ハードウェア構成の変更後に Windows 10 のライセンス認証をもう一度行う

ライセンス認証を実行すると、お使いの Windows のコピーが正規品であり、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項で許可されているデバイス数を超えて使われていないことを確認できます。

Windows 10 をインストールする場合、デジタル ライセンスはそれ自体をデバイスのハードウェアと関連付けます。 マザーボードの交換など、デバイスでハードウェアの大幅な変更を行った場合は、デバイスに一致するライセンスが Windows で認識されなくなり、Windows を使用するには再ライセンス認証が必要になります。  

Windows のライセンス認証を行うには、デジタル ライセンスまたはプロダクト キーが必要です。 どちらが必要かを確認するには、「Windows 10 のライセンス認証を行う」の「デジタル ライセンスまたはプロダクト キーのどちらのライセンス認証方法を使用しているか」をご覧ください。 ハードウェア変更用の準備を正しく行い、Windows 10 の再ライセンス認証を行うには、次の情報をご利用ください。

ハードウェア変更用に Windows 10 デバイスを準備する

まず、Windows 10 がライセンス認証済みかどうかを確認するには、次の手順を実行します。 

[スタート]  ボタンを選択し、[設定] 、[更新とセキュリティ][ライセンス認証] の順に選択します。

[ライセンス認証] 設定を開く

ライセンス認証を行っていない場合は、[ライセンス認証] ページに表示される手順に従って、ライセンス認証プロセスを完了します。 ライセンス認証中にエラーが発生した場合は、「Windows のライセンス認証エラーに関するヘルプ」をご覧ください。

Windows 10 がライセンス認証済みであることを確認したら、次の手順を実行します:

Windows 10 (Version 1607 以降) では、デバイスの Windows 10 デジタル ライセンスに Microsoft アカウントをリンクすることが重要です。 Microsoft アカウントをデジタル ライセンスにリンクすると、ハードウェアの大幅な変更を行っても、ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使用して、Windows の再ライセンス認証を行うことができます。

まず、Microsoft アカウント (Microsoft アカウントとは) が Windows 10 デジタル ライセンスにリンクされているかどうかを確認する必要があります。 確認するには、[スタート] ボタンを選択し、[設定] > [更新とセキュリティ] の順に選択して、[ライセンス認証] を選択します。 アカウントがリンクされているかどうかが、ライセンス認証の状態メッセージで示されます。

[ライセンス認証] 設定を開く  

ライセンス認証の状態

説明

Windows はデジタル ライセンスによってライセンス認証されています

これは、Microsoft アカウントがデジタル ライセンスにリンクされていないことを示します。

[アカウントの追加] の手順に従って操作してください。 

Windows は、Microsoft アカウントにリンクされたデジタル ライセンスによってライセンス認証されています

これは、Microsoft アカウントが既にデジタル ライセンスにリンクされていることを示します。

それ以上何もする必要はありません。 ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使用できる状態です。

Microsoft アカウントがデジタル ライセンスにリンクされていない場合は、[アカウントの追加] の手順に従って操作してください:

  1. Microsoft アカウントを追加するには、管理者としてサインインします。 管理者アカウントを使用しているかどうかを確認するには、[スタート] ボタンを選択し、[設定] > [アカウント]  > [ユーザーの情報] の順に選択します。 自分の名前の下に、"管理者" と表示されます。 管理者でない場合は、「ローカルのユーザー アカウントまたは管理者アカウントを作成する」をご覧ください。 
    設定の情報に移動する

  2. "管理者" という表記の上にメール アドレスが表示されているかどうかを確認することで、管理者アカウントが Microsoft アカウントでもあることを確認します。 メール アドレスが表示される場合、これは Microsoft アカウントです。 表示されない場合は、ローカル アカウントを使用してログインしています。 まだ Microsoft アカウントをお持ちでない場合は、「新しい Microsoft アカウントを作成する方法」をご覧ください。

  3. 自分が管理者であり、Microsoft アカウントを使用していることを確認したら、[ライセンス認証] ページに戻って [アカウントの追加] を選択し、Microsoft アカウントとパスワードを入力して、[サインイン] を選択します。

Microsoft アカウントが追加されると、[ライセンス認証] ページのメッセージが "Windows は、Microsoft アカウントにリンクされたデジタル ライセンスによってライセンス認証されています" に変わります。

ハードウェアを変更する前と後に、エディション (Windows 10 Home または Windows 10 Pro) が同じであることを確認してください。 デジタル ライセンスとプロダクト キーの再ライセンス認証を実行できるのは、エディションが変わっていない場合のみです。 

エディションは、ライセンス認証の状態を確認したときと同じ [ライセンス認証] ページで確認できます。 エディションを確認するには、[スタート] ボタンを選択し、[設定] > [更新とセキュリティ] > [ライセンス認証] の順に選択します。

Windows のエディションを確認する

プロダクト キーを使用して Windows 10 を取得した場合、ハードウェアの変更後にもう一度そのキーが必要になります。 キーを見つける方法について詳しくは、「Windows のプロダクト キーを探す」をご覧ください。

プロダクト キーとデジタル ライセンスについて詳しくは、「Windows 10 のライセンス認証を行う」をご覧ください。

ハードウェア構成の変更後に Windows 10 の再ライセンス認証を行う

再ライセンス認証の準備ができたら、デバイスがインターネットに接続されていることを確認し、デジタル ライセンスまたはプロダクト キーの手順に従います。

まず、Microsoft アカウントを追加して、自分のアカウントをデバイスのデジタル ライセンスにリンクする必要があります。 Microsoft アカウントをリンクした後、ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを実行して Windows 10 のライセンス認証をもう一度行います。   

このトラブルシューティング ツールは、Windows 10 (Version 1607 以降) のお手持ちのコピーがライセンス認証済みでない場合にのみ使用できます。 

ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使用するには:

  1. 管理者としてサインインします。 詳しくは、「Windows 10 でローカルのユーザー アカウントまたは管理者アカウントを作成する」をご覧ください。 

  2. [スタート]  ボタンを選択し、[設定] > [更新とセキュリティ] > [ライセンス認証] > [トラブルシューティング] の順に選択します。 トラブルシューティング ツールに、デバイスで Windows のライセンス認証が行えない ことを示すメッセージが表示されます。

    [ライセンス認証] 設定を開く

  3. [このデバイス上のハードウェアを最近変更しました] を選択し、[次へ] を選択します。

  4. 接続された Microsoft アカウントとパスワードを入力し、[サインイン] を選択します。 トラブルシューティング ツールは、接続された Microsoft アカウントでのみ機能します。

  5. Microsoft アカウントにリンクされているデバイスの一覧から、[現在使用中のデバイスは、これです] の横にあるチェック ボックスをオンにします。 

  6. [ライセンス認証] を選択します。

使用しているデバイスが結果の一覧で見つからない場合は、デバイスの Windows 10 デジタル ライセンスに関連付けられているアカウントと同じ Microsoft アカウントを使用してサインインしていることを確認します。

ライセンス認証中に引き続きエラーが生じる場合は、「Windows のライセンス認証エラーに関するヘルプ」を参照して、生じているエラーを見つけてください。

ハードウェアの変更前に Microsoft アカウントをデジタル ライセンスにリンクしておらず、プロダクト キーを使用して Windows 10 にアップグレードした場合は、次のセクションに進みます。

デバイスの購入時に Windows 10 がプレインストールされておらず、プロダクト キーを使用して Windows 10 にアップグレードした場合は、ハードウェアの変更後にその同じプロダクト キーが必要になります。 

[スタート]  ボタンを選択し、[設定] > [更新とセキュリティ]  > [ライセンス認証] > [プロダクト キーを変更する] の順に選択して、プロダクト キーを入力します。

設定でプロダクト キーを入力する

Windows 10 のプロダクト キーを使用してデバイスに製品版の Windows 10 をインストールした後で、ハードウェア変更を行った場合は、Windows 10 のプロダクト キーを使用してこの同じプロセスを実行します。

ライセンス認証中に引き続きエラーが生じる場合は、「Windows のライセンス認証エラーに関するヘルプ」を参照して、生じているエラーを見つけてください。

デジタル ライセンスまたはプロダクト キーがない場合

プロダクト キーまたはデジタル ライセンスをお持ちでない場合は、インストールの完了後に Windows 10 デジタル ライセンスを購入できます。 購入するには、以下の手順を実行します:

[スタート]  ボタンを選択し、[設定][更新とセキュリティ][ライセンス認証] の順に選択します。 [Microsoft Store に移動] を選択して Microsoft Store アプリに移動すると、そこで Windows 10 デジタル ライセンスを購入できます。

Microsoft Store に移動

さらにヘルプが必要ですか?

お使いのデバイスでの Windows の再ライセンス認証についてさらに支援が必要な場合は、カスタマー サポート にお問い合わせください。 

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×