最適な方法でデータベース オブジェクトを整理する場合 次に、ナビゲーション ウィンドウでユーザー設定のカテゴリとグループを作成して、オブジェクトの再構成、強調表示、非表示を切り替えます。 ナビゲーション ウィンドウを非表示にし、独自のナビゲーション方法を提供し、より高度な制御のためにマクロを使用することもできます。

基本的な操作については、「ナビゲーション ウィンドウを使用する 」を参照してください

Northwind Traders のカスタム ナビゲーション

3 つのビジネス機能で構成されたカスタマイズされたナビゲーション ウィンドウ

この記事の内容

始める前に

スムーズに進めるには、アプローチを計画し、フェーズを進め、セキュリティへの影響を理解します。

ユーザー設定のカテゴリとグループの計画

データベースのナビゲーション システムを計画して設計する場合は、それを使用するユーザーと作業します。 実用的ではない場合は、設計プロセスを中心にニーズを満たします。 リソースによっては、設計時に使いやすさテストを計画および実施するためにフォーカス グループを使用する方法を検討してください。 つまり、ユーザーにフォーカスを置く必要があります。

たとえば、データベースに多数のレポートがある場合、頻度が異なるレポートを実行するとします。 レポート カテゴリを作成し、日単位、週単位、月単位、四半期単位、年単位のグループを作成できます。 各グループで、適切なレポートを追加できます。

ナビゲーション ウィンドウのカスタマイズの多くの例については、「おすすめの Access テンプレート 」を参照してください

段階的アプローチの取り組み

準備ができたら、ユーザー設定のカテゴリ、それらのカテゴリ内のカスタム グループを作成し、各グループにデータベース オブジェクトを追加します。 ユーザー設定のカテゴリとユーザー設定のグループを作成し管理するには、[ナビゲーション オプション] ダイアログ ボックスを使用します。 ダイアログ ボックスには、データベース内に定義されているすべてのカテゴリのリストが表示され、選択したカテゴリのグループも表示されます。

既定のユーザー設定のカテゴリ

ユーザー設定のカテゴリとグループを作成する

ユーザー設定のカテゴリとグループの作成は、カスタム ナビゲーションのスキャフォールディングと考える必要があります。

  • ユーザー設定のカテゴリを作成する    Access には、カスタムと呼ばれる組み込みのカスタム カテゴリが 1 つ備わっています。 そのカテゴリの名前を変更し、ニーズに合わせてグループを追加または削除できます。 新しいユーザー設定のカテゴリを作成することもできます。

    Note    ユーザー設定のカテゴリを作成すると、それはカレント データベースにのみ適用されます。 ユーザー設定のカテゴリとユーザー設定のグループを他のデータベースに転送することはできません。

  • カスタム グループを作成する    カテゴリを作成した後、新しいカテゴリに対して 1 つ以上のカスタム グループを作成します。 作成できるグループ数に制限はありません。

新しいユーザー設定のカテゴリを作成すると、そのカテゴリに対して [割り当てられていないオブジェクト] および [ユーザー設定のグループ 1] という名前のグループが作成されます。 既定では、[割り当てられていないオブジェクト] グループにはオブジェクトが配置されません。 代わりに、カテゴリ内のグループに属していないすべてのオブジェクトがナビゲーション ウィンドウの [割り当てられていないオブジェクト] グループに表示されます。

カスタム グループでのデータベース オブジェクトの整理

カテゴリとグループを作成したら、ニーズに合わせてグループやオブジェクトを追加、非表示、または表示できます。 グループ内のオブジェクトは、いつでも追加したり削除したりできます。

  • ユーザー設定のグループにオブジェクトを追加する   ナビゲーション ウィンドウで、[割り当てられていないオブジェクト] からオブジェクトをドラッグまたはコピーして貼り付け、ユーザー設定のグループに割り当てできます。 この操作を行って、データベース オブジェクトへのショートカットを追加し、オブジェクト自体を移動またはコピーしません。 ショートカットには、それを識別するために、オブジェクト アイコンの左下隅の横に小さな矢印が付いています。

    ユーザー設定カテゴリ ビューのショートカット

    各グループには、特定のデータベース オブジェクトへのショートカットが 1 つのみ必要です。 ショートカットを開くと、そのショートカットがポイントしているオブジェクトが開かれます。

    Note   ナビゲーション ウィンドウの組み込みのカテゴリとグループには、ショートカットは表示されません。代わりに、実際のデータベース オブジェクトが表示されます。 これらのグループには、組み込みのカテゴリのすべてのグループと、ユーザー設定のカテゴリの [割り当てられていないオブジェクト] グループが含まれます。

  • グループまたはオブジェクトの表示と非表示を切り取る    ユーザー設定のグループを作成した後、[割り当てられていないオブジェクト] グループと表示しないその他のグループを非表示にできます。

    ユーザー設定のカテゴリに含まれる一部またはすべてのグループ、およびグループに含まれる一部またはすべてのオブジェクトを非表示にできます。 ナビゲーション ウィンドウで提供される右クリック コマンドを使用するか、オブジェクトごとにプロパティを選択し、開いているデータベース内のすべてのグループとカテゴリで非表示にできます。

    隠しオブジェクトと隠しグループは、完全に非表示にすることも、使用できない淡色表示のアイコンとしてナビゲーション ウィンドウに表示することもできます。 どちらにするかは、[ナビゲーション オプション] ダイアログ ボックスの [隠しオブジェクトの表示] チェック ボックスのオンとオフで設定します。 グループまたはオブジェクトを再表示する必要がある場合にも、このチェック ボックスを使用します。

重要    ユーザー設定のカテゴリまたはグループからオブジェクトを削除することはできますが、定義済みのカテゴリまたはグループからオブジェクトを削除することはできません。 定義済みのグループは削除 (完全に削除) することができますが、データベースで問題が発生する可能性があるため、この操作はお勧めしません。 データベースは、一連のコンポーネントで構成され、そのコンポーネント セットからオブジェクトが削除された場合、データベースの一部またはすべての機能が壊れる可能性があります。

高度なカスタマイズ   

ナビゲーション ウィンドウをカスタマイズするには、いくつかの高度な方法があります。

ナビゲーション ウィンドウを非表示にする    スイッチボード フォームやナビゲーション フォームなど、独自のナビゲーション方法を提供することもできます。

デザイン ビューを無効にする    データベース オブジェクトを非表示にし、デザインの変更を防ぐだけでなく、ユーザー設定のカテゴリやグループにショートカットを提供することもできます。

関連マクロ    マクロ アクションを使用して、ナビゲーション ウィンドウを制御することもできます。

  • SetDisplayedCategories     [ナビゲーション オプション] ダイアログ ボックスの設定に関係なく、カテゴリの表示と非表示 を切り取る 場合に使用します。

  • NavigateTo     カテゴリまたはグループに移動したり、データベースが開いたら自動的にカテゴリまたはグループに移動したりするために使用します。

  • LockNavigationPane     ナビゲーション ウィンドウでユーザーが誤ってアイテムを追加、移動、または削除しないようにするために使用します。 RunMenuCommand を使用する方法もあります

セキュリティに関する考慮事項

使いやすさ機能は使用を回避できます。 ナビゲーション ウィンドウをカスタマイズしても、悪意のあるユーザーが不要なデザインをデータベースに変更したり、データへの不正アクセスを防止したりすることを防ぐ必要があります。 次の事項を検討します。

  • マクロを使用してナビゲーション ウィンドウを制御およびロックする場合、ユーザーは Shift キーを押しながら起動時にマクロを無効にできます。

  • データベース オブジェクトを含むカテゴリとグループを非表示にし、オブジェクト自体を非表示にできますが、ユーザーが再表示することができます。

  • ナビゲーション ウィンドウをロックしても、ユーザーがデータベース オブジェクトをクリップボードにコピーできません。

データベースのセキュリティの詳細については、「データベース を信頼するかどうかを決定する」および「データベース パスワードを使用してデータベースを暗号化する」を参照してください。 データベースの起動の制御の詳細については、「現在のデータベースのユーザー オプションを設定 する」を参照してください

ページの先頭へ

ユーザー設定のカテゴリおよびグループを作成する

次の手順では、ユーザー設定のカテゴリとグループを作成し、名前を変更する方法を示します。

重要    次の手順を実行するには、ナビゲーション ウィンドウが表示され、右クリック メニュー コマンドが有効になっている必要があります。 詳細については、「詳細なカスタマイズ 」と「 現在のデータベースのユーザー オプションを設定する」を参照してください

ユーザー設定のカテゴリを作成する

  1. ナビゲーション ウィンドウの上部を右クリックし、[ナビゲーション オプション] を選択します

  2. [ナビゲーション オプション] ダイアログ ボックスの [カテゴリ] ボックスの下にある [項目の追加] をクリックします。 新しいカテゴリが一覧に表示されます。

    ナビゲーション ウィンドウ内の新しいユーザー設定のカテゴリ

  3. 新しいカテゴリの名前を入力し、Enter キーを押します。

    データベースを使用するユーザーにとってわかりやすい名前を付けます。 名前を付けると、右側のリストの標題がその名前に合わせて変更されます。 たとえば、新しいカテゴリに "My Switchboard" という名前を付けた場合、右側のリストの標題は ["My Switchboard" のグループ] となります。

    また、右側のリストには、[割り当てられていないオブジェクト] というグループ が含まれています。 これは、既定で作成されるグループです。 このグループには、データベース内のすべてのオブジェクトが含まれており、これらのオブジェクトを使用してユーザー設定のグループを作成します。

ユーザー設定のカテゴリの名前を変更する

  1. ナビゲーション ウィンドウの上部を右クリックし、[ナビゲーション オプション] を選択します

  2. [カテゴリ ] で、ユーザー設定のカテゴリをクリックし、[アイテム名の変更] をクリックします

  3. 新しいカテゴリ名を入力し、Enter キーを押します。

ユーザー設定のグループを作成する

  1. ナビゲーション ウィンドウの上部を右クリックし、[ナビゲーション オプション] を選択します

  2. 1 つ以上のグループを追加するカテゴリを選択します。

  3. グループごとに、[グループ名] リストの [グループ <] >を クリックします

  4. 新しいグループ名を入力し、Enter キーを押します。

  5. [割り当てられていないオブジェクト] の 横にあるチェック ボックスをオンのままにして 、[OK]をクリックします。 [ナビゲーション オプション] ダイアログ ボックスが 閉じ、新しいカスタム グループがナビゲーション ウィンドウに追加されます。

カスタム グループの名前を変更する

  1. ナビゲーション ウィンドウの上部を右クリックし、[ナビゲーション オプション] を選択します

  2. [ グループ名<グループ]>カスタム グループをクリックし、[グループ名の変更] を クリックします

  3. 新しいグループ名を入力し、Enter キーを押します。

データベース オブジェクトからカスタム グループを作成する

  1. ユーザー設定のカテゴリとユーザー設定のグループをナビゲーション ウィンドウで開き、新しいグループに配置するオブジェクトを右クリックします。

  2. [グループに 追加] をポイントし、[新しいグループ] をクリックします

    ナビゲーション ウィンドウに新しいグループが表示されます。

    ナビゲーション ウィンドウ内の新しいユーザー設定のグループ

  3. 新しいグループの名前を入力し、Enter キーを押します。

ページの先頭へ

ユーザー設定のグループでオブジェクトを整理する

次の手順では、ユーザー設定のカテゴリとグループ内でデータベース オブジェクトを整理する方法を示します。

重要    次の手順を実行するには、ナビゲーション ウィンドウが表示され、右クリック メニュー コマンドが有効になっている必要があります。 詳細については、「詳細なカスタマイズ 」と「 現在のデータベースのユーザー オプションを設定する」を参照してください

ユーザー設定のグループにオブジェクトを追加する

ユーザー設定のグループにオブジェクト ショートカットを追加するには、いくつかの方法があります。

  1. ナビゲーション ウィンドウの最上部のメニューをクリックし、メニューの上部にある新しいカテゴリをクリックします。

    カテゴリに対して作成したグループは、メニューの下部に [割り当てられていないオブジェクト] グループと共 に表示 されます。

  2. [割り当てられていないオブジェクト] グループで、ユーザー設定のグループで使用する項目を選択し、そのグループに移動します。 選択した項目を移動する方法にはいくつかあります。 その方法は、次のとおりです。

    • 項目を個別にドラッグします。

    • Ctrl キーを押しながら複数の項目をクリックします。次に、ユーザー設定のグループに項目をドラッグします。

    • 選択された項目のいずれかを右クリックし、[グループに追加] をポイントしてユーザー設定のグループの名前をクリックします。

    • コピーして貼り付ける:

      • ナビゲーション ウィンドウで、コピーするオブジェクトを右クリックし、[コピー] をクリックします。

      • ナビゲーション ウィンドウでオブジェクトの貼り付け先となるグループをマウスの右ボタンでクリックし、[貼り付け] をクリックします。 開いている別の Access データベースのナビゲーション ウィンドウにオブジェクトを貼り付けることもできます。

完了したら、[割り当てられていないオブジェクト] グループをナビゲーション ウィンドウに表示されたままにするか、非表示にできます

[割り当てられていないオブジェクト] グループを非表示にする

  1. ナビゲーション ウィンドウの上部を右クリックし、[ナビゲーション オプション] を選択します

  2. [カテゴリ] ウィンドウで 、適切なカテゴリを選択します。

  3. [オブジェクト のグループ] <ウィンドウ >、[割り当てられていないオブジェクト] チェック ボックス をオフにします。

グループを非表示にする

  1. ナビゲーション ウィンドウの上部を右クリックし、[ナビゲーション オプション] を選択します

  2. [分類 項目のグループ<リスト >、非表示にするグループの横にあるチェック ボックスをオフにします。

または、ナビゲーション ウィンドウで、非表示にするグループのタイトル バーを右クリックし、[非表示] をクリック します

グループを再表示する

  1. ナビゲーション ウィンドウの上部を右クリックし、[ナビゲーション オプション] を選択します

  2. [分類 項目のグループ] <ボックス>、非表示または再表示するグループの横にあるチェック ボックスをオンにします。

オブジェクトを非表示にする

  1. ナビゲーション ウィンドウの上部を右クリックし、[ナビゲーション オプション] を選択します

  2. [カテゴリ] リストで 、適切なカテゴリを選択します。

  3. [分類 項目のグループ] <ボックス>、 非表示のオブジェクトを含むグループを選択します。

    オブジェクトの横にあるチェック ボックスをオフにします。

  4. [OK] をクリックします。

または、ナビゲーション ウィンドウでオブジェクトを右クリックし、[非表示] をクリック します

Note   ナビゲーション ウィンドウのユーザー設定カテゴリの [ り当てられていないオブジェクト] グループでオブジェクトを非表示にできません。

オブジェクトを再表示する

  1. ナビゲーション ウィンドウの上部を右クリックし、[ナビゲーション オプション] を選択します

  2. [表示オプション] の [隠しオブジェクトの表示] チェック ボックスをオンにします。

  3. [OK] をクリックします。

    ナビゲーション ウィンドウで、すべての非表示オブジェクトに淡色表示のアイコンが表示されます。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • グループ内のショートカットを非表示にした場合は、ショートカットを右クリックし、[このグループに再表示 ] をクリックします

    • 親グループおよびカテゴリに対してのみオブジェクトを非表示にした場合は、オブジェクトを右クリックし、[再表示] をクリックします。

    • "非表示" プロパティを設定してすべてのカテゴリとグループに対してオブジェクトを非表示にした場合は、オブジェクトを右クリックし、[ビューのプロパティ] をクリックして、[隠しオブジェクト] チェック ボックスをオフにします。

すべてのカテゴリとグループのオブジェクトを非表示にする

  1. ナビゲーション ウィンドウの上部を右クリックし、[ナビゲーション オプション] を選択します

  2. 非表示にするオブジェクトを右クリックし、ショートカット メニューの [オブジェクトのプロパティ] または (テーブルの) [テーブルのプロパティ] をクリックします。

  3. [隠しオブジェクト] チェック ボックスをオンにします。

  4. [OK] をクリックします。

オブジェクトショートカットの名前を変更する

オブジェクト ショートカットの名前を変更しても、ショートカットがポイントしているデータベース オブジェクトの名前は変更されません。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、名前を変更するオブジェクトを右クリックし、[ショートカット名の変更] をクリックします。

  2. 新しいショートカット名を入力し、Enter キーを押します。

オブジェクトショートカットを削除する

  • ナビゲーション ウィンドウで、削除するショートカットを右クリックし、[削除] をクリック します

    オブジェクト ショートカットを削除しても、ショートカットがポイントしているデータベース オブジェクトは削除されません。

オブジェクトを削除する

  • ナビゲーション ウィンドウで、削除するオブジェクトを右クリックし、[削除] をクリックします。

    重要    グループからオブジェクトを削除する場合は、問題が発生する可能性があります。 データベースは一連のコンポーネントであり、その一連のコンポーネントからオブジェクトを削除すると、データベースの機能の一部またはすべてが壊れる可能性があります。

ページの先頭へ

高度なカスタマイズ

ナビゲーション ウィンドウをカスタマイズするには、さらに高度な方法があります。 [オプション] ダイアログ ボックスを使用してナビゲーション ウィンドウを非表示にし、オブジェクト プロパティを使用してオブジェクトのデザイン ビューを無効にできます。 マクロを使用して、カテゴリの表示と非表示を選択したり、カテゴリまたはグループに移動したり、ナビゲーション ウィンドウを非表示にしたり、ナビゲーション ウィンドウをロックしたりすることもできます。

データベースが開くとマクロ アクションを自動的に実行するには、autoexec という名前のマクロにアクションを入力します。 詳細については、「データベースを開 く際に実行されるマクロを作成する」を参照してください。 ユーザー インターフェイスを制御するマクロの作成の詳細については、「ユーザー インターフェイス (UI) マクロを作成する 」を参照してください

[オプション] ダイアログ ボックスを使用してナビゲーション ウィンドウを非表示にする

ナビゲーション ウィンドウを非表示にし、代替のナビゲーション方法 (スイッチボード フォーム、ナビゲーション フォーム 、スタートアップ フォーム上のボタンとリンクなど) を使用できます (おすすめAccessテンプレートを参照)。

  1. 開いているデスクトップ デスクトップから、[ファイル] タブをクリックし、[オプション] をクリックします。

  2. [カレント データベース] カテゴリをクリックし、[ナビゲーション] の [ナビゲーション ウィンドウを表示する] チェック ボックスをオフにします。

  3. [OK] をクリックします。

  4. この設定に影響を与える場合は、データベースを閉じてから、もう一開きます。

Note    ナビゲーション ウィンドウを再表示するには、手順を繰り返しますが、チェック ボックスをオンにします。

データベース オブジェクトのデザイン ビューを無効にする

ナビゲーション ウィンドウで、ショートカットの [デザイン ビューを無効にする] ショートカット プロパティ (ショートカットを右クリックし、[オブジェクトのプロパティ] をクリック)を設定して、ユーザーがショートカットを使用してターゲット オブジェクトをデザイン ビューまたはレイアウト ビューで開くことができるかどうかを制御できます。 たとえば、フォームへのショートカットに対してこのプロパティを有効にした場合、ユーザーはショートカットを使用してフォームのデザインやレイアウトを変更することはできません。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、デザイン ビューを無効にするショートカットを右クリックし、[オブジェクト のプロパティ]または [テーブルのテーブル プロパティ] をクリックします

  2. [オブジェクト 名<プロパティ]> ボックスで、[デザイン ビューのショートカットを無効にする] チェック ボックスを オンにします。

カテゴリの表示と非表示を切り替える場合は、SetDisplayedCategories マクロを使用する

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 新しいマクロを作成するには、[作成] タブの [マクロとコード] &クリックします

    • 既存のマクロにアクションを追加するには、ナビゲーション ウィンドウでそのマクロを右クリックし、[デザイン ビュー] を クリックします

  2. [デザイン] タブの [表示/非表示] グループで [すべてのアクションを表示] をクリックします。

  3. マクロ デザイナーで、ドロップダウン リスト から [SetDisplayedCategories] を選択します。 アクションがマクロ デザイナーに表示されます。

  4. [表示 ] ボックス で、設定を選択します。 カテゴリ をナビゲーション ウィンドウに表示する場合は、[はい] を選択します。 カテゴリ ナビゲーション ウィンドウに表示しない場合は、[いいえ] を選択します。

  5. [カテゴリ ] ボックスで、表示または非表示にするカテゴリの名前をクリックします。

  6. マクロを使用して制御するカテゴリごとに、手順 3 から 5 を繰り返します。

詳細については 、「SetDisplayedCategories マクロ アクション」を参照してください

NavigateTo マクロを使用してカテゴリまたはグループに移動する

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 新しいマクロを作成するには、[作成] タブの [マクロとコード] &クリックします

    • 既存のマクロにアクションを追加するには、ナビゲーション ウィンドウでそのマクロを右クリックし、[デザイン ビュー] を クリックします

  2. [デザイン] タブの [表示/非表示] グループで [すべてのアクションを表示] をクリックします。

  3. マクロ デザイナーで、ドロップダウン リスト から [NavigateTo] を選択します。 アクションがマクロ デザイナーに表示されます。

  4. [カテゴリ ] ボックスで、移動するカテゴリの名前をクリックします。

  5. カテゴリ内の特定のグループに移動する場合は、[グループ] ボックスの矢印をクリックし、移動するグループの名前をクリックします。

詳細については 、「NavigateTo マクロ アクション」を参照してください

LockNavigationPane マクロを使用してナビゲーション ウィンドウをロックする

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 新しいマクロを作成するには、[作成] タブの [マクロとコード] &クリックします

    • 既存のマクロにアクションを追加するには、ナビゲーション ウィンドウでそのマクロを右クリックし、[デザイン ビュー] を クリックします

  2. [デザイン] タブの [表示/非表示] グループで [すべてのアクションを表示] をクリックします。

  3. マクロ デザイナーで、ドロップダウン リストから [LockNavigationPane] を選択します。 アクションがマクロ デザイナーに表示されます。

  4. Lock 引数の値 を指定 します。 [は い] を 選んで、ナビゲーション ウィンドウをロックします。

詳細については 、「LockNavigationPane マクロ アクション」を参照してください

RunMenuCommand マクロを使用してナビゲーション ウィンドウを非表示にする

独自のナビゲーション システムを作成する場合は 、RunMenuCommand マクロ アクションと WindowHide 引数を使用して、ナビゲーション ウィンドウ を非表示 にできます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 新しいマクロを作成するには、[作成] タブの [マクロとコード] &クリックします

    • 既存のマクロにアクションを追加するには、ナビゲーション ウィンドウでそのマクロを右クリックし、[デザイン ビュー] を クリックします

  2. [デザイン] タブの [表示/非表示] グループで [すべてのアクションを表示] をクリックします。

  3. マクロ デザイナーで、ドロップダウン リスト から [RunMenuCommand] を選択します。 アクションがマクロ デザイナーに表示されます。

  4. コマンド ボックス で、[WindowHide]を選択します

[Access のオプション] ダイアログ ボックスの [ナビゲーション ウィンドウの表示] チェック ボックスを使用して、ナビゲーション ウィンドウの表示をオンまたはオフにすることもできます。 WindowHide引数"メニューコマンドの実行" マクロ アクションを使用すると、[ナビゲーション ウィンドウの表示] チェック ボックスがオンかオフかを選び、ナビゲーション ウィンドウが非表示になります。

詳細については 、「RunMenuCommand マクロ アクション」を参照してください

ページの先頭へ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×