フィールド コード: Compare フィールド

Compare フィールド コードは 2 つの値を比較し、比較の結果が TRUE の場合は "1"、比較の結果が FALSE の場合は "0" を表示します。このフィールドを使用して、= (式) フィールドで AND や OR 関数を使用した複合論理比較を作成し、IF フィールドで = (式) フィールドの結果を使用できます。

構文

文書内の Compare フィールド コードを表示すると、次のような構文が表示されます。

{ COMPARE 式 1 演算子 式 2 }

注: フィールド コードは、何を表示するかをフィールドに指示します。フィールドの実行結果は、フィールド コードの評価後に文書内に表示される内容です。フィールド コードとフィールド コードの実行結果の表示を切り替えるには、Alt キーを押しながら F9 キーを押します。

説明

式 1、式 2

比較する値。式では ブックマーク の名前、テキスト文字列、数値、値を返すネストされたフィールド値、または数式を指定することができます。式にスペースが含まれる場合は、式を二重引用符で囲みます。

演算子

比較演算子 演算子の前後には、スペースを挿入します。

演算子

説明

=

等しい

<>

等しくない

>

より大きい

<

より小さい

>=

以上

<=

以下

注: 比較演算子が = (等しい) または <> (等しくない) の場合は、任意の 1 文字を表す半角の疑問符 (?) や任意の文字列を表す半角のアスタリスク (*) を式 2 に指定できます。式が文字列として比較されるようにするには、式の前後を半角の二重引用符 (") で囲みます。式 2 でアスタリスクを使用する場合、式 1 のチェックは、式 2 のアスタリスクと同じ位置にある文字から半角 128 文字 (全角 64 文字) まで行われます。

差し込み印刷のメイン文書に次の例の IF フィールドが挿入されているとします。各データ レコードが結合されると、Compare フィールドは CustomerNumber および CustomerRating データ フィールドを検証します。少なくとも 1 つのデータ フィールドが低い信用度を示す場合 =(式) フィールドの OR 関数が値 "1" (True) を返し、引用符内の最初の文字列が印刷されます。

{ IF { = OR ( { COMPARE { MERGEFIELD CustomerNumber } >= 4 }, { COMPARE { MERGEFIELD CustomerRating } <= 9 } ) } = 1 "クレジットの承認不可" "クレジットの承認可"}

PostalCode データ フィールドの値が 98500 ~ 98599 の場合、次の Compare フィールドは値 "1" となります。

{ COMPARE " { MERGEFIELD PostalCode } " = "985*" }

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×