メールボックスをパスワードで保護する

公共のコンピューターを共有する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。

100 人のユーザーと共有されるパブリック コンピューターでは、個々の Windows ユーザー アカウントを作成しても意味がありません。 この場合、全員が 1 つのユーザー アカウントを共有します。 自分がコンピューターの所有者である場合は、ユーザーがメールにアクセスできるが、プログラムの追加や削除など、コンピューター自体を変更できないようなアカウントのアクセス許可を制限できます。 公共のコンピューターでメールにアクセスする最も簡単で安全な方法は、Web ブラウザーを使用する方法です。

公共のコンピューターを共有する

パブリック コンピューターでメールにアクセスする最も簡単で安全な方法は、Web ブラウザーを使用する方法です。 これを行うには、ユーザー名、パスワード、メールのログイン URL の 3 つの情報が必要です。 このアドレスは、メール プロバイダーから取得できます。 たとえば、Microsoft メール アカウントのログイン アドレスは、live.com または outlook.com。 メール アドレスとパスワードを入力します。 次に、[サインイン ] をクリックします

完了したら、ブラウザーのインターネット オプションに移動し、履歴、インターネット一時ファイル、パスワードを削除します。

さらに詳しく

メール メッセージでの IRM の使用方法

電子メールを [標準]、[個人用]、[親展]、[社外秘] としてマークする

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×