フィルター Web パーツを使用する

フィルター web パーツ特定の条件に基づいて、別の web パーツに表示されるデータのビューを変更します。 たとえば、フィルター web パーツを使用すると、特定の年の値のみを表示したり、クラス内の学生の一覧を表示したりすることで、特定の課題を完了した学生の名前だけが表示されるようにすることができます。

ユーザー入力が必要なフィルター条件 (日付やテキストなど) をフィルター処理して、ページにフィルターアイコンを表示します。 または、フィルター web パーツを自動的に動作させることができます。ページに表示されないことがあります。また、現在のユーザーフィルターなどの第3の web パーツから提供されているフィルター処理の条件を使用する場合もあります。 ページに表示されないフィルター web パーツは、コンテキスト web パーツと呼ばれます。ユーザーが入力しなくても結果が自動的にフィルター処理されます。

フィルター web パーツは、 SharePoint リスト、Microsoft SQL Server バージョン2005および 2008 Analysis Services からのデータ、Business Connectivity Services に存在するデータを操作します。

この記事の内容

フィルターの使用方法

フィルターの種類

フィルターを使用する

フィルターの使用方法

次のシナリオでは、さまざまな方法でフィルター web パーツを使用できます。

  • Jeff Smith は、製品によって生成された収益を月単位で伝達したいと考えています。 これまで、Jeff は、Contoso Sales アプリケーションによって生成された SQL Server Analysis Services レポートを表示し、その情報を電子メールメッセージにコピーしてチームに配布しました。

    この時点で、Jeff は同じ SQL Server Analysis Services レポートを1か月間に追加して、顧客の苦情を製品別に示すレポートと共に追加します。 ジェフは、ダッシュボードユーザーが目的の製品を選択できるように、フィルター web パーツを追加します。 フィルターを設定して製品のリストを表示し、そのフィルターを製品の月次レポートと既存の製品収益の両方のレポートに接続します。 チームメンバーがページを表示すると、Jeff でレポートに設定された既定の製品のデータを表示できますが、リストから製品を選ぶこともできます。 チームメンバーが別の製品を選択すると、フィルターによって、接続されている各 web パーツのすべてのデータが変更されます。

  • Christina 秀樹は、地域の営業課長で、部門のダッシュボードを使って月次データを確認します。 これは、顧客満足度の主要業績評価指標 (KPI) が黄色であり、それが警告モードであることを示しています。 インジケーターをクリックして、インジケーターが表示されている Web ページに移動することもできます。黄色の理由と、さらに詳しい情報を提供する3つのレポートが表示されます。

    フィルターには、Christina の除算専用に適用されるページ要素のみが表示されます。 Christina の会社の他の販売マネージャーは同じダッシュボードを表示できますが、ビューは異なります。 フィルターによって、特定の部門の各ビューがカスタマイズされます。

ページの先頭へ

フィルターの種類

使用するフィルター web パーツの種類とその使用方法は、データソース、ユーザーが必要とする操作の種類、および目的の結果によって異なります。 SharePoint Server 2007 および2010には9種類のフィルターがあり、フィルター操作 web パーツと共に、ユーザーがページ上のデータを更新するタイミングを選択できるように、フィルターボタンをページに追加することができます。

次のフィルタ web パーツを使用すると、ページに表示されるデータをフィルター処理する値を手動で指定することができます。

Web パーツ

説明

日付フィルター

既定値を指定するか、値を空白のままにすることができます。 ユーザーはドロップダウンカレンダーから日付を選ぶか、[Web パーツ] ページに表示されるボックスに m/d/yyyy の値を入力することができます。

クエリ文字列 (URL) フィルター

( SharePoint 2007 でのみ使用可能)

別のページ上のリンクをダッシュボードに追加するときに、フィルターを URL に追加することを許可します。

テキストフィルター

ユーザーにテキストの入力を要求するか、既定の設定を指定することができます。

次のフィルター web パーツを使用すると、ユーザーは値の一覧から選ぶことができます。

Web パーツ

説明

選択フィルター

選択フィルターでは、web パーツのツールウィンドウで値を指定できます。 ユーザーは、ページに表示されるドロップダウンメニューからいずれかの値を選びます。

Business Data Connectivity フィルター (SharePoint 2010)

ビジネスデータカタログフィルター(SharePoint 2007)

この web パーツでは、ビジネスデータカタログから値のリストを指定し、[値] 列を指定できます。 さらに、[説明] 列を追加することもできます。

たとえば、エンティティが製品の場合、 AdventureWorks アプリケーション値列名前にすることができます。 [説明] 列を追加すると、このフィルター web パーツによって選択ダイアログが追加され、ユーザーはドロップダウンリストを使用して、説明キー名前で製品を検索できるようになります。

SharePoint リストフィルター

このフィルターを構成する場合は、 SharePoint リストをポイントし、[タイトル]、[説明]、[日付]、または [ドキュメントの種類] などの列の値を指定します。 ユーザーはリストを参照して、指定した項目の種類から選ぶことができます。

SQL Server Analysis Services フィルター (SharePoint 2010)

SQL Server 2005 Analysis Services フィルター(SharePoint 2007)

このフィルターでは、現在の Web ページ上の web パーツ、または SharePoint データ接続ライブラリまたは Office データ接続ライブラリからデータ接続を選ぶことができます。 次に、ディメンションと階層を指定します。 ユーザーは結果リストから値を選ぶことができます。

これらのフィルター web パーツは、Web ページに表示されるデータを自動的にフィルター処理します。

Web パーツ

説明

現在のユーザーフィルター

現在のユーザーのログイン名または選択された SharePoint profile プロパティのいずれかを指定します

クエリ文字列 (URL) フィルター

ツールウィンドウで構成した別のソースから固定値を渡します。

ページフィールドフィルター

現在のページに関連付けられているリスト行の列の値を提供します。

ページの先頭へ

フィルターを使用する

フィルターを使用するには、次の3つの手順を実行します。

  • Web ページにフィルターを追加する

  • フィルター設定を構成する

  • あれフィルターをページの他の web パーツに接続する

フィルター web パーツをページに追加する

フィルター web パーツをページに追加する方法は、他の web パーツをページに追加する方法と似ています。 ユーザー入力を要求するフィルターを使用する場合は、ページに web パーツを配置することを検討してください。 さらに、ツールウィンドウのフィルターに指定した名前は、テキストボックスまたはメニューのページ上の説明として機能します。

フィルター設定を構成する

[Web パーツ] ツールウィンドウを使用して、フィルターの設定を構成します。 各ツールウィンドウには、設定しているフィルターの種類に応じて、さまざまなオプションがあります。

フィルター設定の構成の詳細については、次の記事を参照してください。

フィルターをページの他の web パーツに接続する

使用しているフィルター web パーツをページの別の web パーツに接続しなければならない場合があります。 これは、Excel Web Access Web パーツでフィルターを使用する場合に当てはまることがあります。 ユーザーに表示される、または非表示になっているフィルター web パーツを接続できます。 表示フィルター web パーツでは、製品リストからの選択など、ページビューアーからの入力を要求する場合があります。 現在のユーザーフィルターなどの非表示フィルター web パーツは、コンピューターにログオンしているユーザーに基づいて、ターゲット web パーツ内のデータを自動的にフィルター処理します。

ページ上の別の web パーツに接続できるフィルターが利用可能になると、[接続] メニューが [web パーツ] メニューから表示されます。 フィルター web パーツとページ上の別の web パーツ間の接続は、どちらの web パーツからでも開始できます。

ページの先頭へ

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×