外部データ ソースを表示または管理する必要がある場合は、ニーズに合った適切なダイアログ ボックスが表示されます。

  • [最近 使用した ソース] ダイアログ ボックスを使用して、インポート済みの頻繁に使用されるデータ ソースを表示し、各データ ソースの接続情報を変更する際に便利な一覧として表示します。

  • [アクセス許可 の編集] ダイアログ ボックスを 使用して、データ ソースの資格情報を検索または更新したり、プライバシー レベルを設定したりします。 詳細については、「プライバシー レベルを設定 する」を参照してください

  • [クエリ オプション] ダイアログ ボックスを使用して、ネイティブ データベース クエリ、証明書、および認証サービスに追加のセキュリティ オプションを設定します。 データの安全性レベルをさらに高める。

データを更新したり、変更を加えたい他のユーザーとブックを共有したりするには注意が必要です。 データ ソースの資格情報の設定方法によっては、更新エラーを回避するためにデータ ソースへのアクセスを要求する必要がある場合があります。 さらに、プライバシー設定によっては、給与やプロジェクトのリリース日などの機密データを表示できない場合があります。 これは、ブックで共同作業を行い、ブックに変更を加える場合に特に重要です。 データの競合が発生する場合は、通常、変更を行った最初のユーザーが該当します。 ただし、データが後で更新された場合、それらの変更が失われる可能性があります。 詳細については 、「ODC ファイルを使用して外部データを共有する」を参照してください

Excel、必要なときに見つけて管理するための便利な方法として、最近使用したデータ ソースの一覧が保持されます。

  1. 次のいずれかの操作を行います

    :[最新    のソース] Excelデータ>選択します

    Power Query エディターで   [ホーム ]> [最近使用したソース] を選択します

    [ 最近使用したソース] ダイアログ が表示されます。

    取得と変換の [最近使ったソース] ウィンドウ

  2. 一覧からデータ ソースを選択し、[データ ソース]をConnect。

    [ ナビゲーター] ダイアログ ボックスが表示されます。 各データ ソースには、異なるオプション のセットがあります。

    ヒント   一覧内のデータ ソースを右クリックして、パスのコピーやピン エントリの管理など、追加のコマンドを実行します。

  1. [データ ソース] ダイアログ 設定表示するには、次のいずれかの操作を行います。

    Power Query の場合   [File >Home>Data Source] を選択設定。

    In Excel   [データ の取得>データ ソースの>を選択設定。

  2. 次のいずれかを選びます。  

    現在のブックのデータ ソース これが既定のオプションであり、下部に [ソースの変更 ] ボタンも表示されます。

    グローバル アクセス許可すべてのブックのアクセス許可を変更するには

  3. 多くのデータ ソースがある場合は、[データ ソースの検索] 設定ボックスに検索語句を入力するか、右側の [ A から Z または最小値から最大値への並べ替えを実行する Excel の [昇順] の並べ替え] ボタンを選択して、データ ソースの名前または種類で並べ替えを行います。

  4. データ ソースを変更するには、データ ソースを選択し、[データ ソース] を選択してから、そのデータ ソースのダイアログ ボックスで変更を行います。 これは、最初にデータをインポートするときに表示されるダイアログ ボックスと同じです。 データ ソースの種類ごとに異なるダイアログ ボックスがあります。 

    ヒント   ネイティブ データベース クエリ (SQL など) を持つデータベースの場合は、このダイアログ ボックスの SQL ステートメントのみを表示できます。 SQL ステートメントを編集する方法の詳細については、「ネイティブ データベース クエリ (Power Query) を使用してデータベースからデータをインポートする」を参照してください

  5. [アクセス許可のクリア/すべてのアクセス許可のクリア] ボタンを使用すると、選択したデータ ソースまたはすべてのデータ ソースのアクセス許可をクリアできます。 このコマンドの使用には注意してください。 アクセス許可がクリアされた後は、アクセス許可を取得することはできません。

  6. [アクセス許可の編集] ダイアログ ボックス を表示するには、一覧からデータ ソースを選択し、[アクセス許可の編集] を選択します

  7. [資格情報]で、データ ソースのアクセス許可の種類 (匿名など) が識別されます。 

  8. アクセス許可を削除するには、[削除] を 選択します。 アクセス許可の種類が [指定されていません] と表示されます

  9. アクセス許可を追加または変更するには、[編集] を 選択します

  10. ダイアログ ボックスの左側のウィンドウ (緑色の色) で、必要な資格情報の種類を選択します。注: パスワードは送信時

    に暗号化されません。 一部のデータ ソースでは、特定の資格情報の種類がサポートされていません。

    匿名    だれでもデータ ソースを使用できます。資格情報は必要ありません。

    Windows   ユーザー名とWindowsを入力します。

    [基本    ] ユーザー名とパスワードを入力します。

    Web API   事前登録が必要になる場合がある Web ソースにアクセスするために必要なキーを入力します。

    組織アカウント   仕事用または学校用のアカウントにサインインします。

  1. [クエリ オプション ] ダイアログ ボックス を表示するには、次のいずれかの操作を行います。

    Power Query   エディターで 、[ファイルのオプション]>を選択し、[クエリ オプション] 設定>選択します

    In Excel    [Data >Get Data >クエリ オプション]を選択します

  2. 左側の ウィンドウの[グローバル] で [セキュリティ] を選択します。

  3. 右側のウィンドウで、次のいずれかの操作を行います。 

    [ ネイティブ データベース クエリ] の下   [新しいネイティブ データベース クエリのユーザー承認を要求する] をオンまたはオフします

    [ 証明書失効チェック] で    [証明書失効チェック を有効にする] をオンまたはオフにする

    HTTPS データ ソースへの接続は、接続の証明書が侵害された場合に安全でない可能性があります。失効チェックでは、侵害されたと知られている証明書を使用できません。 このチェックは、自己署名証明書またはプロキシ接続に使用される証明書に対して失敗する可能性があります。 これらの証明書に適切な CRL 配布ポイントを指定できない場合は、このチェックを無効にする必要があります。 それ以外の場合は、このチェックを有効にする必要があります。

    [Webプレビューの警告レベル] で、[なし] を選択すると、Web プレビューを表示

    する前に警告が表示されません。

    モデレート    URL が明示的に入力されていない場合、またはセッション中に信頼済みとして承認されていない場合は、Web プレビューを表示する前に警告を表示します。

    Strict    Web プレビューを表示する前に、常に警告を表示します。

    [承認済みの ADFS 認証サービス] で、次の点に注意してください。

    ログインすると、不明な認証サービスの承認を求めらるメッセージが表示される場合があります。 承認された不明な認証サービスの一覧が表示されます。 この一覧からエントリを削除すると、承認が削除され、ログイン時にもう一度メッセージが表示されます。

    承認されたリストがない場合は、"このコンピューター上の認証サービスを承認していない" というメッセージが表示されます。

[Excel Servicesの場合は、[認証Excel Services] ダイアログ 設定使用します。

  1. [Data >クエリと接続] &選択します

  2. [クエリ ] タブを 選択して、ブックにクエリを表示します。

  3. 目的のクエリを右クリックし、[プロパティ] を 選択します

  4. [クエリ のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[定義] タブ を選択 します。

詳細については、「認証と認証Excel Services」を設定。

関連項目

Power Query for Excel のヘルプ

データ ソースでの認証 (docs.com)

Microsoft 365 セキュリティ センター

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×