フィールド コード: SaveDate フィールド

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

SaveDate フィールドは、[プロパティ] ダイアログ ボックスの [詳細情報] タブの情報 ("更新済み") を使用して、文書が最後に保存された日付と時刻を挿入します。[プロパティ] ダイアログ ボックスを表示するには、[ファイル] タブの [情報] をクリックし、[プロパティ] (右側のドキュメント プレビューにある) をクリックして、[詳細プロパティ] をクリックします。

別の書式を選択しない限り、日付と時刻は、Microsoft Windows のコントロール パネルの地域設定の一部として指定した形式で表示されます。

構文

文書内の SaveDate フィールドを表示すると、次のような構文が表示されます。

{ SAVEDATE [\@ "日付/時刻表示形式"] [スイッチ]}

注:  フィールド コードにより、フィールドの表示する内容が指定されます。フィールドの実行結果は、フィールド コードの評価後に文書内に表示される内容です。フィールド コードとフィールド コードの実行結果の表示を切り替えるには、Alt キーを押しながら F9 キーを押します。

スイッチ

\@ "日付/時刻表示形式"

既定値以外の日付と時刻の形式を指定します。[フィールド] ダイアログ ボックス ([挿入] タブの [テキスト] で [クイック パーツ] をクリックし、[フィールド] をクリック) で形式を選択すると、対応する日付/時刻表示形式スイッチが挿入されます。

フィールド] ダイアログ ボックスが表示されない書式を使用するには、フィールド コード] をクリックし、[フィールド コード] ボックスに直接書式スイッチを入力します。

\h

イスラム暦または太陰暦を使用することを指定します。

\s

サカ暦を使用することを指定します。

使用例

次のような情報を印刷する"文書の最終更新: 96 6 年 13年 11 月日月曜日"、文書の各ページにヘッダーまたはフッターに次のような文字列とフィールドを挿入します。

文書の最終更新日時: { SAVEDATE \@ "yy/MM/dd H:mm AM/PM" }

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×