microsoft Azure ストレージ アカウント名または URL を入力し、[OK] をクリック します

  3. BLOB ストレージ サービスに初めて接続する場合は、ストレージ アクセス キーの入力と保存を求められます。 [Microsoft Azure BLOB ストレージへのアクセス] ダイアログ ボックスで、[アカウント キー] ボックスにストレージ アクセス キーを入力して、[保存] をクリックします。

    注: ストレージ アクセス キーの取得が必要な場合は、[Microsoft Azure ポータル] で自分のストレージ アカウントを選び、ページの下部の [アクセス キーの管理] アイコンをクリックします。 プライマリ キーの右にあるコピー アイコンをクリックし、その値を [アカウント キー] ボックスに貼り付けます。

  4. [クエリ エディター] に、Microsoft Azure BLOB ストレージで使用できるすべてのコンテナーが一覧表示されます。 [ナビゲーター] でデータのインポート元のコンテナーを選び、[適用して閉じる] をクリックします。

  1. [Power Query] リボン タブで、[Azure から]、[Microsoft Azure HDInsight から] の順に選択します。

    Azure から外部データを取得する
  2. [HDInsight のMicrosoft Azure] ダイアログ ボックスで、[アカウント名] を入力し、[OK] をクリックします。

  3. 次に、 アカウント キーを入力し、[ 接続] をクリックします。

    注: キーの取得が必要な場合は、[Microsoft Azure ポータル] に戻り、自分のストレージ アカウントを選んで、ページの下部の [アクセス キーの管理] アイコンをクリックします。 プライマリ キーの右にあるコピー アイコンをクリックして、その値をウィザードに貼り付けます。

  4. [ ナビゲーター ] ダイアログでクラスターを選択し、コンテンツ ファイルを見つけて選択します。

  5. [ 読み込み ] をクリックして選択したテーブルを読み込むか、[ 編集 ] をクリックして追加のデータ フィルターと変換を実行してから読み込みます。

開発者の場合、Excel 内には、データのインポートに使用できるいくつかの方法があります。

  • Visual Basic for Applicationsを使用して、外部データ ソースにアクセスできます。 データ ソースに応じて、ActiveX データ オブジェクトまたはデータ アクセス オブジェクトを使用してデータを取得できます。 また、接続情報を指定する接続文字列をコードで定義することもできます。 接続文字列の使用は、たとえば、システム管理者やユーザーが最初に接続ファイルを作成したり、アプリケーションのインストールを簡略化したりする必要がないようにする場合に便利です。

  • SQL Server データベースからデータをインポートする場合は、OLE DB と ODBC の両方で使用されるスタンドアロン データ アクセス アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) である SQL Native Client の使用を検討してください。 SQL OLE DB プロバイダーと SQL ODBC ドライバーを 1 つのネイティブダイナミック リンク ライブラリ (DLL) に結合すると同時に、Microsoft Data Access Components (MDAC) とは別の新しい機能も提供します。 SQL Native Client を使用すると、新しいアプリケーションを作成したり、複数のアクティブな結果セット (MARS)、User-Defined型 (UDT)、XML データ型のサポートなど、新しいSQL Server機能を利用できる既存のアプリケーションを拡張したりできます。

  • RTD 関数は、COM オートメーションをサポートするプログラムからリアルタイム データを取得します。 RTD COM オートメーション アドインは、ローカルのコンピューターで作成し、登録する必要があります。

  • SQL。REQUEST 関数は、外部データ ソースと接続し、ワークシートからクエリを実行します。 SQL。REQUEST 関数は、マクロ プログラミングを必要とせずに結果を配列として返します。 この関数が使用できない場合、Microsoft Excel ODBC アドイン プログラム (XLODBC.XLA) をインストールする必要があります。 アドインは、 Office.comからインストールできます。

Visual Basic for Applicationsの作成の詳細については、「Visual Basic ヘルプ」を参照してください。

関連項目

Power Query for Excel のヘルプ

ネイティブ データベース クエリを使用してデータベースからデータをインポートする

複数のテーブルを使ってピボットテーブルを作成する

Excel for Macのデータベースからデータをインポートする

データの取得 (docs.com)

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×