フィールド コード: AutoTextList (定型句) フィールド

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

AutoTextList フィールド コードは、作業中のテンプレートに含まれる定型句を基にしたショートカット メニューを作成します。一覧の内容は、定型句の作成時に定型句に適用されたスタイルに応じて変わります。

構文

文書内の AutoTextList フィールド コードを表示すると、次のような構文が表示されます。

{ AUTOTEXTLIST "リテラル文字列" \s ["スタイル名"] \t ["ヒントの文字列"] }

注: フィールド コードは、何を表示するかをフィールドに指示します。フィールドの実行結果は、フィールド コードの評価後に文書内に表示される内容です。フィールド コードとフィールド コードの実行結果の表示を切り替えるには、Alt キーを押しながら F9 キーを押します。

説明

"リテラル文字列"

ユーザーがショートカット メニューを表示する前に、文書に表示される文字列を指定します。文字列にスペースが含まれている場合は、文字列を半角の二重引用符 (") で囲みます。

"スタイル名"

一覧に表示する定型句のスタイル名を指定します。段落スタイルまたは文字スタイルを指定できます。スタイル名にスペースが含まれている場合は、スタイル名を半角の二重引用符 (") で囲みます。

"ヒントの文字列"

フィールドの実行結果の上にマウス ポインターを置いたときに、 ポップ ヒントで表示するテキスト。テキストを引用符で囲みます。

スイッチ

\s

一覧に、特定のスタイルを基にした定型句が含まれるように指定します。このスイッチを指定しないと、現在の段落スタイルが設定された定型句が表示されます。現在のスタイルが設定された定型句がない場合は、すべての定型句が表示されます。

\t

ポップ ヒントに、既定のヒントではなく、独自の文字列を表示します。

あいさつ文のスタイルが適用された定型句を作成した場合、

{ AUTOTEXTLIST "あいさつ文の一覧" \s あいさつ文 \t "あいさつ文を選択してください" } という AutoTextList フィールド コードを追加すると、次のように表示されます。

  • 文書中: あいさつ文の一覧

  • ヒント: あいさつ文を選択してください

  • ショートカット メニュー: "あいさつ文" というスタイルの定型句の一覧

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×