予定、計画、予算の管理 - Microsoft 365 では簡単に行うことができます

ピボット テーブルの互換性の問題

互換性チェックで、ピボットテーブルに関連する互換性の問題が見つかりました。

重要: 引き続き以前のファイル形式でブックを保存する場合は、その前に重大な機能損失を引き起こす問題を解決して、データが永久に失われたり、正しい機能が損なわれたりすることのないようにしておく必要があります。

再現性の低下を引き起こす問題は、引き続き以前の形式でブックを保存するために解決しておく必要がある場合もあれば、そのままでもかまわない場合もあります。データが失われたり機能が損なわれたりすることはありませんが、ブックの表示や動作が、以前のバージョンの Microsoft Excel で開いたときとまったく同じではなくなる可能性があります。

この記事の内容

機能が大幅に損なわれる問題

再現性の低下を引き起こす問題

機能が大幅に損なわれる問題

問題

解決方法

このブックのピボットテーブルは最新のファイル形式のみで有効であり、以前のファイル形式で保存すると失われます。 以前のバージョンの Excel では、互換モードで作成されたピボットテーブルのみ機能します。

意味    Excel 2007 以降では、ピボットテーブルはフィールドごとに1048576固有のアイテムをサポートしていますが、Excel 97-2003 では、1つのフィールドに対して32500のアイテムのみがサポートされています。

解決策    互換性チェックで [ 検索 ] をクリックして、以前の制限を超えているピボットテーブルを探します。 ブックを Excel 97-2003 形式で保存し、互換モードでこのピボットテーブルを再作成します。

このブックのピボットテーブルには、折りたたまれた行または列のセルに適用される条件付き書式ルールが含まれています。 以前のバージョンの Excel でこれらのルールが失われないようにするには、これらの行または列を展開します。

意味    折りたたまれた行または列のセルに適用されている条件付き書式ルールは、Excel 97-2003 では失われます。

解決策    互換性チェックで [ 検索 ] をクリックして、条件付き書式ルールを含む折りたたまれている行または列を探し、それらの行または列を展開してから、以前の Excel ファイル形式でブックを保存します。

このブックには、ピボットテーブルに関連付けられていない名前付きセットが含まれています。 これらの名前付きセットは保存されません。

意味    ピボットテーブルに関連付けられていない名前付きセットは、Excel 97-2007 では削除されます。

解決策    この問題を回避するには、接続を使ってピボットテーブルを作成してください。

このブックには、What-If 分析が有効になっているピボットテーブルがあります。 以前のバージョンの Excel では、発行されていない What-If 値の変更は失われます。

意味    サーバーに発行されていない what-if 分析の変更は、以前のバージョンの Excel では表示されません。

解決策    以前のバージョンの Excel でブックを開く前に、what-if 分析の変更を発行してください ([ピボットテーブルツール] の [ 分析 ] タブの [ 計算 ] グループで、[ OLAP ツール ] の [ what-if 分析] をクリックします)。

このブック内のピボットテーブルには、同じ測定結果が 2 回以上表示されるデータ軸が含まれています。 このピボットテーブルは保存されません。

意味    Excel 2010 以降では、オンライン分析処理 (OLAP) データソースに接続されているピボットテーブルのメジャーを複製することができます。 このピボットテーブルは、Excel 97-2007 では表示できません。

解決策    互換性チェックで [ 検索 ] をクリックして、同じ測定値の複数が表示されているデータ軸を含むピボットテーブルを探します。次に、重複するメジャーを削除して、1つのメジャーのみを残します。

このブックのピボットテーブルまたはデータ接続には、以前のバージョンの Excel では使用されていなかったサーバー設定が含まれています。 ピボットテーブルまたはデータ接続のサーバー設定の一部は保存されません。

意味    Excel 97-2007 で利用できないピボットテーブルまたはデータ接続のサーバー設定の一部は失われます。

解決策    使用しているサーバー設定が以前のバージョンの Excel と互換性があることを確認し、必要な変更を行います ([ピボットテーブルツール]、[ 分析 ] タブ、[ データ ] グループ、[ データソースの変更 ] ボタン、[ 接続のプロパティ ] コマンド)。

このブック内のピボットテーブルには、'計算の種類' 機能を使用して表されたデータが含まれています。 これらのユーザー設定の出力は保存されず、データ ソースの元の値で置き換えられます。

意味    [計算の形式] 機能は、Excel 97-2007 ではサポートされていません。入力したユーザー設定の値データ ( 親の行の合計の%親列の合計に対する比率、合計 で%の累計) を表示することはできません。

解決策    互換性チェックで [ 検索 ] をクリックして、ユーザー設定の値の出力が含まれているピボットテーブルを探し、その出力を削除します (フィールドを右クリックし、[計算の 形式] で [ 計算しない] をクリックします)。

このブックには、ユーザー設定の埋め込みデータが含まれています。 このデータは保存されません。

意味    PowerPivot データなどの埋め込みカスタムデータは、Excel 97-2007 ではサポートされていません。 データは失われます。

解決策    以前のバージョンの Excel で作業する予定のブックから PowerPivot データを削除します。

このブックにはスライサーが含まれており、ブック内のピボットテーブルとキューブ関数をフィルター処理するために使用できます。 スライサーは、以前のバージョンの Excel では機能しません。

意味    スライサーは Excel 97-2007 では使用できませんが、Excel 2010 以降では引き続き使用できます。

解決策    以前のバージョンの Excel では、ピボットテーブルフィルターを使ってデータをフィルター処理することができます。

このブックにはスライサーが含まれており、ブック内のピボットテーブルとキューブ関数をフィルター処理するために使用できます。 スライサーは保存されません。 スライサーを参照する数式は #NAME? エラーを返します。

意味    スライサーは、以前のバージョンの Excel ではサポートされていません。 これらは表示できないため、失われます。

スライサーを参照している OLAP 関数が設定された接続を最新の情報に更新すると、予期された結果ではなく、#NAME? エラーが返されます。

解決策    スライサーの代わりにピボットテーブルフィルターを使用して、データをフィルター処理します。

ページの先頭へ

再現性の低下を引き起こす問題

問題

解決方法

このブック内のピボットテーブルに、ピボットテーブルのスタイルが適用されています。 以前のバージョンの Excel では、ピボットテーブルのスタイルによる書式は表示できません。

意味    Excel 97-2003 では、テーマに基づくピボットテーブル スタイルは使用できず、表示もできません。

解決策    互換性チェックで [ 検索 ] をクリックして、ピボットテーブルスタイルが適用されているピボットテーブルを探し、そのピボットテーブルスタイルを削除してから、以前のバージョンの Excel でサポートされているピボットテーブルの書式を手動で適用します。

このブックのピボットテーブルは、Excel 2007 より前のバージョンでは機能しません。 以前のバージョンの Excel では、互換モードで作成されたピボットテーブルのみ機能します。

意味    Excel 2007 以降で作成したピボットテーブルを Excel 97-2003 で更新することはできません。

解決策    互換性チェックで [ 検索 ] をクリックして、現在のファイル形式で作成されたピボットテーブルを探します。 ブックを Excel 97-2003 形式で保存した後、互換モードでこのピボットテーブルを再作成します。これにより、機能を失わずに Excel 97-2003 で開くことができるようになります。

このブックのピボットテーブルに、コンパクト形式のフィールドがあります。 以前のバージョンの Excel では、このレイアウトは表形式に変更されます。

意味    Excel 97-2003 では、関連データが画面の横方向にはみ出さないようにし、スクロールが最小限で済むようにするコンパクト形式 (単一形式、または表形式とアウトライン形式の組み合わせ) は使用できないため、フィールドは表形式で表示されます。

解決策    互換性チェックで、[ 検索 ] をクリックしてコンパクト形式のフィールドが含まれているピボットテーブルを探し、必要に応じて [ セルを結合して中央揃え する] チェックボックス ([ピボットテーブルツール]、[ 分析 ] タブ、[ ピボットテーブル グループ]、[ オプション ]、[ レイアウト & 書式 ] タブ) の順に移動します。

このブックのピボットテーブルには、以前のバージョンの Excel では存在しない設定が含まれています。 一部のピボットテーブルの設定は保存されません。

意味    Excel 97-2007 では、一部のピボットテーブルの設定がサポートされていません。 これらの設定は失われます。

解決策    互換性チェックで [ 検索 ] をクリックして、サポートされていない設定を含むピボットテーブルを探し、必要な変更を加えます。

このブック内のピボットグラフには、有効または無効になっている特定のフィールド ボタンが含まれています。 すべてのフィールド ボタンは有効として保存されます。

意味    以前のバージョンの Excel でブックを開いて保存すると、ピボットグラフに表示されないフィールドボタンは有効として保存されます。

解決策    以前のバージョンの Excel のファイル形式で保存した後にブックを再び開いた場合、必要なものを表示するためにフィールドボタンを有効または無効にすることが必要になる場合があります ([ピボットグラフツール]、[ 分析 ] タブ、[ 表示/非表示 ] グループ、[ フィールドボタン ] ボタン)。

このブックのピボットテーブルには、1つ以上の名前付きセットが含まれています。 名前付きセットの一部のプロパティは保存されないことがあります。

意味    1つまたは複数の名前付きセットに既定以外のプロパティ設定があります。これは、ブックを Excel 97-2003 ファイル形式で保存したときに保存されない可能性があります。

解決策    互換性チェックで [ 検索 ] をクリックして、変更された名前付きセットプロパティが含まれているピボットテーブルを探し、[ フィールドの設定 ] ダイアログボックスで必要な調整を行います。 名前付きセットの任意のメンバーを右クリックし、[ フィールドの設定] をクリックします。 [ レイアウト & 印刷 ] タブで、[異なるレベルのアイテムを別の フィールドに表示 する] チェックボックスがオンになっていないことを確認します (既定の設定)。また、[ セットからの重複を自動的に削除 する] チェックボックスがオンになっていることを確認します (既定の設定)。

このブック内の接続には、1つ以上の名前付きセットまたは計算メンバーが含まれています。 名前付きセットまたは計算メンバーの一部のプロパティは保存されないことがあります。

意味    名前付きセットまたは計算メンバーには、Excel 2007 および Excel 97 97-2003 でサポートされていないプロパティがあります。これらのプロパティは保存されない可能性があります。

操作   名前付きセットの任意のメンバーを右クリックし、[ フィールドの設定] または [ 値フィールドの設定] をクリックして、必要な調整を行います。

このブックにはスライサー スタイルがあり、以前のバージョンの Excel ではサポートされていません。 このスライサー スタイルは保存されません。

意味    以前のバージョンの Excel のファイル形式でブックを保存すると、ユーザー設定のスライサースタイルは失われます。

操作   スライサーは以前のバージョンの Excel ではサポートされていないため、カスタムスライサースタイルを保持することはできません。 以前のバージョンの Excel では、ピボットテーブルフィルターを使ってデータをフィルター処理することができます。

このブックのピボットテーブルには、ラベルの重複したフィールドが含まれています。 このピボットテーブルを更新すると、これらのラベルは失われます。

意味    Excel 97-2007 では、ラベルの重複はサポートされていません。以前のバージョンの Excel でピボットテーブルを更新すると、ラベルが失われます。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、ラベルの重複があるピボットテーブルを探し、ラベルが重複しないようにします ([ピボットテーブル ツール] の [デザイン] タブの [レイアウト] で [レポートのレイアウト] をクリックし、[アイテムのラベルを繰り返さない] をクリックします)。

このブック内のピボットテーブルには代替テキストが適用されています。 ピボットテーブルの代替テキストは、Excel 2007 より前のバージョンでは削除されます。

意味    代替テキストは、Excel 97-2007 では使用できず、表示もできません。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、代替テキストを含むピボットテーブルを探します。 以前のバージョンの Excel で代替テキストを表示するには、代替テキストをワークシート内の空白セルにコピーするか、そのテキストを含むコメントを挿入します。

ピボットテーブル内の任意の場所を右クリックし、[ピボットテーブル オプション] をクリックします。 [ 代替テキスト ] タブの [ 説明 ] ボックスで代替テキストを選択し、Ctrl キーを押しながら C キーを押してコピーします。

このブック内のピボットテーブルには代替テキストが適用されています。 代替テキストは、Excel 2007 では表示できません。

意味    代替テキストは、Excel 97-2007 では使用できず、表示もできません。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、代替テキストを含むピボットテーブルを探します。 以前のバージョンの Excel で代替テキストを表示するには、代替テキストをワークシート内の空白セルにコピーするか、そのテキストを含むコメントを挿入します。

ピボットテーブル内の任意の場所を右クリックし、[ピボットテーブル オプション] をクリックします。 [ 代替テキスト ] タブの [ 説明 ] ボックスで代替テキストを選択し、Ctrl キーを押しながら C キーを押してコピーします。

ページの先頭へ

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×