フィールド コード: IncludePicture フィールド

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

IncludePicture フィールドは、フィールド コードで指定された画像を挿入します。

IncludePicture フィールドを挿入するには、[挿入] タブをクリックし、[] をクリックします。次に、挿入するグラフィック ファイルをクリックし、[挿入] ボタンの横の矢印をクリックして [ファイルにリンク] をクリックします。

Microsoft Word の旧バージョンで使用されていた Import フィールドは、IncludePicture フィールドに置き換えられました。 Import フィールドを含む文書を開いた場合、Import フィールドは文書内にそのまま残り、正常に機能します。

セキュリティ メモ: フィールド コードは文書を読んでいるすべてのユーザーが表示できるため、フィールド コードを配置する情報は秘密にしておきたい情報ではないようにしてください。

書式

文書内の IncludePicture フィールド コードを表示すると、次のような構文が表示されます。

{ INCLUDEPICTURE "ファイル名" [スイッチ] }

注: フィールド コードは、何を表示するかをフィールドに指示します。 フィールドの実行結果は、フィールド コードの評価後に文書内に表示される内容です。 フィールド コードとフィールド コードの実行結果の表示を切り替えるには、Alt キーを押しながら F9 キーを押します。

説明

"ファイル名"

グラフィック ファイルの場所と名前。 場所には、長いファイル名にスペースが含まれている場合は、引用符で囲みます。 1 つの円をパスでは、たとえばをバック スラッシュを二重に置き換えます。

"C:\\Manual\\Art\\Art 22.gif"

スイッチ

\c コンバーター

使用するグラフィック フィルターを指定します。 .Flt ファイル名の拡張子はせずにグラフィック フィルターのファイル名を使うたとえば、Pictim32.flt フィルターのpictim32を入力します。

\d

グラフィック データを文書と共に保存しないことで、ファイル サイズを小さくします。

注: 

  • IncludePicture フィールドによって挿入されたグラフィックをダブルクリックすると、[図ツール書式] タブがリボンに表示されます。 Word の描画ツールを使用しないでグラフィックに変更を加えるには、そのグラフィックを作成する際に使用したアプリケーションでグラフィックを編集して、Word でフィールドを更新します。

  • Word でグラフィック ファイルの書式が認識されない場合は、[図の挿入] ダイアログ ボックスの [ファイルの種類] ボックス ([挿入] タブの [] をクリック) を確認します。 この一覧には、使用するシステムにインストールされているグラフィック フィルターが表示されます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×