ピボットテーブルのオプション

[ピボット テーブルのオプション] ダイアログ ボックスを使用して、ピボットテーブルのさまざまな設定を制御します。

Name    ピボットテーブル名を表示します。 名前を変更するには、ボックス内のテキストをクリックし、名前を編集します。

レイアウト&書式

[レイアウト] セクション

セルをラベルで結合および中央に配置する    項目を水平方向と垂直方向に中央揃えできるよう、外側の行と列の項目のセルを結合する場合に選択します。 アイテム グループの上部にある外側の行フィールドと列フィールド内のアイテムを左に合ったフィールドにクリアします。

コンパクトなフォームのインデント行ラベルの場合     ピボットテーブルがコンパクトな形式のときに行ラベル領域の行をインデントするには、インデント レベル 0 ~ 127 を選択します。

レポート フィルター領域にフィールドを表示する     [ 下へ] を 選択し、[次へ] を選択すると、フィールドが追加された後、別の列を作成する前に、レポート フィルター領域のフィールドが上から下に表示されます。 [ 上へ] を選択 し、[下へ] を選択すると、フィールドが追加された後で別の行を取得する前に、レポート フィルター領域のフィールドが左から右に表示されます。

列ごとのレポート フィルター フィールド     レポート フィルター領域の [フィールドの表示] の設定に基づいて、別の列または行を作成する前に表示するフィールドの数 を入力または選択します

[書式] セクション

エラー値の表示     このチェック ボックスをオンにし、エラー メッセージの代わりにセルに表示するテキスト ("無効" など) を入力します。 このチェック ボックスをオフにすると、エラー メッセージが表示されます。

空のセルの表示     このチェック ボックスをオンにし、空白セルではなくセルに表示するテキスト ("空" など) を入力します。

更新時に列幅を自動調整する     最も広いテキストまたは数値のサイズに自動的に合わせてピボットテーブルの列を調整する場合に選択します。 現在のピボットテーブル列の幅を維持するには、オフにします。

更新時にセルの書式を保持する    ピボットテーブルのレイアウトと書式を保存し、ピボットテーブルに対して操作を実行する度に使用する場合に選択します。 ピボットテーブルのレイアウトと書式を保存しない場合はオフにし、ピボットテーブルに対して操作を実行する度に既定のレイアウトと書式に設定します。

Totals & フィルター

[総計] セクション

行の総計を表示する    選択またはオフを切り替え、最後の列の横にある [総計] 列を表示または非表示にします。

列の総計を表示する    ピボットテーブルの下部にある [総計] 行を表示または非表示にする場合は、選択またはクリアします。

[フィルター] セクション

フィルター処理されたページアイテムの小計    レポートでフィルター処理されたアイテムを小計に含める、または除外するには、選択またはクリアします。

注: OLAP データ ソースでは、MDX 式の下位選択構文をサポートする必要があります。

* で合計をマークする    合計の横にあるアスタリスクを表示または非表示にする場合は、選択またはクリアします。 アスタリスクは、表示され、Excel で合計を計算するときに使用される、参照可能な値が計算に使用されることを示します。

注: このオプションは、OLAP データ ソースで MDX 式の下位選択構文がサポートされない場合にのみ使用できます。

フィールドごとに複数のフィルターを許可する    小計と総計を計算するときに、フィルター処理で非表示Microsoft Office Excel値を含める場合に選択します。 小計と総計を計算するときにExcelアイテムのみを含めるには、クリアします。

注: この設定は、OLAP 以外のデータ ソースでのみ使用できます。

[並べ替え] セクション

並べ替え時にユーザー設定リストを使用する    リストを並べ替えるときに、ユーザー設定リストの使用を有効またはExcelオフにします。 このチェック ボックスをオフにすると、大量のデータを並べ替えるときにパフォーマンスが向上する場合があります。

表示

[表示] セクション

展開/折りたたみボタンを表示する    行ラベルまたは列ラベルの展開または折りたたみに使用するプラスまたはマイナスのボタンを表示する場合に選択します。 行または列のラベルを展開または折りたたむ場合に使用するプラス/マイナスボタンを非表示にする場合は、オフにします。 ピボットテーブルを印刷する場合、または表示用にピボットテーブルを表示するときに、プラスまたはマイナスのボタンを非表示にすることもできます。

コンテキスト ヒントを表示する    フィールドまたはデータ値の値、行、または列の情報を表示するヒントを表示する場合に選択します。 フィールドまたはデータ値の値、行、または列の情報を表示するヒントを非表示にする場合はオフにします。

ヒントにプロパティを表示する    アイテムのプロパティ情報を表示するヒントを表示または非表示にする場合は、選択またはクリアします。

注: この設定は OLAP データ ソースにのみ使用できます。

フィールドのキャプションとフィルターのドロップダウンを表示する    ピボットテーブルの上部にあるピボットテーブルのキャプションを表示または非表示にする場合は、選択またはオフを切り替え、列ラベルと行ラベルのドロップダウン矢印をフィルター処理します。

従来のピボットテーブル レイアウト    ピボットテーブルのオンとオフを切り替え、フィールドのドラッグを有効または無効にするには、オンまたはオフを切り替えます。

行にデータがないアイテムを表示する     値を持つ行項目を表示または非表示にする場合は、選択またはクリアします。

注: この設定は OLAP データ ソースにのみ使用できます。

列にデータがないアイテムを表示する    値を持つ列項目を表示または非表示にする場合は、オンまたはオフを切り替える。

注: この設定は OLAP データ ソースにのみ使用できます。

値領域にフィールドがない場合に項目ラベルを表示する    値領域にフィールドがない場合は、項目ラベルを表示または非表示にする場合は、選択またはクリアします。

注: このチェック ボックスは、2007 年 1 月より前に作成Office Excel適用されます。

OLAP サーバーから集計メンバーを表示する     ディメンション内の計算メンバーを表示または非表示にする場合は、選択またはクリアします。 このチェック ボックスは、計算メジャーには影響を与えされません。

注: この設定は OLAP データ ソースにのみ使用できます。

[フィールド リスト] セクション

次の 2 つのオプションは相互に排他的です。

A から Z に並べ替える    [ピボットテーブル] フィールド リストのフィールドをアルファベット順に昇順で並べ替えるには、 を選択します。

注: この設定は OLAP データ ソースでは使用できません。

データ ソースの順序で並べ替える    [ピボットテーブル] フィールド リストのフィールドを、外部データ ソースで指定された順序で並べ替える場合に選択します。

注: この設定は OLAP データ ソースでは使用できません。

印刷

ピボットテーブルに表示されている場合は、展開/折りたたみボタンを印刷する    ピボットテーブルを印刷するときに、展開ボタンと折りたたみボタンを表示または非表示にする場合は、選択またはクリアします。 このダイアログ ボックスの [表示]タブで[ドリル ボタンを表示する] チェック ボックスがオフの場合、このチェック ボックスは使用できません。

印刷された各ページで行ラベルを繰り返す    印刷されたピボットテーブルの各ページで、行ラベル領域の現在のアイテム ラベルを繰り返す場合は、選択またはクリアします。

印刷タイトルを設定する     ピボットテーブルの印刷された各ページで、行と列のフィールド ヘッダーと列項目ラベルの繰り返しを有効または無効にするには、選択またはクリアします。

注: ラベルを実際に印刷するには、[ページ設定] ダイアログ ボックスの [シート] タブの [タイトルの印刷] セクションの左側のボックスで、[行] に値を入力して繰り返す必要があります。 ([ページ レイアウト ] タブの [ページ設定] グループで 、[印刷タイトル] を クリックします

データ

[ピボットテーブル データ] セクション

ファイルを使用してソースデータを保存する    ブックを使用して外部データ ソースのデータを保存または保存しない場合は、選択またはクリアします。

注: 

  • この設定は、データプライバシーの管理には使用できません。

  • また、この設定は OLAP データ ソースでは使用できません。

詳細への展開を有効にする    データ ソースの詳細データをドリル ダウンし、新しいワークシートにデータを表示するには、選択またはクリアします。

注: この設定は OLAP データ ソースでは使用できません。

ファイルを開くときにデータを更新する    このピボットテーブルを含むブックを開く際に、データを更新Excelを選択またはクリアします。

注: この設定は OLAP データ ソースでは使用できません。

データ ソース セクションから削除されたアイテムを保持する

フィールドごとに返される項目の数    ブックで一時的にキャッシュする各フィールドのアイテム数を指定するには、次のいずれかを選択します。

  • 自動     各フィールドの一意の項目の既定の数。

  • なし     各フィールドに一意の項目はありません。

  • MAX     各フィールドの一意の項目の最大数。 最大 1,048,576 項目を指定できます。

注: この設定は OLAP データ ソースでは使用できません。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×