フィールド コード: IF フィールド

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

[フィールドの 2 つの値を比較したものし、比較の結果を適切なテキストが挿入されます。差し込み印刷のメイン文書で使用すると、かどうかフィールド結合されたデータのレコードで、郵便番号などの情報を確認したり、アカウントの数値。たとえば、特定の都市に住んでいるクライアントのみに文字を送信できます。

IF フィールドは文書内で使用したり、差し込み印刷の If-Then-Else ルールの一部として使用できます。

文書内で IF フィールドを使用するには、次の操作を行います。

  1. [挿入] タブの [テキスト] グループで [クイック パーツ] をクリックして、[フィールド] をクリックします。

  2. [フィールドの名前] ボックスの一覧の [IF] をクリックします。

  3. [フィールド コード] ボックスに、式、演算子、True の場合の文字列、および False の場合の文字列を、前に示した構文に従って入力します。

  4. [OK] をクリックします。

差し込み印刷で IF フィールドを使用するには、差し込み印刷を設定するときに、次の操作を行います。

  1. 差し込み文書] タブの [文章入力とフィールドの挿入]グループで、[ルール] をクリックし、場合.そうしたら。。。他します。

  2. [フィールド名] ボックスの一覧で、"市区町村" などの差し込みフィールドの名前をクリックします。

  3. [比較] ボックスの一覧で、目的の演算子を選択します。たとえば、特定の市区町村の受取人だけを選び出すには、[に等しい] をクリックします。

  4. [比較対象] ボックスに、使用する値を入力します。たとえば、東京在住の受取人だけを選び出すには、「東京」と入力します。

    注: [比較] ボックスの一覧の [空白である] または [空白でない] を選択した場合は、[比較対象] ボックスは空のままにします。

  5. [挿入する文字列] ボックスに、指定された条件が True である場合に文書に表示するテキストを入力します。たとえば、東京在住の受信者向けのテキストをカスタマイズする場合、「東京近郊限定」と入力できます。

  6. [それ以外の場合に挿入する文字列] ボックスに、指定された条件が True でない場合に文書に表示するテキストを入力します。たとえば、東京在住でない受信者向けのテキストを指定するには、「お住まいの地域限定」と入力できます。

構文

文書内の IF フィールド コードを表示すると、次のような構文が表示されます。

{ IF 式 1 演算子 式 2 True の場合の文字列 False の場合の文字列 }

注: フィールド コードは、何を表示するかをフィールドに指示します。フィールドの実行結果は、フィールド コードの評価後に文書内に表示される内容です。フィールド コードとフィールド コードの実行結果の表示を切り替えるには、Alt キーを押しながら F9 キーを押します。

説明

式 1、式 2

比較する値。これらの式には、差し込みフィールドのデータ、ブックマークの名前、文字列、数字、値を返すネストされたフィールド、または数式を指定できます。式にスペースが含まれる場合は、式を二重引用符で囲みます。

注: 

  • 式 2 が文字列として比較されるようにするには、式の前後を半角の二重引用符 (") で囲みます。

  • 比較演算子が = (等しい) または <> (等しくない) の場合は、任意の 1 文字を表す半角の疑問符 (?) や任意の文字列を表す半角のアスタリスク (*) を式 2 に指定できます。

  • 式 2 でアスタリスクを使用する場合、式 1 のチェックは、式 2 のアスタリスクと同じ位置にある文字から半角 128 文字 (全角 64 文字) まで行われます。

演算子

比較演算子 演算子の前後には、スペースを挿入します。

演算子

説明

=

等しい

<>

等しくない

>

より大きい

<

より小さい

>=

以上

<=

以下

True の場合の文字列、False の場合の文字列

比較の結果が True (TrueText) または False (FalseText) の場合に表示するテキスト。FalseText 指定されておらず、比較の結果が False の場合は、IF フィールドの実行結果はありません。複数の単語を含む各文字列は引用符で囲む必要があります。

使用例

次の例では、受注が 100 個以上の場合に、文書に「ありがとうございました」という文字列が表示されるよう指定します。受注が 100 個を下回る場合、「最低注文数は 100 個です」と文書に表示されます。

{ IF order&gt;=100 "ありがとうございました" "最低注文数は 100 個です" }

ページの先頭へ

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×