フィールド コード: LastSavedBy フィールド

LastSavedBy フィールドは、文書を最後に修正して保存した作業者の名前を挿入します。挿入された名前は、[プロパティ] ダイアログ ボックスの [詳細情報] タブの情報から取得されます。[プロパティ] ダイアログ ボックスを表示するには、[ファイル] タブの [情報] をクリックし、[プロパティ] (右側のドキュメント プレビューにある) をクリックして、[詳細プロパティ] をクリックします。

構文

文書内の LastSavedBy フィールドを表示すると、次のような構文が表示されます。

{ LASTSAVEDBY }

注: フィールド コードはフィールドに表示する内容を指定します。フィールドの実行結果はフィールド コードを評価した後文書に表示されます。フィールド コードとフィールド コードの実行結果の表示を切り替えるには、Alt キーを押しながら F9 キーを押します。

使用例

文書を最後に保存した作業者の名前が内野義昭だとします。"更新者 { LASTSAVEDBY }" という文字列とフィールドにより、次の実行結果が表示されます。

"更新者 内野義昭"

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×