フィールド コード: Embed フィールド

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

EMBED フィールドは、OLE をサポートする他のアプリケーションで作成されたオブジェクトを挿入します。Microsoft Word では、 Microsoft Excel のワークシート オブジェクトなどのオブジェクトを挿入する場合に、次のいずれかの操作で Embed フィールドを挿入します。

  • [挿入] タブの [テキスト] で [オブジェクト] をクリックし、目的のオブジェクトを選択します。

  • [ホーム] タブの [クリップボード] グループで、[貼り付け] の下にある矢印をクリックして、[形式を選択して貼り付け] をクリックします。

Embed フィールドは [フィールド] ダイアログ ボックスに表示されず、フィールドに手動で挿入できません。ただし、既存の Embed フィールドのスイッチを直接変更することができます。

構文

文書内の Embed フィールド コードを表示すると、次のような構文が表示されます。

{ EMBED クラス名 [スイッチ] }

注: フィールド コードは、何を表示するかをフィールドに指示します。フィールドの実行結果は、フィールド コードの評価後に文書内に表示される内容です。フィールド コードとフィールド コードの実行結果の表示を切り替えるには、Alt キーを押しながら F9 キーを押します。

説明

クラス名

Microsoft Excel などのコンテナー アプリケーションの名前。この命令を変更することはできません。

スイッチ

\* MERGEFORMAT

前の実行結果のサイズ変更とトリミングの設定を、新しい結果に適用します。フィールドを更新する際に以前に適用したサイズ変更とトリミングを保持するには、フィールドからこのスイッチを削除しないでください。

使用例

次のフィールドには、ドキュメントに埋め込まれた Microsoft Graph オブジェクトが表示されます。

{ EMBED MSGraph.Chart.8 \* MERGEFORMAT }

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×