ピボットテーブルまたはピボットグラフで日付をフィルター処理する

[日付テーブルとしてマーク] をクリックするか、 PowerPivot ウィンドウの [デザイン] タブで [日付テーブルの設定] を選択すると、[日付テーブルとしてマーク] ダイアログボックスが表示されます。 [日付テーブルとしてマーク] ダイアログボックスでは、Excel ピボットレポートの PowerPivot データに対して詳細な日付フィルターを使用できるようにする一意の日付列を指定します。

日付テーブルから PowerPivot フィールドリストの行ラベルまたは列ラベルにフィールドを追加すると、ピボットテーブルまたはピボットグラフの行と列のラベルに詳細な日付フィルターが表示されます。

日付プロパティを変更するには

  1. [ PowerPivot ] ウィンドウで、日付を含むテーブルを選択します。

  2. [デザイン] タブの [日付テーブルとしてマーク] をクリックします。

  3. ダイアログボックスで、空白値が含まれていない一意の値を含む列を選びます。

  4. [OK] をクリックします。

高度な日付フィルターを使用するには

  1. 同じブック内のピボットテーブルまたはピボットグラフに移動します。

  2. 日付テーブルから PowerPivot フィールドリストの [列ラベル] または [行ラベル] 領域に列を追加します。

  3. ピボットテーブルの [列ラベル] または [行ラベル] の横にある下矢印をクリックします。

  4. [日付フィルター] をポイントし、一覧からフィルターを選びます。

    データ フィルター

ページの先頭へ

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×