パッケージ図形

パッケージはモデル要素のグループであり、マニラファイルフォルダーのような外観のシンボルで表されます。 他のパッケージ、モデル、図、要素など、すべてのシステム要素が含まれるパッケージとして、システムの説明全体を想像することができます。

パッケージの図形。

パッケージは、UML モデルの基本的な編成要素です。 グループ化された要素の名前空間を提供します。 各要素は、1つのパッケージにのみ属し、別のパッケージに入れ子にすることができます。 ツリービューのアイコンを右クリックすると、新しいパッケージを作成したり、要素やビュー (ダイアグラム) をパッケージに追加したりすることができます。

[UML パッケージ] 図形アイコン

パッケージは、UML モデルの基本的な編成要素です。 各要素は、1つのパッケージにのみ属し、別のパッケージに入れ子にすることができます。 ツリービューのアイコンを右クリックすると、新しいパッケージを作成したり、要素やビュー (ダイアグラム) をパッケージに追加したりすることができます。

[パッケージ] 図形を図面ページにドロップすると、新しい静的な構造図が新しいページに自動的に作成されます。 (ツリービューで新しい静的構造要素をダブルクリックして、そのページに移動します)。 ビューを作成するには、パッケージに属する要素の一部を新しいページにドラッグします。

パッケージ図形の名前を指定し、その他のプロパティ値を追加する

図形をダブルクリックします。

[パッケージ] 図形に表示されるプロパティ値を制御する

図面ページ上の図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックして、値の表示と非表示を切り替えるオプションをオンまたはオフにします。

パッケージ図形内に図面を作成する

図面ページ上の図形を右クリックし、[] をクリックします。 [新規] をクリックし、目的の図面の種類を選択して、[ ok] をクリックし、もう一度 [ ok ] をクリックします。

パッケージ図形に含まれている図面を開く

図面ページ上の図形を右クリックし、[] をクリックします。 目的の図を選び、[ OK]をクリックします。

[パッケージ] 図形の他のビューに移動する

図面ページ上の図形を右クリックし、[ビュー] をクリックします。 目的のビューを選択して、[ OK]をクリックします。

パッケージと他の要素間の関係をビューで表示する

図面ページで [パッケージ] 図形を右クリックし、[リレーションシップ表示] をクリックします。

モデルエクスプローラーから新しいパッケージを作成する

ツリービューで、新しいパッケージを作成するパッケージを右クリックし、[新規作成] をクリックして、[パッケージ] をクリックします。

新しいパッケージアイコンがツリービューに自動的に追加され、[ UML パッケージのプロパティ] ダイアログボックスが開きます。

ダイアグラムから新しいパッケージを作成する

  1. ツリービューで、パッケージを追加する図面のアイコンをダブルクリックします。

    ダイアグラムの図面ページが表示されます。

  2. [ Uml 静的構造]、[ uml ユースケース]、[ uml コンポーネント]、または [ uml 展開] から、[パッケージ] 図形を図面ページにドラッグします。

パッケージを表すアイコンがツリービューに追加されます。

パッケージから新しい図面を作成する

モデルに新しいパッケージを追加するたびに新しい図面を自動的に作成するには、[ uml ] メニューの [オプション] をクリックし、[ uml アドイン] タブで [パッケージ] または [サブシステム] 図形がドキュメントに追加されているときに、[図面ページの作成] を選択します。

このオプションが選択されていない場合に新しい図面を作成するには、新しい [パッケージ] 図形を右クリックし、[] をクリックして、[新規] をクリックします。 図面の名前を入力し、図面の種類を選択して、[ OK]をクリックします。

パッケージに要素を追加する

ツリービューで、要素を追加するパッケージを右クリックし、[新規作成] をクリックして、追加する要素の種類を選びます。

要素のアイコンがツリービューに追加されます。

図のパッケージコンテンツを表す

  1. ツリービューで、コンテンツを表すパッケージのアイコンを右クリックして、パッケージに含める図面の種類を選択します。次の操作を行います。

    適切なステンシルと空白の図面ページが表示されます。 図面の種類の名前を含む透かしがワークスペースに表示されます。

  2. パッケージに含める要素を表す図形を図面ページにドラッグします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×