Microsoft Stream では、組織全体のチャネルとグループを組み合わせて、ニーズに合わせてビデオを整理してアクセス許可を与える領域を設定できます。 提供されているシナリオと例のアイデアを使用して、ビデオを整理するために使用する可能性のある戦略を示します。

Stream のグループは、グループに基Microsoft 365されます。 Stream でグループを作成すると、Microsoft 365 全体で使用できる新しい Microsoft 365 グループが作成されます。このグループには、メール アドレス、予定表、サイトなどが含まれます。Microsoft Teams、SharePoint、Yammer、Planner などから組織内の Microsoft 365 グループを既に使用している場合は、Stream でこれらのグループの使用を開始できます。

チャンネルはビデオの組織的な方法ですが、アクセス許可の方法ではありません。 チャネルには、独自にアクセス許可が付与されている必要があります。

代替テキスト

会社全体のトップダウン共有 (一部の共同作成者、全員が表示可能)

組織内の 少数のユーザーからのトップダウンナレッジ共有用の領域を Stream で作成する場合は、パブリック グループ を使用します。

例:

  • CEO または他のリーダーからのメッセージ

  • 人事情報

  • 新入社員のオンボーディング トレーニング

特性:

  • (グループに参加したかどうかに関係なく) 会社の全員にこのグループ内のビデオが表示されます。

  • グループの所有者だけがビデオを投稿/編集できます。

  • グループ内にチャンネルを追加して、ビデオをさらに整理できます。

セットアップ:

エリア

Access

すべてのメンバーに投稿を許可する

グループ

パブリック グループ

オフ

代替テキスト

会社全体の共同作業チーム (組織のすべてのユーザーがビデオに参加して追加できます)

また、ビデオを見 てグループに参加しているグループ外のユーザーに問題ない、チーム、部署、またはグループ用の領域を Stream で作成する場合は、パブリック グループ を使用できます。

例:

  • オープン エリアまたはプロジェクトに取り組む会社間チーム

  • 特定のトピックの関心グループ

  • 会社を開いて満足しているチームまたは部署

特性:

  • (グループに参加したかどうかに関係なく) 会社の全員が、このグループ内のビデオとチャンネルを表示できます。

  • 所有者の承認なしで、誰でもこのグループに参加できます。

  • 所有者とメンバーは、ビデオをアップロード/編集できます。

  • グループ内にチャンネルを追加して、ビデオをさらに整理できます。

セットアップ:

エリア

Access

すべてのメンバーに投稿を許可する

グループ

パブリック グループ

オン

代替テキスト

会社全体の軽量キュレーション (組織のすべてのユーザーがビデオを追加できます)

企業全体 のチャネル を使用します。Stream で、トピック別のビデオの組織を組織する、会社全体のコミュニティ向け領域を作成する場合。

注: ユーザーが会社全体のチャネルを作成したくない場合は、「会社全体 のチャネルを制限する」を参照してください。会社全体のチャネルを作成できるユーザーを設定する方法については、「会社全体のチャネルを制限する」を参照してください。

例:

  • 会社間トピック

  • 従業員が作成した、仕事を向上するためのヒントとコツ

  • 従業員が作成した非公式トレーニング

  • 顧客の分析情報と学習

特性:

  • [このビデオ の表示を 会社の全員に許可する] がオンのビデオのみをこのチャネルに追加できます。

  • このチャネルでは、会社の全員がビデオを表示できます。

  • 会社の全員が、このチャネルに対してビデオを追加/削除できます。

  • このチャネル内に第 2 レベルのビデオを編成する必要はありません。

セットアップ:

エリア

チャネル

会社全体

代替テキスト

プライベート トップダウン共有 (少数の共同作成者、多くの閲覧者)

チームまたは 部署内の少数のユーザーからトップダウンのナレッジ共有を行うが、チームまたは部門のユーザーにのみ対してトップダウンナレッジ共有を行う必要がある、Stream の領域を作成する場合は、プライベート グループ を使用します。

例:

  • 部門長からのメッセージ

特性:

  • グループのメンバーだけが、このグループ内のビデオとチャンネルを表示できます。

  • 所有者は、グループに新しいメンバーを承認または追加する必要があります。

  • ビデオをアップロード/編集できるのは、グループの所有者のみです。

  • グループ内にチャンネルを追加して、ビデオをさらに整理できます。

セットアップ:

エリア

Access

すべてのメンバーに投稿を許可する

グループ

プライベート グループ

オフ

代替テキスト

プライベート コラボレーション チーム (参加の承認)

グループ内のユーザーの 共同作業スペースを必要なチームまたは部門用の領域を Microsoft Stream で作成する場合は、プライベート グループ を使用できます。

例:

  • ユーザーの任意の種類のチーム

  • 全員が投稿できる部署または部門

特性:

  • グループのメンバーだけが、このグループ内のビデオを表示できます。

  • 所有者は、グループに新しいメンバーを承認または追加する必要があります。

  • グループの所有者とメンバーの両方がビデオをアップロード/編集できます。

  • グループ内にチャンネルを追加して、ビデオをさらに整理できます。

セットアップ:

エリア

Access

すべてのメンバーに投稿を許可する

グループ

プライベート グループ

オン

代替テキスト

関連項目

グループとチャネルの設定

グループの作成

チャネルを作成する

グループとチャンネルにビデオを追加する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×