目次
×
ピボットテーブルを作成してデータを分析する
ピボットテーブルを作成してデータを分析する

ピボットテーブルを作成する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ピボットテーブルとピボットグラフの概要と、それらを使用して Excel 2013 でデータを集計して分析する方法について説明します。

ピボットテーブルを作成してワークシート データを分析する

ワークシート内のすべてのデータを分析できるため、ビジネス上の意思決定が向上します。 ただし、どこから始めるべきかわからない場合もあります。特に、大量のデータがある場合です。

Excel では、推奨されることをお勧めし、ピボットテーブルを自動的に作成して、データの集計、分析、調査、プレゼンテーションを行うことができます。

  1. データに列見出しまたはテーブルの見出しがあり、空白行がないことを確認します。

  2. セル範囲またはテーブル内の任意のセルをクリックします。

  3. [ 挿入 > おすすめピボットテーブル] をクリックします。

  4. [ おすすめピボットテーブル ] ダイアログボックスで、いずれかのピボットテーブルレイアウトをクリックしてプレビューを表示し、目的のデータを表示するものを選び、[ OK]をクリックします。

ピボットグラフを作成する

ピボットグラフは、ピボットテーブルのデータを理解するのに役立ちます。 ピボットグラフには、標準のグラフと同じように、データ系列、カテゴリ、グラフの軸が表示されますが、対話的なフィルターコントロールもグラフに表示されるため、データのサブセットをすばやく分析することができます。

  1. データ内の任意の場所をクリックします。

  2. [ 挿入 ] タブの [ グラフ ] グループで、[ おすすめグラフ] を選びます。

  3. [ おすすめグラフ ] タブで、上の隅にピボットグラフアイコンが表示されたグラフを選びます。 [プレビュー] ウィンドウにピボットグラフのプレビューが表示されます。

  4. 使いたいピボットグラフが見つかったら、[OK] をクリックします。 気に入ったピボットグラフが見つからない場合は、[おすすめグラフ] ではなく、[挿入] タブの [ピボットグラフ] をクリックします。

  5. ピボットグラフで、任意のインタラクティブコントロールをクリックして、並べ替えまたはフィルター処理のオプションを選びます。

さらに詳しく

ピボットテーブルを作成して外部データを分析する

ピボットテーブルを作成して複数のテーブルでデータを分析する

ピボット テーブルの値フィールドに別の計算を表示する

ピボットグラフを作成する

利用可能なグラフの種類

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×