ファイルの破損エラーの発生後に文書を開く

ファイルが破損し、Word、Excel、または PowerPoint で通常どおりに開けなくなる場合があります。 しかし、すべてが失われたわけではありません。 そのような場合は、[開いて修復] でファイルを回復できることがあります。

  1. [ ファイル > 開く ] をクリックし > 参照 して、ドキュメント (Word)、ブック (Excel)、またはプレゼンテーション (PowerPoint) が保存されている場所またはフォルダーに移動します。 [ファイルを開く] ダイアログボックスには表示されないので、[ 最近 ] セクションからファイルを開かないでください。

    [ファイル] の [参照] オプションで、メニューを開きます。

    注: 

    • Office 2013 を使用している場合、OneDrive やローカルコンピューターなどの場所を選択し、[ 参照] を選択します。

    • Office 2010 を使っている場合は、[ 参照] をクリックする必要はありません。

  2. 目的のファイルをクリックし、[開く] の横にある矢印をクリックして、[開いて修復] をクリックします。

    開いて修復

ファイルの破損を防ぐ

ファイルの破損は、一般にファイルが保存されている USB デバイスを Windows で開いている状態で取り外した場合に発生します。 Windows タスクバーの [ ハードウェアの安全な取り外し] アイコン を使用すると、破損したファイルを防ぐことができます。 このアイコンが表示されない場合は、通知領域の上向き矢印をクリックして、非表示のアイコンを表示します。

コンピューターのクラッシュや停電が発生した場合、Office の自動バックアップ機能を有効にしておくと、ファイルを以前のバージョンに回復できます。

ファイルを OneDrive に保存していて、[ 自動保存 ] を使用している Microsoft 365 、変更内容を保護するのに役立ちます。

アプリケーション固有のトラブルシューティング手順

Excel、Word、または PowerPoint で、破損した Office ファイルを修復する方法の詳細については、次の記事を参照してください。

ヘルプを表示

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×