一部 Office アプリでは、文書にフォントを埋め込む機能があります。 そうすることで、同じフォントがインストールされていない他のユーザーと文書を共有しても、文書のフォント、レイアウト、スタイルは変わらず、特殊文字は意味のない四角形に変わりません。

最近では、Office フォントをクラウドに移行しました。そのため、インターネットにアクセスできるすべての Office サブスクライバーが使用できます。埋め込む必要はありません。 フォントの埋め込みは、標準以外のフォントを使用する場合や、プレゼンテーションが他のユーザーによってオフラインで編集または表示される場合に役立ちます。

同じプレゼンテーションが、同一の外観で表示されている PC と Mac

フォントをフォントまたは Word に埋め込 PowerPoint

  1. [ファイル ] タブ をクリックし、[ オプション] をクリックします (ウィンドウの左下隅にあります)。

  2. 左側の列で、[保存] タブ を選択 します。

  3. 下部の [このプレゼンテーションを共有 するときに忠実度を維持する] で、[ファイルにフォントを埋め込 む] チェック ボックスを オンにします。

    [ファイルの>オプション] を使用して、ファイルのフォント埋め込み機能を有効にする

    [プレゼンテーション で使用する文字 のみを埋め込む] を選択すると、ファイル サイズは小さいですが、同じフォントを使用したファイルの編集は制限されます。 このチェック ボックスを空白のままにすると、ファイル サイズは大きいですが、他のユーザーが文書を編集し、同じフォントを保持できるようにしておくのに最適です。

    他のユーザーがファイルを編集する場合は、チェック ボックスを空白のままにすることをお勧めします。

  4. [OK] をクリックします。

トラブルシューティング

  • フォントの埋め込みがまだ機能していませんか?     すべての TrueType フォントを埋め込む場合があります。 フォント作成者は、フォントに対してさまざまなオプション (埋め込み不可、プレビュー/印刷、編集可能、インストール可能) を設定できます。 インストールされているフォントの埋め込みのレベルを確認するには、[コントロールパネル] の [フォント] をWindowsクリックします。 フォントをクリックすると、[フォントの埋め込み 可能性] 設定が表示 されます。

[フォントの埋め込み] 画面 2Officeのフォントは、この一覧には表示されませんが、ファイルを開いたコンピューターにまだインストールされていない場合は自動的にダウンロードされるので、埋め込む必要はほとんどありません。

  • フォントを埋め込んだ後、ファイル サイズが大きすぎますか?     特定のフォントは他のフォントと比べて非常に大きい場合があります。そのため、ファイル サイズが懸念される場合は、代替フォントの使用を検討してください。 埋め込みを削除する場合は、[ファイルオプション]ダイアログボックスの[埋め込み] >をオフにして、ファイルを保存します。 次に、ファイルを閉じて再び開いた後、以前に埋め込まれたフォントとは異なるフォントが置き換えることができます。 

では、 Word for Microsoft 365 for Mac、 PowerPoint for Microsoft 365 for Mac 、 PowerPoint 2019 for Macプレゼンテーションにフォントを埋め込みできます。

Word 2019 for Mac 2019 Excel 2019 for Mac では、現在、埋め込みフォントはサポートされていません。

文書またはプレゼンテーションにフォントを埋め込む

これはサブスクライバーのみの機能です この機能は、Microsoft 365サブスクライバーおよび PowerPoint 2019 for Mac バージョン 16.17 以降でのみ使用できます。

  1. フォントを埋め込むファイルを開きます。

  2. アプリケーション (PowerPointまたは Word)メニューで、[環境設定]を選択します

  3. ダイアログ ボックスの [出力と共有] で、[保存] を 選択します

  4. [フォント の埋め込み] で、[ ファイルにフォントを埋め込む] を選択します

    [PowerPoint >を使用して、ファイルのフォント埋め込みを有効にする

ファイルを保存すると、そのファイルで使用されているフォントがファイルに埋め込まれています。

フォントを埋め込む場合の推奨事項

  • フォントを埋め込む場合は、プレゼンテーションで使用されている文字のみを 埋め込むを使用しないようにします。 必要に応じて、別のユーザーが正常にファイルを編集できるよう、すべての文字をフォントに埋め込む方が良いです。

  • OpenType () を使用します。OTF) または TrueType (.可能な場合は TTF)。 OpenType フォントは、ドキュメントに埋め込まれたときに、最小の記憶域 Office します。

  • Postscript フォントを埋め込む (.PFB、。可能な場合は PFM)。 Postscript フォントが埋め込 Office ドキュメントを開く際に問題があるという報告を受け取るユーザーもいます。

トラブルシューティング

  • フォントの埋め込みがまだ機能していませんか?     すべての TrueType フォントを埋め込む場合があります。 フォント作成者は、フォントに対してさまざまなオプション (埋め込み不可、プレビュー/印刷、編集可能、インストール可能) を設定できます。 インストールされているフォントの埋め込みのレベルを確認するには 、Font Book アプリに移動し、左上にある [情報] ボタンを選択します。 フォントをクリックすると、右側のパネルにフォント情報が表示され、多くのフォント (すべてではない) の場合は、フォントを埋め込むかどうかを確認できます。

    選択したフォントのライセンス情報を表示する Font Book アプリケーション。
  • フォントを埋め込んだ後、ファイル サイズが大きすぎますか?     特定のフォントは他のフォントと比べて非常に大きい場合があります。そのため、ファイル サイズが懸念される場合は、代替フォントの使用を検討してください。 埋め込みを削除する場合は、[環境設定] ダイアログ ボックスの [埋め込み] 設定をオフにして (上記の手順で説明します)、ファイルを保存できます。 次に、ファイルを閉じて再び開いた後、以前に埋め込まれたフォントとは異なるフォントが置き換えることができます。 

埋め込みフォントの要件

タスク、チェックリスト、計画記号

適用対象

埋め込みフォントをファイルに保存する

Word for Microsoft 365 for Mac
、 PowerPoint for Microsoft 365PowerPoint 2019 for Mac
バージョン番号をOfficeする

PowerPoint 2016 for Mac にフォントを埋め込むのはできないが、最新バージョンの PowerPointによってファイルに埋め込まれたフォントが正しく表示#x1。

他の Office 2016 for Mac アプリでは、埋め込みフォントはサポートされていません。

埋め込みフォントを表示するための要件

タスク、チェックリスト、計画記号

適用対象

埋め込まれたフォントを表示する

PowerPoint 2016 for Macバージョン 16.11 バージョン番号をOffice
する  

関連項目

一部のフォントをプレゼンテーションと一緒に保存できない

Office で使用するユーザー設定フォントをダウンロードしてインストールする

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×