フィールド コード: Link フィールド

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Link フィールドは OLE を使用して他のアプリケーションの情報を Word 文書にリンクします。他のアプリケーションからコピーした情報を、[形式を選択して貼り付け] コマンド ([ホーム] タブ、[クリップボード] の [貼り付け] 矢印ボタン) を使用して Word に貼り付けた場合、このフィールドを挿入します。

セキュリティ メモ: フィールド コードは文書を読んでいるすべてのユーザーが表示できるため、フィールド コードを配置する情報は秘密にしておきたい情報ではないようにしてください。

書式

文書内のフィールド コードを表示すると、次のような構文が表示されます。

{ LINK クラス名 "ファイル名" [参照範囲 ] [スイッチ ] }

注: フィールド コードはフィールドに表示する内容を指定します。フィールドの実行結果はフィールド コードを評価した後文書に表示されます。フィールド コードとフィールド コードの実行結果の表示を切り替えるには、Alt キーを押しながら F9 キーを押します。

説明

クラス名

リンクされた情報のアプリケーションの種類。たとえば、Microsoft Excel グラフでは、クラス名は「Excel.Chart.8.」です。作成元アプリケーションのこの情報を指定します。

"ファイル名"

ソース ファイルの名前と保存場所。その場所にスペースを含む長いファイル名が付いている場合は、二重引用符 (") で囲みます。パスを指定するには、次のように円記号 1 個を円記号 2 個に置き換えます。

"C:\\MSOffice\\Excel\\Rfp\\Budget.xls"

参照範囲

リンクされているソース ファイルの部分を示します。ソース ファイルが Microsoft Excel ワークブックである場合、参照先はセル参照または名前付き範囲となります。ソース ファイルが Word 文書の場合、参照先はブックマークとなります。

スイッチ

\a

自動的に LINK フィールドを更新します。このスイッチを削除すると手動による更新を行います。

\b

リンクされたオブジェクトをビットマップとして挿入します。

\d

グラフィック データは文書内に格納されず、ファイル サイズが小さくなります。

\f

次のパラメーターのいずれかに従い、リンク オブジェクトは特定の方法で形式が更新されます。

指定内容

0

ソース ファイルの形式を維持する

1

サポートされません

2

貼り付け先の文書の書式と一致させる

3

サポートされません

4

ソース ファイルが Excel ブックの場合は元の書式を維持する

5

ソース ファイルが Excel ブックの場合は、貼り付け先の文書の書式と一致させる

\h

リンクされたオブジェクトを HTML 形式のテキストとして挿入します。

\p

リンク オブジェクトをピクチャとして挿入します。

\r

リッチ テキスト形式 (RTF) では、リンクされたオブジェクトを挿入します。

\t

リンクされたオブジェクトをテキスト形式で挿入します。

\u

リンクされたオブジェクトを Unicode 文字列として挿入します。

使用例

次の使用例では Microsoft Excel ワークシートのセルを挿入します。\a スイッチにより、Microsoft Excel ワークシートが変更されるたびに Word の情報が更新されます。

{ LINK Excel.Sheet.8 "C:\\My Documents\\Profits.xls" "Sheet1!R1C1:R4C4" \a \p }

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×